プロダクト PRODUCT

ヘルシンキ発MasSプラットフォーム「Whim」日本初上陸の行方はいかに!

HERO X 編集部

近年、自動車業界のみならずIT業界なども注目しているのが「MasS=Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)」。様々な交通サービスを情報インフラも含めて総合的に考える移動革命だ。今回紹介するのは『Whim(ウィム)』。フィンランドで開発され、ヘルシンキですでに実用化されているMasSプラットフォームが、いよいよ日本にも登場する。千葉県柏市のつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅周辺で、今年から実証実験が開始されるようだ。



バスも電車もアプリひとつで!
決済まで一括できる移動サービス

MasS(Mobility as a Service)とは、様々な交通サービスを「移動サービス」というひとつの概念としてとらえる考え方だ。電車、バス、タクシー、自転車レンタル、カーシェアサービスなどの移動手段を統合し、ビッグデータを活用して一括でサービスとして個人に提供する。

フィンランドでは官民が共同し、2017年から首都ヘルシンキでMasSが実用化されている。このヘルシンキで使われているMasSアプリ「Whim」が、2020年から、いよいよ日本で始動することになったというのだ。千葉県柏市の「柏の葉キャンパス」駅周辺でスマートシティ構想を進めていた三井不動産が、「Whim」を展開するMaaS Global社に出資。いよいよ実証実験を開始する。

同社HPには日本語で書かれたプロジェクト概要も掲載されはじめた。
画像元:https://whimapp.com/jp/package/coming-to-japan/

MaaSプラットフォーム「Whim」では、スマートフォン上のアプリに移動先を入力すると、目的地までの移動手段を一括で提示してくれる。ここまでは通常の経路提示アプリと同じだが、経路を決定すると、決済までスマホ上で出来てしまうのが大きな違いだ。移動先のタクシーなどではアプリ画面を提示するだけでよく、支払いのわずらわしさがない。

フィンランドでこの取り組みが進められた背景には、自国に自動車産業をもたないという点があるといわれている。市民は公共の交通機関を使うことも多く、また、高齢化社会でもあるため、バスやタクシーのニーズが高い。「Whim」には利用ごとに決済されるサービスのほか、月額の乗り放題サービス(サブスプリクション)も用意されていて、そちらを利用する市民も多いようだ。

フィンランドのMasS普及に寄与したのが、交通通信省や地方交通局などの官公庁も民間企業と提携したこと。この点が、日本での導入の障壁になっているといわれている。また、日本は地方都市が極端な「クルマ社会」で、「自家用車以外」を一括するMasSの概念の定着が難しい。ただ、前者はいずれ改善されていく流れにあり、後者に対しては自動運転車や自動運転バスの開発が進むことで、親和性が高まっていく可能性が高い。

いずれにしても、モビリティの将来は、今後さまざまに変革していきそうだ。MasSが提供する「移動革命」。まずは柏市での実証実験に注目していきたい。

【Mobility Watchers】前回記事はこちら

前回記事URL:http://hero-x.jp/movie/9467/

 

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

まるで浮遊しているような感覚!超ハイテクスニーカー「ITUKKC」登場

Yuka Shingai

近年、スポーツメーカーのみならず、ハイブランドからも続々登場しているハイテクスニーカーは一時的なトレンドを大きく超えて定番のファッションアイテムとなりつつある。今回紹介する「ITUKKC」は、HERO Xでもお馴染みのあるものの技術を用いた、最新の「超」ハイテクスニーカーだ。

半空洞状で、見るからに柔軟そうな「ITUKKC」のソール部分に使われているのは、なんと競技用義足の “ブレード” の技術を用いている。踏み込んだ加重エネルギーを効率よく地面を蹴る力に変換して前方への推進力とする高反発性と、エネルギー消費を低減してくれるブレードの特長をソール部分に採用することで、優れたグリップ力を実現している。この反発性、弾力性の高さは膝への衝撃を吸収してくれるため、地面を踏み込み、蹴り出す時に、まるで空中を浮遊しているような新感覚が味わえるという。

アッパー部分には通気性のよいメッシュ素材が使われており、24.5㎝サイズのもので約400グラムと非常に軽量であることも魅力のひとつ。その履き心地の良さから、ランニングから山登り、ハイキングなどスポーツシーンはもちろんのこと、スマートなデザインと豊富なカラーバリエーションでタウンユースにも期待ができそうだ。

また、支援を募ったクラウドファンディングサイトGREENFUNDINGでは、目標金額の7566%という驚異的な結果を収め、プロジェクトが終了した現在は生産中とのこと。来年1月中旬以降に支援者の手元に届く予定。パラリンピックイヤーの盛り上がりを加速する存在となりそうだ。

[TOP動画引用元:https://youtu.be/wbcTCE2PKDQ

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー