スポーツ SPORTS

異次元レベルの解放感!?レジェンド大日方邦子が語る、チェアスキーの魅力と未来 前編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

3月18日に閉幕したピョンチャンパラリンピックで、最も注目を浴びた競技のひとつ、チェアスキー。W杯個人総合2連覇を達成した世界王者・森井大輝選手(=トヨタ自動車)は、狙いを定めた金メダルには、惜しくも届かなかったが、滑降で銀メダルを獲得し、4大会連続のメダル獲得を達成。鈴木猛史選手(=KYB)がスーパー大複合で4位に入賞するなど、次々と嬉しいニュースが飛び込んできた。なかでも、日本勢初の金メダルを含む5個のメダルを獲得し、出場全種目で表彰台に立った女子大生チェアスキーヤー・村岡桃佳選手(=早大)の活躍は、目覚ましい。1大会で金・銀・銅メダルを完全制覇したのは、実に、1998年長野大会の大日方(おびなた)邦子さん以来のこと。この大快挙によって、チェアスキーというスポーツが、今まで以上に多くの人に知られたことは間違いない。チェアスキーの魅力とは? 今後のスポーツの発展は、いかに? 冬季パラリンピックにおける日本人初の金メダリストであり、チェアスキー競技で、冬季大会日本選手最多記録の合計10個のメダルを獲得したチェアスキーの第一人者・大日方さんに話を伺った。

「誰よりも速く、上手くなって、世界一を目指したい」
チェアスキーヤーの想いは、ただ、それだけなんです

―数ある冬季パラスポーツの中でも、今、チェアスキーにとりわけ熱い注目が集まっています。ここに至るまでには、大日方さんのこれまでのご功績やご活動が大きく貢献しているように思います。

チェアスキーの魅力が大きく伝わるひとつのきっかけになったのが、98年の長野パラリンピックですね。その後、大輝森井大輝選手狩野亮くん鈴木猛史くんと、話題をさらう選手が、時代を紡ぐかのように次々と出てきました。彼ら3人も、夏目くん夏目堅司選手)も、今の日本代表の男子選手って、どこか華がありますよね(笑)。それぞれが持っているストーリーも面白くて、個性豊かです。1年の中でも、場合によっては、家族よりも一緒に過ごしている時間が長かったりもするので、選手同士、お互いのことは大体分かっていますし、ファミリー感は強いですね。

現役時代の大日方邦子さん。2009 IPC障害者アルペンスキー世界選手権大会のスーパー大回転とスーパーコンビで銅メダルを獲得した。©電通パブリックリレーションズ

―大日方さんが現役選手だった頃と今の環境は、違いますか?

今と同じように、その時々で支えてくださる方がいましたし、決して、ひとりで戦っていたわけではないのですが、ことチェアスキーやパラリンピックの話になると、こちらの意図していることがなかなか伝わらなくて、苦心しましたね。「私たちは、チェアスキーヤーとして、世界一を目指したい。誰よりも速く、誰よりも上手くなりたい。ただそれだけなんです」と伝えると、「そうは言っても、障がい者スポーツだから、勝たなくても良いのでは?」という答えが返ってくることが多くて。「いやいや、そうではないんです」と説明するのですが、これもまた伝わりづらくて。ほんの数年前までは、そんなやりとりをすることがよくありました。

例えば、皇居を1周、ランニングするのに、ゆっくりと走りたい人もいれば、42.195kmを2時間半で走るために、必死でトレーニングしている人もいて、スピードの加減は、目的によってもさまざまですよね。でも、ゆっくり走ることにこそ、意義があるとは、誰も言わないでしょう? 障がい者スポーツだから、勝たなくても良いというのは、それと同じこと。スポーツを楽しむシチュエーションにおいて、障がいの有無は関係ないんです。

チェアスキーをスポーツとして観て欲しい。スポーツ選手として妥協なくやっていきたい。そのことを伝えるために、これまで講演会など、さまざまな場所でお話させていただく機会がありました。分かりやすくするために、たとえ話を交えたり、あれこれと趣向を凝らしながらやっていくうちに、少しずつではあるけれど、私たちの想いが伝わって、広がって、今がある。そんな感じだと思います。

チェアスキーの面白さは、
用具×テクニックの融合が織り成す“奥深さ”

―大日方さんにとって、チェアスキーの面白さとは何ですか?

たくさんあるのですが、ひとつは、用具と自分のテクニックが融合することによって、出来なかったことが、どんどん出来るようになることですね。「ここをちょっと変えてみたら、こんな反応が出た」とか、用具にこだわればこだわるほど、色んなことが、どんどん出来るようになります。「こんなパーツを作ってみたら、こんなことも出来るかも」と、考えを巡らせるのは大変楽しく、そして奥深い。だからこそ、終わりがないんです。

例えば、カービングターン(※1)という技術がありますが、私たちの場合、スキー板を変えるだけでは、出来るようにはなりません。体や用具の動かし方を工夫したりするうちに、より深い可動付けが出来るようになりますが、それだけでは、滑るスピードに持っていかれてしまいます。そこで、そうならないためには、どうすれば良いのかを自分で考える。すると、鍛えるべき筋肉の部位が分かってくるというように、色んな要素が連鎖している中で、トライ&エラーを繰り返しながら、出来ることがだんだんと増えていく。それによって、スピードも、もちろん上がりますし、より優れた技術を得られるようになるというプロセス。それが、単純じゃないところがまた面白いんですね。

※1 カービングターン=厚さ数ミリのスキー板のエッジを使い、極限まで、雪との摩擦を減らしてターンする技術

―自らマシンや用具に手を携えて改良する選手たちのこだわりは凄まじく、圧倒されます。

自分でやらないと、自分のやりたいことが出来るようにならないんですね。何か良いパーツないかなと思って、現役時代は、DIYショップなど、さまざまな材料屋さんによく足を運んでいました。大輝(森井大輝選手)がチェアスキーを始めたばかりの10代の頃から、連れ立って行くこともしばしばでした。パーツや素材を買ってみて、これ、ちょっと重いなとか、自分の感覚で確かめたりするのを多分、大輝はちゃんと見ていたんですね。「このパーツだったら、バイク屋の方が良いですよ」と薦めてくれて、一緒に出掛けることもありました。彼は、どんどん追い越してくれる存在ですね。今は、用具をいじることも、用具に対する知識も、はるかに彼の方が先を行っていると思います。

心を解き放つ、異次元レベルの迫力とスピードも魅力的

―森井大輝選手は、まさに、スーパーマンと呼ぶにふさわしい選手ですよね。

そうですね(笑)。非常に繊細な感覚を持っていますし、それを表現する能力も極めて高いです。特に、用具開発を行う時は、自分の感覚を他者に分かるように伝える、かつ具体的に用具のどの部分をどうしたいのかというところまで、伝える能力が求められますが、彼はすでにその力を持ち備えています。加えて、優れているのは、“人を巻き込む力”。アスリートが、ひとりでできることは限られています。だからこそ、「この選手に金メダルを獲らせてあげたい」、「応援したい」、「一緒にやりたい」とサプライヤーさんをはじめ、周りの人々を奮起させて、動かすことは、アスリートとして非常に重要な能力です。

用具を開発するエンジニアなど、技術側の人たちに対して、「ちゃんと、理解していますよ」とサインを出すことも大事ですね。言葉にするなど、きちんと表現することで、「なるほど、この選手は、ちゃんと分かっているな。感覚が鋭いな」とエンジニアたちは、受け取ります。例えば、スキーのチューンナップのサービスマンが、無言のメッセージを発信している時って、あるんですよね。果たして、チューンナップが良かったのか、どうか。滑ってみて、どんな風に感じたのか。内心、選手からそれを聞きたいわけです。そこを察して、「今日は、ここがこんな風だった」と伝えると、「じゃあ、もっとこうしてみたらどう?」と、提案をもらうことが出来るようになるなど、良き変化が生まれてきます。

―狩野亮選手のインタビューで、「直滑降のテストをした時のスピードが、時速126km」と伺った時、あまりの速さに驚愕しました。

迫力とスピードも、チェアスキーの面白さのひとつですね。自分で滑っていて、「おー! 別世界に行ってる!」と、テンションがマックスになる時があります(笑)。多分、スピードが時速80kmを超えたあたりでしょうか。視野がグーッと狭くなっていきます。先は見えるんですけど、視野がどんどん狭くなっていって、周りの景色は流れていく感じです。やっぱり、異次元ですよね。日常とは全く違うところに、もうひとつステージがあって、そこにいる時が、一番、心が解放されるというか。あの解放感は、私にとって、すごく魅力的です。

後編へつづく

大日方邦子(Kuniko Obinata)
1972年東京都生まれ。3歳の時、交通事故により右足を切断、左足にも重度の障がいを負う。高校2年の時にチェアスキーと運命的に出会い、スキーヤーとして歩み始める。冬季パラリンピック日本人初の金メダルを獲得した1998年長野大会を含め、リレハンメルからバンクーバーまで、アルペンスキー競技で5大会連続出場。合計10個のメダル(金2個、銀3個、銅5個)を獲得し、冬季大会日本選手最多記録を更新。2010年9月、日本代表チームからの引退を表明。以後、電通パブリックリレーションズの社員として、公職活動に従事しつつ、スポーツを取り巻く社会環境の改善に取り組むほか、「誰もが安心して生きられる社会」を目指し、多様性を許容できる社会の普及に資する活動にも取り組んでいる。日本パラリンピック委員会運営委員、日本パラリンピアンズ協会副会長、スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議委員、内閣府障害者政策委員会委員。女性のパラリンピアン、メダリストとしては夏冬通じて初となる選手団長に就任し、2018年ピョンチャン大会の日本選手団を率いる大役を務めた。

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 河村香奈子 ※森井大輝選手:増元幸司 狩野亮選手:A.Carloni/SportXall)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

あのオムロンが卓球ロボット!?その先に見つめる「人と機械の融和」とは

中村竜也 -R.G.C

オムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」を通じてオムロンが目指す「人と機械の融和」をわかりやすく体現するために、2013年の第1世代より開発を続けている卓球ロボットがある。その名も「フォルフェウス(FORPHEUS)」。卓球というスポーツを通して世の中に何を訴求し、そして何を残そうとしているのか。ロボティクス技術が導く人類の明るい未来に迫る。

中国で開催したプライベート展示会で


今回、オムロンが研究・開発を進める卓球ロボット・フォルフェウスの軌跡に迫るべくお話を伺ったのは、現在、開発チームのリーダーを務める八瀬哲志さん(以下八瀬さん)。2013年に第1世代の開発をスタートしたプロジェクトチームだが、その経緯はいかに。

「中国で行われたオムロンのクローズドな展示会に合わせ、オムロンの技術とコンセプトを訴求する何か面白い展示が出来ないかという話があったんです。『じゃあ、人と機械のインタラクションがあり、馴染みやすい卓球でやってみよう』というのがきっかけでした。ロボティクス、センシングの技術が組み合わさった、非常に面白い開発内容であったのと、人とフォルフェウスが直接ラリーをすることで、コミュニケーションを取りながらお互いに成長していくことが、オムロンが考える『人と機械の融和』の未来像を分かりやすく伝えることができるいい機会ということで、現在まで続いているプロジェクトなのです。今では、オムロンの技術コンセプトの象徴になっています」

ロボットだからこそ発生してしまう制限との戦い

当初は、オムロンが持つ既存の技術を使うというのがテーマだったという。しかし人が打った球を人が返すという一連の動きのなかで理想に近づけるためには、新たな技術の開発も必要になってきた。そこには、当然ながら想像以上の苦労も。

「純粋に卓球をするという動きのなかでは、人が簡単に行なっている行動が、ロボットにとってはとても難しいんです。例えば、ロボットに山なりの球を打たせるのって想像以上に大変でして。その理由のひとつが、人であれば山なりの球が来たら、直感的に下がって打つという動きをしますよね。でもロボットは動ける範囲が決まっているので、どうしてもそれが壁になってしまいタイミングがシビアになり打てない。あとは、単純に卓球というスポーツ自体が、工場で使われているロボットに比べ、より正確で速い動きが必要とされるので、そういった部分の作り込みはすごく難しく、年々改良を加えていっています」

人間ができる、反射神経を含めた直感的な動きの再現というのは確かに難しいところだ。しかし、第5世代ですでにここまで来ているのを目の当たりにすると、次世代以降にはさらなる期待しかない。ではその動きを教えるのにどの程度の時間を要するのか。

「今まで平打ちしか出来なかったロボットにドライブを打つことを学ばせるのに半年から10ヶ月くらいの開発期間がかかりました。今後は、教えるという形ではなく、ロボット自ら学ぶ機能が搭載されれば、この時間は格段に短縮されてくると思います。見た瞬間に出来るようになるのが理想です」

第5世代フォルフェウスの最大の進化とは


「今までのフォルフェウスから比べた第5世代での進化は、人への理解が深まっているところです。すなわち、人の意図や能力を理解し、それに合わせたフィードバックをしてくれるというのが、第1世代から第5世代を見た時の一番大きな進化です。AIのような頭脳に身体性が加われば、世の中のあらゆることに対し、今まではあり得なかった人の成長や、新しい価値を生み出していけると思っています。もちろんそれに伴い、卓球能力もどんどん上がっています」

将棋の藤井聡太七段や、囲碁の伊田篤史八段のような、素晴らしく強い若手の出現がいい例かもしれない。基本的に練習といえば、地元の道場で習っていただけが、プロレベルのAIと自宅で練習が出来るようになったことにより、今まで無かった戦術が生まれたり、彼らのような人たちが現れたわけだ。

「現状として卓球に限らず、何かスポーツを教えるときって、基本的にみんなに同じように教えますよね。でも成長の過程って、実は人それぞれ違う。つまり、その対象者に対する感情や個性、筋肉の付き方など、様々な情報を元に理解がもっと深まれば、その人に最適なコーチングができ、今までにあり得なかった成長速度を実現できる可能性があるのです。

そして次の第6世代では、モチベーションをどうやって上げるかなど、感情の部分に踏み込んで何かできたらなと考えています。相手の欲しているものや、心を動かすラリーをして、もっと卓球が楽しくなるようにできたらなと思っています。

それと、プロとラリーしても対応出来るくらいに、卓球能力ももっと上げていきたいです。ちなみに先日、ドイツで開催された展示会への出展時に、元プロ選手の卓球ジャーナリストとラリーをしたときの様子がこちらです」

「来年は新しい機構にも挑戦しようと思っているので、それが完成すれば、今は返せない隅の方も打てるようになり、スイングスピードもアップできるかなと。来年お披露目の目処で開発にあたってます」

5Gを始めとした通信の発展とともに、フォルフェウスが飛躍的に進化を遂げることは考えられるのだろうか。

「卓球の性能でいうとそこまで多くはないと思いますが、コミュニケーションの幅は飛躍的に広がると思います。今は、ロボットはロボットとして動いていますけど、VRゴーグルを装着しロボット視点でスイングした感覚が遠隔操縦者の手に伝われば、まさに自分がロボットを動かしている感覚になるので、プロのスマッシュを老人ホームにいるおばあさんが打ち返すとかが可能になってくる。そういったことで日々の活力にも繋がれば素晴らしいですよね。人間とフォルフェウスが楽しみながらインタラクションしていくことで、お互いが成長し、人類自体の限界を超えていくというひとつのシンボルになったらいいなと思っています」

技術の発展とともに、我々の生活圏にロボットがより深く関わってくる。これこそがオムロンが掲げる「人と機械の融和」なのだ。フォルフェウスが切り拓くであろう未来には希望しかないと、八瀬さんの話を伺い強く感じた。

オムロンオフィシャルホームページ
https://www.omron.co.jp/

(画像協力:オムロン株式会社)

(text: 中村竜也 -R.G.C)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー