障がいの有無に関わらず、サーフィンを楽しみたい! そんな思いで活動を開始したJASO日本障害者サーフィン協会は7月22日(日)午前10時から千葉県大原海水浴場で「サーフィン体験会」を開催する。

障害者サーフィン世界大会の採点基準を採用し5月に開催した初のイベント「アダプティブサーフィン エキシビジョンマッチ2018」では、7人が大会に参加、大盛況のうちに閉会を迎えた。大会に観客として参加した人や、メディアで活動を知った人々から「障がいを持っていてもサーフィンできると知っていたが、なかなかきっかけがなかった」など、多くのメッセージが寄せられた。そこで今回、アダプティブサーフィンの裾野を広げようと「体験会」を企画した。

関係者は、「開催場所の大原海水浴場は駐車場が広く、駐車場に隣接して身障者用トイレ、シャワーもあり便利。コンクリートで舗装された場所から波打ち際までの距離も近く、身体障がい者が海を楽しむのにとても良い場所です」とコメント。当日は海用車いすのビーチスターも配備の予定。ウエットスーツやボードなどは主催者側で用意してくれる。参加費用は8000円。夏の海、あなたも満喫してみては?

場所:千葉県大原海水浴場 〒298-0003 千葉県いすみ市深堀
定員:10名
参加費:8000円(ウエットスーツ、ボード等レンタル料込)
問い合わせ先:同協会 和田:info@jaso-surf.org