世界で一番、ボーダレスなメディアへ。

義手や義足、車いすなどの福祉機器の進化に伴い、今、障がい者スポーツの世界も大きく変わり始めています。2020 年の東京では、従来の五輪・パラリンピックだけでなく、最先端のロボット工学などによって能力を拡張された障がい者アスリートのための国際大会「サイバスロン」の開催も噂されています。義足のランナーが 100m 走の世界記録保持者になる日も、そう遠い未来ではないでしょう。

「HERO X」では、身体の欠損を補うものから、能力を拡張するものへと変わりつつあるプロダクトの進化と、それらが可能にする人間の限界への挑戦を、障がい者・健常者という枠を超えてボーダレスに追っていくスポーツメディアです。

2025年には日本の人口の30%以上が高齢者になると予測されている今だからこそ。福祉・プロダクト・スポーツという3 つの柱を軸に、身体の限界に縛られることのない人間の可能性を示唆していきます。