福祉 WELFARE

車椅子DJ!?アート&テクノロジーの力で、福祉用具に革命を

岸 由利子 | Yuriko Kishi

前に、後ろに。車輪を回転させると、再生&逆再生。さらには、早回しやスクラッチまで可能な「車椅子DJ」は、回転数を検出するセンサーを車輪に取り付け、その回転スピードを音楽再生スピードに変換できるデバイスを通じて、ターンテーブルを巧みに操るDJのごとく、音楽をプレイできるまったく新しいタイプの車いす。

開発の舵を取るのは、立命館大学映像学部/大学院映像研究科の望月茂徳 准教授。手紙を入れるたび、“やぎさんゆうびん”など、思わず口ずさんでしまうメロディを奏でる「懐メロ郵便箱」や、生後10ヶ月の赤ちゃんの背中に安全なセンサーを付け、天井から記録したハイハイの動きをもとにアートを創る「ハイハイアート」など、コンピューターやセンサ-を使って、何かを触ると何かが起きる仕掛けが醍醐味、“インタラクティブアート”の研究に尽力されています。

車椅子DJは、当初、立命館大学映像学部望月研究室が、車いすダンサーからの要望に応えて開発したもので、「劇団ティクバ+循環プロジェクト」「SLOW MOVEMENT(スロームーブメント)」のパフォーマンスで使用されてきました。これらのコラボレーションがきっかけとなり、2015年で2回目を迎えた“超福祉展”こと、「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」で、オリジナル・バージョンが発表され、試乗には長蛇の列ができました。
「テクノロジーやアートを活用することで、車いすに乗ることを楽しみ、車いすを普段から利用する人もそうでない人も、車いすがある社会について考えることを目的としています」と話す望月准教授。車いす利用者からは、「自分が楽しいだけでなく、車いすのイメージを変えることができる」「車いすに乗るのが楽しい」という声があがったそうで、意とした主旨がみごとに届いたようです。

マイノリティとされてきた障がい者や福祉に対する意識のバリアを取り除くこと-超福祉展のコンセプトにも、すべからくマッチしているし、車いすと共に動く、歩くたびに、自分だけの音を奏でることができるなんて、まさに文明の利器。プレイする本人も、聞く人もその音を楽しめるとしたら、歩行を補う福祉用具の域を越えて、五感を駆使したアーティステック・パフォーマンスになり得るはず。

「インタラクティブアートには、日常生活を不思議に面白くする力がある」と、望月准教授は言います。車椅子DJのように、これまでとはまったく違った視点からのアプローチが、障がい者、高齢者介護をはじめ、時として、深刻視ばかりされがちな社会的課題に、明るい光を照らしてくれるーそれは確かなことなのです。

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

福祉 WELFARE

これは “電動車いす”ではなく、ひとつの“モビリティ”。あの「WHILL」に、NEWバージョンが登場!

「徒歩?車?じゃあ私はウィルで」と、電動車いすユーザーや高齢者も気軽に出かけられる新たな選択肢の登場です。 WHILL株式会社が開発し、この4月から予約販売を始めた『WHILL Model C(ウィル モデル シー)』は、2015年にグッドデザイン大賞を受賞した販売中のフラッグシップモデル「WHILL Model A」のデザインや走行性能を継承する最新モデル。

なにが進化? まず注目は、分解できる新ボディです。「WHILL Model A」から約55%軽くし、工具不要で3つにコンパクトに。玄関でや車載が省スペースゆえ、外出や旅行もラク~に。

また、横幅55cmとスリムで、前輪は独自開発のオムニホイール(全方位タイヤ)。エレベーター内や通路の方向転換がスムーズです。しかも高出力モーターで最大5cmの段差を乗り越え、高速から超低速までなめらか。急な坂道の危険走行には「ご注意ください」と音声で知らせ、傾く道ではまっすぐ走りやすく制御します。

さらにうれしいのは、取り外せる専用バッテリー(約2.8kg)。どこでも充電でき、5時間充電で約16km走行。また待望のショッピングバスケット(20Lのかご)を標準装備。遠出が楽しくなります。

街ではスマートに、離れた場所からワイヤレスキーでピッと簡単ロック。専用アプリをスマートフォン等にダウンロードすれば、速度設定できたりリモコン操作で移動も(iOSに加え、2017年秋以降Androidに対応)。また、電動車いすとして日本初の 3G通信モジュールを搭載し、遠隔でファームウェアアップデート。最新性能が常に反映されます。


電源ON/OFFやスピード調整は「WHILL Model A」と同様、手元コントローラーに軽く添える指先で。アームの跳ね上げで乗り降り簡単。フットスペースに立っても転倒しません。

ホワイト、グレイ、ブラック、ブルー、ピンク、ゴールドの全6色。普及価格の実現も魅力です。

オプションアクセサリーに骨盤ベルト、杖ホルダーのほか、新たにアウトドアブランド「モンベル」が開発したレインウェアも販売予定。また、機体情報を遠隔で確認できたりロードサービスや保険がセットになったサポートサービス「WHILL Smart Care」プランもあり。

『WHILL Model C』
本体価格450,000円(非課税)。WHILL株式会社 ホームページ(https://whill.jp/)または電話窓口(0120-062-416 / 050-3085-9840)にて予約販売。6月より出荷開始。介護保険によるレンタルは6月以降、各福祉用具貸与事業者を通じて順次予定。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー