福祉 WELFARE

介護施設の深夜巡回を自動化。見守りロボット「アイミーマ」とは

HERO X 編集部

人手不足が深刻化する医療や介護の現場に朗報! 電子機器の製造などを手掛ける中小企業8社で構成された「新世代ロボット研究会」は、主に夜間の見守りを得意とする介護見守りロボット「アイミーマ」を発表した。遠隔操作で自律走行し、搭載された赤外線カメラと画像認識システムにより、夜間など暗いところでも人が倒れているなどの異常を検知、施設職員に知らせることが可能だという。

開発を手掛けた「新世代ロボット研究会」は、それぞれの強みを生かし、新しいロボットの開発をしようと集まった中小企業8社で構成された研究会。主に愛知県内の機械系の企業が集結し、研究を重ねている。同研究会が中心となり介護分野を助けるロボットとして開発したのが「アイミーマ」。誰でも簡単に使えて壊れにくい 、“メンテナンスフリーの介護見守りロボット”を目指して研究・開発されたロボットだ。

映像・音声・照度・温度・湿度センサーに加え、夜間充電不要の大容量バッテリーも備わっており、異常を検知した際には、施設職員のパソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末に映像が転送されるというシステム。職員は映像を見ながらロボットに内蔵されたマイクとスピーカーを通じて、入居者と遠隔地から会話をすることもできる。現場職員にとって肉体的にも精神的にもとくに負担の大きかった夜間における施設内の巡回が楽になるだけでなく、ロボットが担うことで巡回頻度を増やすこともできるため、見守り体制を強化することにもつながるという。

常設のカメラの場合、24時間監視されているような感覚を覚える人もいるのだが、巡回ロボットの場合、それぞれの生活が見られるのはロボットが近づいて来た時にだけで済むため、プライバシーにも十分に配慮することが可能となる。また、あえて人型ロボットにしないことで入居者に威圧感を与えることなく見守りを行うことを実現した。事前に指示された走行経路に沿って定期的に施設内を巡回するが、万が一、道を間違えても天井に表示されたマークを認識して自分の現在地を把握し、既定のルートにロボット自身が自動で戻っていく機能も備わっている。

「アイミーマ」のようなロボットが仕事の一部を担うことで、職員の負担は軽減される。こうした施設内巡回見守りロボットは、医療機関や介護施設の入居者、また、そんな人たちを支える家族にとっても、安心・安全とサービスの向上に繋がる。最近リリースの相次ぐ介護分野のお助けロボット。人間とロボットの協業のモデルケースとしても、今後は注目を集めるだろう。

[TOP動画引用元]https://youtu.be/icuf03PxF-k

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

福祉 WELFARE

これは “電動車いす”ではなく、ひとつの“モビリティ”。あの「WHILL」に、NEWバージョンが登場!

「徒歩?車?じゃあ私はウィルで」と、電動車いすユーザーや高齢者も気軽に出かけられる新たな選択肢の登場です。 WHILL株式会社が開発し、この4月から予約販売を始めた『WHILL Model C(ウィル モデル シー)』は、2015年にグッドデザイン大賞を受賞した販売中のフラッグシップモデル「WHILL Model A」のデザインや走行性能を継承する最新モデル。

なにが進化? まず注目は、分解できる新ボディです。「WHILL Model A」から約55%軽くし、工具不要で3つにコンパクトに。玄関でや車載が省スペースゆえ、外出や旅行もラク~に。

また、横幅55cmとスリムで、前輪は独自開発のオムニホイール(全方位タイヤ)。エレベーター内や通路の方向転換がスムーズです。しかも高出力モーターで最大5cmの段差を乗り越え、高速から超低速までなめらか。急な坂道の危険走行には「ご注意ください」と音声で知らせ、傾く道ではまっすぐ走りやすく制御します。

さらにうれしいのは、取り外せる専用バッテリー(約2.8kg)。どこでも充電でき、5時間充電で約16km走行。また待望のショッピングバスケット(20Lのかご)を標準装備。遠出が楽しくなります。

街ではスマートに、離れた場所からワイヤレスキーでピッと簡単ロック。専用アプリをスマートフォン等にダウンロードすれば、速度設定できたりリモコン操作で移動も(iOSに加え、2017年秋以降Androidに対応)。また、電動車いすとして日本初の 3G通信モジュールを搭載し、遠隔でファームウェアアップデート。最新性能が常に反映されます。


電源ON/OFFやスピード調整は「WHILL Model A」と同様、手元コントローラーに軽く添える指先で。アームの跳ね上げで乗り降り簡単。フットスペースに立っても転倒しません。

ホワイト、グレイ、ブラック、ブルー、ピンク、ゴールドの全6色。普及価格の実現も魅力です。

オプションアクセサリーに骨盤ベルト、杖ホルダーのほか、新たにアウトドアブランド「モンベル」が開発したレインウェアも販売予定。また、機体情報を遠隔で確認できたりロードサービスや保険がセットになったサポートサービス「WHILL Smart Care」プランもあり。

『WHILL Model C』
本体価格450,000円(非課税)。WHILL株式会社 ホームページ(https://whill.jp/)または電話窓口(0120-062-416 / 050-3085-9840)にて予約販売。6月より出荷開始。介護保険によるレンタルは6月以降、各福祉用具貸与事業者を通じて順次予定。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー