コラボ COLLABORATION

HEROQUEST ワクワクする聴く冒険プログラム#48,#49 教育編

HERO X 編集部

ワクワクする未来の社会を創造する聴く冒険プログラムをお届けする。ZIP FM オフィシャルPodcast番組「HEROQUEST」。この番組では、「社会の課題」を解決し、「未来の社会」のインフラを整える開発者やエンジニア、起業家たちを「HERO」として迎え、いま、起きている「進化」の最前線を紹介する。

今回のテーマは「教育」。ゲストは、一般社団法人飛驒高山大学設立基金 代表理事の井上博成さん。井上さんらは飛騨エリア初の四年制私立大学「Co-Innovation University(仮称)」(CoIU)の開設を2026年に目指している。宮大工や木材・林業関連の家系で、大学は京都大学に進んだ井上さんが「飛騨エリアに大学を作りたい」という思いを持ち、実際に行動に移した背景やきっかけは何だったのか。「ともに未来をつくる」という思いを込めて名付けられた大学名や、設置する予定の「共創学部」についても語る。

学生と地域や企業がつながりながら、ともに地域課題の解決や新しい価値を生み出す、新しい時代の大学。新たな形のインターンシップ「ボンディングシップ」とはどんなものなのか。CoIUの学びや構想についてたっぷりと話す。後半の放送では、井上さん自身のルーツやキャリアに迫る。

<ゲストプロフィール>
一般社団法人 飛驒高山大学設立基金 代表理事・井上博成
1989年生まれ、岐阜県高山市出身。東日本大震災をきっかけに地域の新しい価値を感じ、出身地である高山市と京都大学との間で2014年~自然エネルギーに関する研究開始をきっかけに高山市へ戻るようになる。京都大学大学院経済学研究科博士課程研究指導認定退学。主な研究領域としては自然資本と地域金融。自然エネルギーを研究、実践する中で、小水力では、飛騨高山小水力発電㈱を設立(2015年)し、そののちも各地に法人を設立しながら全国各地で小水力発電の事業化を行う。木質バイオマスを研究する中でエネルギー利用のみならず、木材そのものの利用に高い関心を持ち、飛騨五木㈱(2015年)の立ち上げや、金融視点から東海地方で当時唯一の管理型信託会社である、すみれ地域信託㈱(2016年)の設立など理論と実践とを日々往復している。

「HEROQUEST」はポッドキャストで無料配信中
------------------------------------------
PODCASTプログラム #HEROQUEST はニッポン放送PODCAST STATIONで無料配信中

未来の社会をデザインするHEROを迎える【聴く冒険プログラム】。
今回はHEROQUEST外伝!EDUCATIONQUEST!
教育の未来を冒険します!

お迎えする HEROは、岐阜県飛騨市で新しい大学を創るために奮闘されている一般社団法人飛驒高山大学設立基金 代表理事:井上博成さん。
井上さんが創立を目指す大学Co-Innovation University(仮称)の学びの形に迫ります。

【今回の冒険の目次】
●岐阜に大学?!そのきっかけとは?
●実践を科学する?!新しい時代の教育のアプローチ「ボンディングシップ」
●地域に新しい大学が創られることは地域課題の解決の近道?
●井上家の家業は「宮大工」!
●大学の先にある「新しい文明開化」

人生100年時代、学びの先にある豊かな暮らしを知りCo-Innovation Universityが描く未来を一緒に冒険しましょう♪

https://podcast.1242.com/show/zip-fm-original-podcast-%e3%80%8eheroquest%e3%80%8f/

-------------------------------------------

次回のゲストは、ロボット開発を手掛ける千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター(fuRo)代表の古田貴之さん。順次放送を開始する。

(トップ画像引用元:https://coiu.jp/special-contents/togt_fhblp

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

HEROQUEST ワクワクする聴く冒険プログラム#34, #35

HERO X 編集部

ワクワクする未来の社会を創造する聴く冒険プログラムをお届けする。ZIP FM オフィシャルPodcast番組「HEROQUEST」。この番組では、「社会の課題」を解決し、「未来の社会」のインフラを整える開発者やエンジニア、起業家たちを「HERO」として迎え、いま、起きている「進化」の最前線を紹介する。

今回のテーマは「スキルを磨く」。ゲストは「ちょまど」こと千代田まどかさん。文系の学生時代からITエンジニアの道へと進み、現在マイクロソフト社の社員として勤務しながら、漫画家としても活動している。自身のことを「オタクで、自分の興味があることを突き詰める性格」と話す千代田さん。英文科で学んでいた大学時代に自分のウェブサイトを作りたいと思い挑戦、自分で作るうちにどんどんプログラミングにハマっていった。
パソコンの電源の入れ方すら分からない初心者の状態から独学で基礎を学び、スキルを身につけていった千代田さん。Twitterでバズった「野太い声になるアプリ」や、「牛丼判別システム」を作った理由とは? 千代田さんのキャリアや経験から、これから進路を考える子どもたちや学生たちに向けて、未来の「ITエンジニア」を育むためのヒントを考える。

<ゲストプロフィール>
千代田まどか(ちょまど)
ITエンジニア兼漫画家。2014年に大学の英文学科を卒業後、システムエンジニアとして新卒入社するがプログラミングがやりたくて3ヶ月で転職。ITエンジニアとして働きながら、漫画家としての活動や雑誌やウェブの連載も行う。2016年、マイクロソフト社に転職。インターナショナルチームに所属しながら、メディア出演やさまざまな講演活動も行うなど精力的に活動。iU (情報経営イノベーション専門職大学) 客員教授。Twitterフォロワー数約9万人。著書に『マンガでわかる外国人との働き方』 (共著)がある。

「HEROQUEST」はポッドキャストで無料配信中
------------------------------------------
PODCASTプログラム #HEROQUEST はニッポン放送PODCAST STATIONで無料配信中

未来の社会をデザインするHEROを迎える【聴く冒険プログラム】。
今回のHEROは ITエンジニア”ちょまど”さん、こと、千代田まどかさん!

文系ど真ん中の学生時代からITエンジニアへと進んだ ちょまどさん。
PCの電源すら入れられなかった時代もあったそうですが、文系理系のボーダーをどう乗り越え、ITエンジニアへとなったのか?!

●野太い声に憧れて開発したアプリの意外な使われ方
●牛丼を判別するシステムとは?
●現在、どんなお仕事をしているの?

まで、ちょまどさんのキャリアを例に憧れの職業に近づく「プロセス」のヒントを探ります。

https://podcast.1242.com/show/zip-fm-original-podcast-%e3%80%8eheroquest%e3%80%8f/
-------------------------------------------

次回のゲストは、株式会社セイタロウデザイン代表でアートディレクター 、デザイナーとして国内外で活躍する山崎晴太郎さん。順次放送を開始する。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー