スポーツ SPORTS

シルクドソレイユが認めた、下半身麻痺のクレイジーダンサー

中村竜也 -R.G.C

自分にこれは出来ない。私の性格には向かないからやめようといった具合に、様々なシチュエーションや環境の中で、多くの人々が夢を過去に置いてきたことだと思います。しかし、今回ご紹介する松葉杖ダンサー・Dergin Tokmakは、自らの夢を実現するために、けして諦めることなく努力を重ね、結果に結びつけた素晴らしい人物なのです。

圧倒的な思いが導く成功への道

1973年、ドイツのアウスブルグで生まれたDergin Tokmak。1歳の頃に発症した急性灰白髄炎により、下半身に障がいを抱えたまま幼少期を過ごしてきました。そして、12歳の頃にブレイクダンスと出会い彼の人生は一変。下半身が動かなくても、踊りたいという彼の中に生まれた気持ちを大切にし、松葉杖を利用したダンススタイルにたどり着いたのです。たとえ下半身が動かなくても、ブレイクダンスという武器を身につけた彼は、仲間たちと切磋琢磨を繰り返し自らの技を磨き続けることで、そのハンディキャップを自信へと変えていったのです。

そして2004年31歳の時、人生を変える出来事が訪れたのです。ひたむきに続けてきた彼の活躍が認められ、芸術性の高さだけではなく、その人並み外れた身体能力と技術を持った者だけが入団を許される世界的エンタテイメント集団・シルクドソレイユのパフォーマーとしてのオファーを勝ち取ったのです。しかしそれは、成功への道であると同時に、今まで以上の努力が必要な世界。プロフェッショナルでいるために数々の苦難と向き合っていかなくてはいけないのです。名声を得るということの裏には、これまでにないプレッシャーが必ず存在するはずです。その孤独で長い闘いは、きっと我々の想像を絶することだと思います。

現在43歳になった彼は、その年齢によりもしかしたら体力の衰えを感じているかもしれません。しかし、これまでも数々の壁を乗り越えてきた彼なら「リミットを作るのも自分、リミットをなくすのも自分」と言い放つことでしょう。下半身に抱えた障がいをものともせず、ポジティブな発想と夢を叶えるために諦めない強い気持を持つ人間だけに、一流という称号が与えられるのです。

webside : www.stixsteps.de
Facebook : https://www.facebook.com/DerginTokmak.stix/
Instagram : Stixsteps
Youtube channel : Stixsteps

(text: 中村竜也 -R.G.C)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

あの鈴木啓太が浦和レッズと再契約!?アスリートを支える取り組みを始動

HERO X 編集部

元日本代表でJリーグ浦和レッズのOB、鈴木啓太氏が浦和レッズとパートナー契約? そんな話題が飛び込んできた。鈴木氏が代表を務めるAuB株式会社が、21年シーズンからの3年間、18歳以下の選手を育てる浦和アカデミーを支えるため、パートナー契約を結んだ。AuBはアスリートの腸内環境の研究を行う会社で、一般向けには個々の体質に合わせて腸内環境を整えるサプリメントの通信販売を行っている。そんな鈴木代表と、元日本代表の中村憲剛さんの対談がABEMAビデオ ONE LIVE #22 特別編「HEROsたちの哲学」にて配信中だ(3月21日まで無料視聴可能)。

配信URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/BDdUt96ygyH8mm

鈴木啓太氏がAuBに
かける思いとは

鈴木氏のAuB設立の経緯から、研究、開発にまつわる話しなどはHERO Xでも取り上げている。

前編▶http://hero-x.jp/article/9100/
後編▶http://hero-x.jp/movie/9109/

プレーヤーとして第一線から退いたのちもなお、スポーツのために貢献したいという熱い思いを語ってくれた。アスリートファーストの機運の高まるスポーツ界。鈴木氏の取り組みに注目していきたい。

関連記事を読む

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー