スポーツ SPORTS

悲願の復活なるか!?「氷上の格闘技」で目指す世界の大舞台【須藤悟:2018年冬季パラリンピック注目選手】

岸 由利子 | Yuriko Kishi

“スレッジ”と呼ばれるスケートの刃が2枚付いた専用のソリに乗り、2本の短いスティックで操作しながら、スピード感あふれる体当たりでパックを奪い合う「パラアイスホッケー」。見る者の心を激しく揺さぶり、一瞬たりとも目が離せない、“氷上の格闘技”とも呼ばれるスリリングなパラ競技です。今回は、パラアイスホッケー日本代表チームのキャプテンを務める須藤悟選手に、ピョンチャンパラリンピック出場への最終予選に向けた意気込みや、今後の展望について伺いました。

足を伸ばした状態でプレー?それなら、僕にもできるかもしれない

須藤悟選手とパラアイスホッケーの出会いは、日本代表が初出場を果たした長野パラリンピックの前年、1997年のこと。「北海道にひとつだけあるパラアイスホッケーのクラブチームに、長野パラリンピック出場を目指している選手がいるーそんな新聞記事をたまたま見つけました。それまでの僕は、パラリンピックの存在も知らなかったし、パラアイスホッケーの存在を知ったのもこの時が初めてでした」

子供の頃から、体を動かすことは大好き。高校時代は、軟式野球に明け暮れる野球少年だった須藤選手。

「20歳の時に怪我をして両下肢を切断した後、数年が経ち、その生活にも慣れてきた頃、スポーツをやりたい気持ちが芽生えました。でも、できるものがなかったんですね。車いすマラソンや車いすバスケットボールなど、車いすを使う競技の場合、僕は足を曲げられないので、うまく座れない。断念していたところ、新聞記事に載っていた選手が、足を伸ばした状態でスレッジに乗っているのを見て、これなら僕にもできるかもしれないと思いました」

須藤選手が生まれ育ったのは、アイスホッケーとスケートがさかんな町、北海道苫小牧市。幼少の頃からスケートに親しんできたし、アイスホッケーの観戦にもよく出掛けていたから、ルールもすでに知っていた。部分的な変更はあっても、パラアイスホッケーのルールとほとんど同じ。両者の違いを挙げるとしたら、スケート靴を履く代わりにスレッジに乗ること、パックを操作するためのスティックが1本から2本に増えること。少し形は違うけれど、子供の頃に憧れたアイスホッケーに挑戦してみたい。ひとつの偶然が必然となり、須藤選手の心に火を付けたのです。

ピョンチャン最終予選への出場権利を獲得。「今が瀬戸際。みんな必死です」

日本代表監督を歴任した経験を持ち、苫小牧を中心に活躍するチーム「北海道ベアーズ」の大村博監督に直談判し、晴れてチームメンバーになった須藤選手。ソルトレークパラリンピックでDF(ディフェンス)として日本代表に選出されて以来、トリノ、バンクーバーと順調に出場を果たしてきましたが、チームにとって、風向きが大きく変わったのは、2014年ソチパラリンピックの時でした。

「パラアイスホッケーの世界選手権では、“Aプール”と“Bプール”といって、サッカーでいうところのJ1とJ2のグループに分けられます。パラリンピックの出場権利を与えられるのは、Aプールの上位国。バンクーバー大会までは、ずっとAプールに入っていたので、自動的と言うと語弊があるかもしれませんが、連続出場を果たしました。それが、ソチ大会の時に一度Bプールに落ちてしまって。今、そこから這い上がって、ピョンチャンパラリンピックの最終予選の権利を受けるところまでやっとたどり着けたところです」

サッカーと同じように、パラアイスホッケーも、AプールとBプールの入れ替え戦があります。昨年の秋に北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで開かれた世界選手権Bプールでは、決勝でチェコに次ぐ2位でしたが、チェコと共に、日本は2018-2019の世界選手権Aプールへの昇格を決めました。ただ、Aプールに昇格したことは、ピョンチャンパラリンピックへの出場権が与えられることと同義ではないと言います。

「今年5月に行われた世界選手権Aプールで、上位5カ国はピョンチャンの出場権利を得ました。今秋ごろに開催される最終予選で、残り3つの枠を僕たち日本を含めて5カ国で争わなくてはなりません。今が瀬戸際ですね。皆がみな、必死です」

チーム強化&アイススレッジホッケー普及のために選んだ手段とは?

パラアイスホッケーは、北欧や北米のようにアイスホッケーのさかんな国では、メジャースポーツとして親しまれ、パラリンピック団体競技としても世界的に高い人気を誇ります。一方、日本では、ごく限られた地域で、わずか30人ほどの選手が活動している状態。日本代表チームが久しく抱える課題のひとつに、海外遠征や海外チームを日本に迎えての国際試合をするための活動資金の問題があります。

「周知の通り、国内でのパラアイスホッケーは、残念ながら、メジャースポーツとは言えません。スポンサー様がいることはいるのですが、決して多くはなく、正直言って、金銭的にかなり厳しい状況なんですね。例えば、イタリアで国際試合を行う場合、ヨーロッパ近隣のチームは陸続きなので、ほとんどが皆、車で容易に移動できます。ところが、日本で試合を行う場合、当然ながら、彼らは飛行機に乗らなれば移動できない。わざわざ遠い島国まで時間とお金をかけて移動し、試合をする必要性はありません。

逆に、彼らを日本に招致しようとした場合、選手全員分とスタッフの渡航費が、チームの数だけかかってきます。それらをまかなえる余裕はなく、近年は、なんとか資金を捻出して、僕たちが海外に出向いて試合を行う状況がずっと続いていました」

振り返れば、ソチパラリンピックの出場権を獲得できなかった一因は、費用の問題から、十分な国際試合と海外遠征ができず、実戦経験を積めなかったことにある。なんとかこの状況を打破しようと、2015年に「Ready For」でクラウドファンディングを立ち上げ、日本で大会を行うために、海外チームの渡航費を調達することに成功。

「経験値が上がるという意味では、海外のトーナメントに参加して試合を行うことも有用ですが、日本で試合を行えば、チームの強化に繋がると共に、パラアイスホッケーという競技をより多くの方に知っていただく機会にもなると考えた末、クラウドファンディングという手段を選びました。やっただけの価値は十分にありました」と須藤選手。イタリア、チェコ、韓国の3つの代表チームを日本に迎え、試合を行うことができたのです。


チーム最大の強みは、“あうんの呼吸”
最終予選突破できたら、ひとつでも多く勝って、上位を目指したい

他にも、選手の高齢化や練習場所の確保など、課題はさまざまにありますが、須藤選手は日本代表チームの強みについてこう語ります。

「選手の入れ替わりがほとんどないので、長い付き合いの人たちが多いんですね。世代交代が進まないと、チームが活性化しないのでは?という意見もありますが、“あうんの呼吸”じゃないですけれど、良くも悪くも、お互いに何を考えているかが、感覚的に分かるということは、プレーにも関わってくるところですし、僕は、チーム最大の強みだと思っています。今日は緊張しているなとか、いつもと何か違う様子に気づいたら、必ず声を掛けて、コミュニケーションを取るようにしています」

「最終予選突破という一番手前の目標に向かって、チーム一同力を合わせて頑張っています。その先のことはまだ考えていませんが、今回もし出場できたら、ひとつでも多く勝って、上位を目指していきたいと思います」

ピョンチャン出場の最終予選に向けて、強化合宿を行い、練習を積む多忙な日々の中、須藤選手がパラアイスホッケーにかける実直でひたむきな情熱を、垣間見た1時間でした。パラリンピックに3大会連続出場、バンクーバーで銀メダルを獲得した日本代表チーム、ピョンチャンで復活なるか!?熱い声援を送りつつ、須藤選手の今後の動向にも注目していきます。

須藤 悟(Satoru SUDO)
1970年北海道苫小牧市生まれ。1997年、北海道内で唯一のアイススレッジホッケー・チーム(現:パラアイスホッケー・チーム)「北海道ベアーズ」に加入し、パラアイスホッケーを始める。2002年、DF(ディフェンス)としてソルトレークパラリンピックの日本代表に選出されたのち、トリノパラリンピックへの出場を果たし、続くバンクーバーパラリンピックでは、銀メダルを獲得。現在、日本代表チームのキャプテンとして、ピョンチャンパラリンピックへの出場を目標に、日々練習に取り組んでいる。

写真提供協力:一般社団法人日本パラアイスホッケー協会(JPIHA)

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

世界最高のパラリンピアンに密着!「WHO I AM」に奔走する熱きプロデューサー

朝倉 奈緒

WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)が共同で立ち上げ、2016年から東京2020までの5年に渡り、世界最高峰のパラアスリートに密着し、私生活から競技本番での勇姿まで、トップアスリートとして輝く彼らの魅力を描くドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。プロデューサーとして、10月スタートの“シーズン2” 制作真っ只中である太田慎也さんに、見所などをお聞きした。

プロジェクト立ち上げの一週間後にはグラスゴーへ。そこで目にしたものは…

ーどのような経緯で「WHO I AM」をスタートすることになったのですか?

WOWOWは、国境に関係なく、世界中のトップエンターテイメントを集めたチャンネルなんですが、東京2020年に向けて「WOWOWらしい2020年にしよう」と考えていました。そこで、パラリンピックが持つ力だったり、ボーダーを破っていくという考えが、WOWOWの精神に近いのではないか、という話になりました。また、WOWOWがオリジナルのドキュメンタリーを制作していた経緯もあったので、「パラアスリートたちの物語をきちんと伝える番組を作りたい」とIPCに提案したんです。そして、IPCのご理解とご協力を得て、世界中のパラリンピアンたちのドキュメンタリーを、5年にわたり制作・放送するプロジェクトがスタートしました。

ー当時もドキュメンタリーのプロデューサーをされていたということですが、「WHO I AM」の担当プロデューサーに抜擢されたときのお気持ちは?

新らしいプロジェクトのプロデューサーに自分が選ばれたということはうれしかったのですが、 当時はパラリンピックのことをほとんど知らなくて。もしかしたら今の日本のほとんどの人がそうかもなと思うのでうすが、「かわいそうな人たちが頑張っている」とか、「応援してあげなくちゃいけない」というような気持ちが僕にも少なからずあったんです。勉強しなくちゃ、という戸惑いもありましたね。

ー制作を開始されてからこれまでに何ヶ国をまわり、どのくらいのパラアスリートに会われたのでしょうか。

国内はもちろん色々と行きましたが、海外はスコットランド、カタール、オランダ、イラン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、韓国、メキシコ、イタリアですね。一緒にやっている後輩のプロデューサーが英語が堪能なので、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏へ行ってもらって手分けしています。最初に行ったのは2015年にスコットランド・グラスゴーで開催されたIPC水泳世界選手権ですが、プロジェクトを立ち上げて一週間後に「まずは世界最高峰の舞台を見なきゃ!」と、スタッフみんなで行きました。

ー海外のパラ世界選手権を観て、何か考えが変わりましたか?

僕らの視野がいかに狭かったか、愕然としました。まず、選手同士が「普段どういうトレーニングしているの?」「その義足見せてよ」とか、お互い認め合っていて、すごく明るくコミュニケーションを取っている。どこかで「障害のある人はかわいそうだ」とか「助けてあげなきゃ」と思っていた自分の価値観がガラガラと崩れ落ちて、スタッフみんなで「すごい場所に来たんだね」と鳥肌が立ちました。そのまま一週間、大会に熱中してメモを取ったり、会いたい選手がいたら追いかけたりと、現場の雰囲気をできるだけ吸収しました。

世界で圧倒的な実績を誇るパラアスリートをピックアップ

ーたくさんの選手に会われた中から、どのような基準でシーズン1の8人を選抜されたのですか?

「世界最高のものを見せたい」というのがWOWOWのベースにあるので、まず世界中の実績抜群の選手をリサーチしました。シーズン1”で登場するブラジルのダニエル・ディアス選手はパラリンピックで24個メダルを持っていて男子水泳史上最多。国枝慎吾選手は世界中の全パラアスリートの中でも圧倒的な存在だし、他にも陸上で世界記録を持っている、ブラインドサッカーでパラリンピック3連覇しているとか、まずはすごい選手をピックアップしよう、というところから始めて。また、最初のシーズンなので視聴者にお届けするにあたり、できるだけ馴染みがある競技を選ぶようにしました。あとは色々な国、競技、障害の種類のバランスを考えるようにしました。

ーひとりの選手につき、制作期間はどれくらいですか?

選手にもよりますが、ブラジルやヨーロッパなど遠方ですと、1週間~10日くらいのサイズのロケを2回ほど。あとは、シーズン1でいうとリオパラリンピックがありました。一度目できちんとご挨拶をして、日常生活やトレーニングなど撮らせていただく中で、シーズン1”ならその選手がリオに向けて何にフォーカスしているかを探る。怪我の克服なのか、技術的な課題なのか、ライバルを意識しているのか。目線を決め、焦点を絞った状態で、二度目にそこを中心に撮影しにいく。ドキュメンタリー制作では基本の手法ですね。

“シーズン2”はよりそれぞれの人間ドラマを描いた内容に

ー10月よりシーズン2「世界のメダリスト8人。 舞台は平昌、そして東京へ。」がスタートしますね。見所を教えてください。

シーズン1”はわかりやすい競技を選んだというのもありますし、何よりもリオパラリンピックラがあったので「8人の選手のリオまでの道」というのを追ったんですね。シーズン2”では、今年はパラリンピックがないので、もっと人間ドラマというか、彼らの「人と人をつなげたい」とか「人の意識を変えたい」といった思いにフォーカスした、勝敗以外の要素も含むドキュメンタリーになっています。あとは来年の3月にピョンチャン冬季パラリンピックがあるので、冬季の選手にも注目しようということで、3名の選手を取材しています。

ー日本のアルペンスキーヤー、森井大輝選手をピックアップした理由は何でしょうか。

日本人選手はシーズン1”は国枝選手、シーズン2”は森井選手と一人ずつなのですが、まず「世界最高の人を描きたい」というのが最優先なので、「日本人だから」ではなく、世界を見渡してトップレベルの選手を選んでいることは間違いないです。とはいえ、日本の視聴者にお届けするには、やはり日本人選手がラインナップされていた方が伝えやすいし、注目されやすいというのもあります。森井選手は、パラリンピックで銀メダルを3つも持っていながら、金メダルを持っていない。「あと一個足りないピースを獲りにピョンチャンに挑む」というストーリーが、ドキュメンタリーとしては見応えがあるという嗅覚もありますね。ご本人はもちろん勝敗にもこだわっていますが、オールジャパンとして日本代表のみんなが勝つかどうかや、アルペンスキー全体のブームアップだとか、日本における障がい者に対しての価値観を変えたいという気持ちがベースにあるし、変えるだけの力のある選手なので、面白くなると思います。期待していてください。

伝えたいのは、最高に人生をエンジョイしている彼らを観て、「自分はどうなのか」考えること

ーシーズン1の番組内で登場した「勝利の精神や感謝の心を持つ人は何らかの形で大きな困難を経験した人だと思う」というリカルディーニョの言葉が印象的でした。それぞれに障害を抱え、それを乗り越えた上で競技に臨み、勝利を手にしたパラリンピックメダリストたちは、健常者のメダリストとはまた別の強さを持っていると思います。ドキュメンタリーで描きたかった一番のポイントは何ですか?

強さはもちろんありますが、あくまでもトップアスリートとしての強さであって、そこに違いはないと思います。また、彼らの言葉を聞いていると、パラアスリートだからとか、障がい者だから言えることだとは感じません。リカルディーニョは、「僕にとって困難はただ乗り越えるためにある」とも言っていて、それって健常者の僕らにも刺さる言葉で、誰にでも当てはまることなんですよね。人生をエンジョイしているから、輝いている人だから、何かを勝ち取った人だから言えることだと定義して、普遍的な言葉をたくさん抽出して番組に散りばめています。だから観た人が「この選手、人生エンジョイしているけど、自分はどうなんだろう。この人ほどエンジョイできているだろうか」と感じてほしくてそういう言葉を並べたし、タイトルも「WHO I AM =自分」にしたんです。「あなたはどうですか?彼らほど人生を楽しめてますか?」ということを、番組を通して伝えたいんです。

ー今後、番組をどのように展開していく予定ですか?

シーズン3以降についてはまだ具体的なことは決まっていないのですが、ピョンチャンパラリンピックが終わったら、日本が一気に東京2020に向かっていき、たくさんの人がその空気に触れていく機会が増えると思います。そんなとき、常にメディアとして半歩先に行っていたいな、というのが僕らの思いです。日本にも素晴らしい選手はもちろんたくさんいますが、「世界最高の選手たちを知っていますか?」「彼らのようなスーパースターが東京の街にやってきますよ」ということを提示しているWOWOWでいたいですね。

  • 2020年まで5年にわたるパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズのシーズン2
    平昌・東京を揺るがすメダリスト8人を1選手5分でチェックできる特別番組、パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM <5分版>」が、9月2日(土)午前9:45 WOWOWプライム 他 随時無料で放送
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」シーズン2
    「パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ」
    1029日(日)夜900 WOWOWプライム(無料放送)「元陸軍兵 3度の世界女王:メリッサ・ストックウェル
    1029日(日)夜1000 WOWOWプライム

詳しくは番組HP
http://www.wowow.co.jp/documentary/whoiam/

(text: 朝倉 奈緒)

(photo: 壬生マリコ)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー