コラボ COLLABORATION

金メダルの、その先へ!【HERO X RADIO vol.16】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第16回のアーカイブ動画を公開、また次回の公開収録は10月11日(金)となっている。

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

−−−−
第16回 HERO X RADIO 放送内容:You Tube
−−−−

パーソナリティーを務めるのは「HERO X」編集長の杉原行里と、株式会社マグネットにて様々なプロジェクトや広告のプロデュースを手がける傍ら「HERO X」プロデューサーを務める佐藤勇介。毎回、次世代を見据えて活躍する“HERO”をゲストに迎え、日本のあるべき未来をディスカッション、番組内で出たゲストとのアイデアのうち、より具体性のあるものについては製品やイベントに落とし込むことまで考えていく番組となっている。

昨晩も深夜2時まで!?一緒に飲んでいたというプロデューサー佐藤と杉原編集長。第16回目を迎えた今回は、現在進行しているプロジェクトの総括と今後の展望について、2人でじっくり語り合った。

9月18日に「WF01TR」、「SS01」、「CYBER WHEEL X」の3つのプロダクトに関する記者発表を行った杉原率いるRDS。生まれて初めて記者発表を経験したという杉原のプロダクト開発秘話からトークがスタート。

アスリート向け車いすレーサー「WF01TR」の開発にあたっては、車いす陸上アスリートの伊藤智也選手を開発ドライバーに迎えたという。伊藤選手のドライブデータをセンシングし、可視化しながら開発を進めたそうだ。また、プロダクトの量産に向けたシーティングポジションシミュレータ「SS01」は、千葉工業大学との共同開発。そのあまりに画期的な性能に「夢のよう。ドラえもん来た!と思ったくらい。」と興奮気味に語る杉原。今後はこれらのプロダクトで培った技術を、「予測医療」という形で社会に発信していきたいと語る。その具体的な展望とは…!?「補完ではなく拡張へ」というスタンスがそのまま具体化された展望トークは、思わず聴き入ってしまうに違いない。

番組後半では、「Border Sessions」などのイベントに関する話題のほか、RDSのチームビルディングについても話が及んだ。社会のニーズに応えるだけではなく、それを凌駕して驚かせるというスタンスがここまで浸透しているチームは、他にないのではと語る佐藤。組織におけるトライ&エラーの大切さ、チームビルディングの秘訣のほか、佐藤から見た杉原の「すごいところ」トークまで飛び出して…!?熱量MAXの聴きごたえあるトークは必聴だ。

自分たちのアイデアで、どんどん新しい扉を開いていこう!東京2020が終了した後の未来まで見据えた、ワクワク感満載のトーク、ぜひ動画でチェックしていただきたい。

−−−−
過去の放送はこちらYouTube
−−−−

また、次回第17回となるオンエアは、10月11日(金)13時~。ゲストは小西哲哉さん、みんなのたかみちさん、中川雅俊さん。チームRDSの今後について話す予定。

小西哲哉 (こにし・てつや)
千葉工業大学大学院修士課程修了。パナソニックデザイン部門にてビデオカメラ、ウェアラブルデバイスのデザインを担当。退職後、2014年にexiiiを共同創業。iF Design Gold Award、Good Design Award金賞等受賞。2018年に独立しexiii designを設立。現在も継続してexiii製品のプロダクトデザインを担当。

 

中川雅俊 (なかがわ・まさとし)
RDSのPRプロデューサー。コミュニケーション設計からコンテンツ開発、メディアアプローチまで現場経験が豊富で、PR会社(株)マテリアルでは、IT・航空・レジャー施設・飲料・菓子メーカーなど幅広い分野の企業PR、地方自治体PRを担当。東京都のパラスポーツ応援プロジェクト「TEAM BEYOND」のPRも担当し、2017年に様々な領域のメンバーで事業をつくるCrystallize firm quodを設立。NPO法人 plususの理事長も務める。

 

みんなのたかみち
ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「プリンセス金魚」のツッコミ担当。2016年10月より、相方の大前亮将が拠点を名古屋に移したため、『遠距離コンビ』となる。以来、単独でライブなどに出演し、ピンネタを披露する機会も増えている。TBSラジオ『アフター6ジャンクション』 TEAM BEYOND のコーナーを担当。パラ芸人としての立ち位置を確立しつつある。

−−−

HERO X RADIO
毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 ONAIR
http://shibuyacrossfm.jp/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

パラジュニア選手育成支援へGO!RDS社がウラテクキャンプへ寄付

平山 麻衣子

無限大の可能性を秘めた若手選手たち。だが、まだまだメジャー感が薄いパラスポーツにとって、技術上達のチャンスが多いとはいえない。千葉県浦安市で活動している車いすテニスクラブウラテクは、障がいがあっても夢を持ってスポーツに打ち込める環境づくりを目指し、車いすテニスの普及と育成に力を入れている。

現在、ウラテクには15名前後の車いすテニス選手と数名の健常児テニス選手、合わせて20名ほどが所属しているそう。ウラテクを立ち上げた坂口剛さんは、「スポーツを楽しむのに障がい児も健常児も無いと考えております。今は中々お互いに交流が難しい環境でも、一緒にレッスンを行ったり、日常を共にすることでお互いに歩み寄れると思っております」と語ります。坂口さんの活動を応援しようと、選手たちが参加するウラテクキャンプに株式会社RDSが協賛、10万円を寄付することが決まりました。

「障がい者スポーツはもっと注目されるべきだが、まだまだ支援も不十分であるのが現状」とHERO-X 編集部 杉原行里編集長。「リオデジャネイロのパラリンピックでは、選手が競技で使用する車いすや義足が高額であるということが議論の的になりました。障がい者スポーツは身体能力と技術の融合によるものです。スポーツ用具の発展や進歩は疑問視されることではない」と指摘。「坂口剛さんは車いすテニス競技のための車いすの開発なども手がけられています。2008年北京パラリンピックで金メダルを受賞された国枝選手に続く少年たちを育成したいという強い思いを持たれており、若い障がい者スポーツ選手を企業として応援することで、新しい時代を切り開く彼らのサポートになれば」と支援への想い話す同氏

このキャンプには車いすテニス日本ジュニアランキング1位の坂口竜太郎選手(13)も参加されるそう。今年からシニアの大会へ挑戦する坂口選手の今後の活躍にも目が離せません。

RDSは、今後も様々な活動を通して障がい者スポーツの発展に貢献していきます。

(text: 平山 麻衣子)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー