プロダクト PRODUCT

子どもの健やかな発育をサポートするプロダクトをピックアップ

Yuka Shingai

元気よく動き回っていた直後にぐったりしたり、ちょっと目を離していたすきにそれまでできなかったことができるようになったり、日々そばで過ごしている親ですら子どもの体調や成長を先読みするのは至難の業だ。急な不調や異変をうまく言葉にできない子どもに寄り添ってくれるプロダクトを合わせてご紹介しよう。

奇妙な形のメガネがもの凄く売れているらしい。
乗り物酔い防止メガネ「SEETROËN」

元記事URL:http://hero-x.jp/movie/6456/

フランス生まれのちょっと風変わりなメガネ、「SEETROËN(シートロエン)」は、お出かけの悩みのタネでもある車酔いを解決してくれるアイテムだ。主に幼児期〜学童期の子どもは、身体の平衡を保つ小脳が発達途中のため、車酔いの悩みを抱える子どもたちは多い。

SEETROËNが前後左右に傾けばフチに密封された青色の水も一緒に動き、三方を囲むことで、脳が水平を感じたままでいられ、視覚情報とバランスというふたつの知覚のズレを防いでくれるのだという。装着後は10分以内に95%の乗り物酔いに効き目があるとのことで、その効果のほどを試してみたいところ。

現在は欧州のみでの販売だが、日本上陸が待ち遠しい!

日本でも浸透中!頭のフォルムを美しく再成形する
赤ちゃんのヘルメット

元記事URL:http://hero-x.jp/article/8208/

オーダーメイドのリモルディング・ヘルメットでの絶壁頭(頭蓋変形)の矯正治療実績を誇る兵庫県・西宮協立リハビリテーション病院での編集長対談インタビュー。

頭蓋変形から耳の位置が左右で違ってしまい、体全体のバランスが崩れて背骨が歪んだり、肩こりの原因になったり、噛み合わせが悪くなるなどの問題はあるものの、いずれも命に関わる大きな問題ではなく、患者の使用目的の多くは歯科矯正のように見た目の改善のためであると三宅裕治院長は語る。装着期間は約6か月間だが、早ければ2~2.5ヶ月で終わるケースもあり、技術の進歩が加速すれば、矯正もより身近なものとなっていきそうだ。

子どもに優しい製品が増えることで、親をはじめとする周りの大人も安心できる世の中の実現に期待したい。

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

赤ちゃんの命を守れ!IoT技術で「赤ちゃんの見守り」支援 産院向け「ベビーセンサーBaby Ai Med.」

HERO X 編集部

命を守る分野で、安全性を確保しながら、どう効率化を図るかは常に課題となっている。特に新生児医療や小児科では、1人の新生児に多くのスタッフがかかわることで、小さな命を守っている状況だ。その医療現場のサポートとなる技術が開発された。「ベビーセンサーBaby Ai Med.」は日本の企業が製作した、産院での「赤ちゃん見守り」を支援するシステムだ。

乳幼児の呼吸数をモニターできる
日本製のIoT対応センサー

日本の新生児の死亡率は世界一低く、ほかの先進国から大きく注目されている。小児ICUが充実していることも大きいが、乳児のNICUでは保育士も活躍しており、そういった人々の努力なしには実現できないことだろう。

といっても、最近では医療費の削減もあり、現場の人々がひっ迫している面もある。生まれたばかりの赤ちゃんの「見守り」は、マンパワーに頼るしかなく、医療現場や保育士さんの疲弊が気になるところだ。

そんななか、株式会社リキッド・デザイン・システムズから、赤ちゃんの見守りをセンサーで実施できる製品が発売された。「ベビーセンサーBaby Ai Med.」は、柔らかいセンサーマットを通じて赤ちゃんの体動から呼吸音をセンサリングし、呼吸が大幅に変化した時に光と音でアラートを発する。専用端末/アプリを通し、育児室内にいる複数名の乳幼児の遠隔同時モニターも可能。これにより、出産後の母親や看護師などの負担を軽減していく。

敷き布団のようにマットをセットするだけという手軽さ

ベビーコット内に設置するセンサーマットが、海外製にみられるような堅いものではなく、赤ちゃんに負担の少ない柔らかなものであるのも特徴。日本の企業の繊細な技術が活かされた製品といえそうだ。

保育園でも乳幼児の昼寝中に、「うつぶせ寝」を防止するための見回りが大変だという。呼吸音をモニターするテクノロジーがあれば、うつぶせ寝による乳幼児突然死の防止にもなり、見回る人の負担の軽減にもなるだろう。

マンパワーが優れているのは日本の良い所だが、マンパワーに頼るあまり、看護師や保育士が超過労働になってしまっている面もある。ケアの分野でも、テクノロジーを使った支援システムを積極的に使っていけるようになれば、質を保ちつつ労働力を軽減することができそうだ。

(画像提供:株式会社リキッド・デザイン・システムズ)

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー