コラボ COLLABORATION

カンヌを獲ったパラ卓球台で遊ぼう!【HERO X RADIO vol.11】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第11回のアーカイブ動画を公開、また次回の公開収録は7月26日(金)となっている。

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM (http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。パーソナリティーを務めるのは「HERO X」編集長の杉原行里と、株式会社マグネットにて様々なプロジェクトや広告のプロデュースを手がける傍ら「HERO X」プロデューサーを務める佐藤勇介。毎回、次世代を見据えて活躍する“HERO”をゲストに迎え、日本のあるべき未来をディスカッション、番組内で出たゲストとのアイデアのうち、より具体性のあるものについては製品やイベントに落とし込むことまで考えていく番組となっている。

−−−−
過去公開動画はこちら
第11回 HERO X RADIO 放送内容:You Tube
第10回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第9回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第8回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第7回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第6回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第5回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第4回 HERO X RADIO 放送内容:
You Tube
第3回 HERO X RADIO 放送内容:You Tube
第2回 HERO X RADIO 放送内容You Tube
第1回 HERO X RADIO 放送内容You Tube
−−−−

前回第11回目のゲストは、博多・立石ガクブチ店の四代目でパラ卓球協会の渉外広報を担当する、立石イオタ良二さん。(参考記事:パラ卓球を盛り上げて、世界へ!立石兄弟が挑む東京2020への道|http://hero-x.jp/article/6532/

立石イオタ良二さん

立石イオタ良二 (たていし・いおた・りょうじ)
創業大正10年 立石ガクブチ店四代目。一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会 渉外広報担当。1985年生まれ、アルファ裕一さんの弟。小学5年生の時、兄の影響で卓球を始める。大学時代、全日本学生選手権大会団体銅メダル、ダブルス7位。全日本卓球選手権7位。現在は、コーチとして兄を支える。

番組前半では、世界最高峰の広告賞・カンヌライオンズで今年金賞を受賞、イオタさんが手がけるプロジェクト「PARA PINGPONG TABLE」についてご紹介。これは、パラ卓球選手から見える世界を再現したプロジェクトで、それぞれの障がいによって形を変えた卓球台では、実際にゲームをすることもできる。

参考記事:
PARA PINGPONG TABLE|カタチにとらわれない卓球台
https://youtu.be/5t8_TNNjIFY

近年は、社会的メッセージの強いものが評価の基準とも言われている、カンヌライオンズ。「カンヌをとったことよりも、ネガティブに捉えられがちなハンディキャップを、ポジティブなアプローチによってカッコいいとか凄いとか感じられるプロジェクトが、世界で認められたことがとても大きなこと」と、イオタさんは語る。

遊んでみて、何かおかしいなと思ったら、卓球台の片側だけが車いす卓球選手の見えている世界のように長いコートになっていた、という実際の体験を、杉原・佐藤も語る。「重りをつける、見えなくする、などのネガティブな要素を付加するのではなく、遊ぶことなどポジティブなアプローチによって、障がいの理解は進む」と三者。今回、「一歩先のクリエイティブ」というテーマで、トークが繰り広げられた。

参考記事:
パラアスリートの感覚を体験できる卓球台「PARA PINGPONG TABLE」に、あの芸人が挑戦!
http://hero-x.jp/article/7245/

オンエアの後半では、PARA PINGPONG TABLE」を応用し、あと1年となった東京2020に向けて、もっと広く、周りを巻き込んでいくためにはどんなことができるか、話が膨らんだ。

仮想空間やサイバーパラ卓球!? パラ卓球×おもちゃなど!?
ぜひ公開動画をチェックしていただきたい。
また、次回第12回となるオンエアは、89()13時~。
どんな話が繰り広げられるのか、どうぞご期待ください。

−−−−

HERO X RADIO
毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 ONAIR
http://shibuyacrossfm.jp/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

モビリティ新時代・熱い視線が注がれる車いす型モビリティとは?【HERO X RADIO vol.29】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第28回のアーカイブ動画を公開、また次回第29回の収録は6月12日(金)となっている。

車いすバスケ界のレジェンド
根木さんが登場

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

第29回となる今回のゲストは、車いすバスケ界のレジェンドこと根木慎志さん。「モビリティと車いす」をテーマに、HERO X編集長・杉原行里とプロデューサー・佐藤勇介が話を伺う。

根木慎志(ねぎ・しんじ)
1964年9月28日、岡山県生まれ。シドニーパラリンピック車いすバスケットボール元日本代表チームキャプテン。現在は、アスリートネットワーク副理事長、日本パラリンピック委員会運営委員、日本パラリンピアンズ協会副理事長、Adapted Sports.com 代表を務める。2015年5月、2020年東京パラリンピック大会の成功とパラスポーツの振興を目的として設立された日本財団パラリンピックサポートセンターで、推進戦略部「あすチャレ!」プロジェクトディレクターに就任。小・中・高等学校などに向けて講演活動を行うなど、現役時代から四半世紀にわたり、パラスポーツの普及や理解促進に取り組んでいる。

待ちに待ったHEROXラジオ再開!!

本日公開となった第28回のオンエア。約2か月ぶりの放送となった今回、収録現場もコロナ対策がされていた。杉原と佐藤のソーシャルディスタンスを保つため、スタジオ内には透明なアクリル板が設置されていた。区切られた環境での収録となったが、2人は以前と変わらず元気な姿で明るい掛け合いを見せた。

また、本日公開となった前回放送分を含め、これまでの放送はこちらで視聴できる。
−−−−
過去の放送はこちら:https://www.youtube.com/channel/UCt2HDo14Sim08vmCP_lok-Q
−−−−

それぞれ自粛期間中にどんな過ごし方をしてきたかを語った前半、たくさんの本を読むことができ、意識の持ち方や今の状況をどう考えるかを改めて思考し直すきっかけとなったという2人。自粛生活には向いていない…と杉原は言うものの、世界の止められない変化を前向きにとらえて、そこに「介入していくテクノロジーを開発していかないと!」とあくまでも前向きだ。

そして話題は「Aʼ Design Award & Competition 2020」でのプロダクト入賞へと切り替わる。喜びにあふれる2人だが、エントリーした3つのプロダクト「RDS WF01」「RDS WF01TR」「RDS SS01」の入賞順位が予想外だったという。

後半は今後、世の中がどう変わっていくか、どうこの状況を前向きにとらえて行動していくかという議論に発展。佐藤は、慌てない国になるために「一人ひとりが意識を変えていくことが大事」だと語り、これからは自粛期間中に皆が話し合い練っていたプランをアクションに移行していくタイミングだと意気込んだ。そして杉原が考える、物価や価値の見直しとは?

思うように活動できなかった期間も決して開発の手を止めなかったというチームRDSへの期待はもちろん、常に前向きに物事をとらえ変化に対応していこうとする姿勢に、きっと心動かされるだろう。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー