スポーツ SPORTS

片脚のBMXライダー、ジュリアン・モリーナが アンデスのローカルヒーローになったわけ

長谷川茂雄

コロンビア・アンデスの山奥、アンティオキア県で生まれ育ったジュリアン・モリーナは、地元で知らない人はいない18歳のローカルヒーローだ。幼少の頃に交通事故で左足を失いながら、自分がのめり込んだBMXに乗ることを諦めなかったジュリアン。バックフリップ(後方に一回転する技)を何食わぬ顔でメイクする彼には、失ったものをハンディキャップと捉える価値観などない。家族や気心の知れた友人に囲まれながら、今日も大好きなBMXに跨り、誰よりもテクニックを磨いている。

自分にできないなんて思ったことはない

ジュリアン・モリーナが生まれ育ったのは、コロンビアのアンデス地方にある山深いアンティオキア県。物心がつくとスケートボードやBMXに夢中になった彼だが、バスとの交通事故で重傷を負い、左足を失ってしまう。

とはいえ、彼はBMXに乗り続けた。好きなものに対する愛情が変わることはなかったのだ。父親のルーベン・モリーナは、そんな息子を自分の誇りだと語る。

片足を失っても技を磨いてきたジュリアンは、バーホップ、フルキャブ、180°といったトリックを容易くメイクする。だから彼は、友人たちが集う町の中央広場で、いつも注目の的だ。

靴の修理を仕事にしている職人の父、ルーベンは、底が常に傷んでしまうジュリアンの靴をいつも丹念にケアする。2人の姉も含め、家族はいつだってジュリアンをサポートしている。町の人にも家族にも愛されるジュリアンは、まさにローカルヒーローそのものだ。

彼がBMXに乗る場所は、生まれ育った町だけではない。車で4時間の距離にあるメデジン近郊のダートパークにも度々足を運ぶ。その巨大なパークに行く時はいつも、黙々とライディングを繰り返し、バックフリップを何度もメイクし続ける。

大怪我を負い、体の一部を失うことで、怒りや疎外感に支配される人は決して少なくない。しかし、ジュリアンは、冷静に自分の置かれている状況を把握し、ネガティブな思考に陥ることなく、すべてを受け入れている。

「僕は、BMXに乗り始めた当時も今も、バランスを失うことや転倒の心配をしたことはないし、自分にできないなんて一度も思ったことはない。いつだって自然にライディングしているだけなんだ」

[TOP動画引用元:https://www.redbull.com/jp-ja/this-bmxer-didnt-let-losing-his-leg-stop-him-ride

(text: 長谷川茂雄)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

Monthly Selection:4月のおすすめ記事Best5

毎月、おすすめの記事をご紹介する「Monthly Selection」。新シーズンがスタートした今月は、「HERO X」の特徴でもある、動画付きの記事の中から、おすすめの5本をピックアップしました。

“支える”ではなく“揺らす”!?
佐野教授が辿り着いた世界初の歩行支援理論とは
【the innovator】

名古屋工業大学の佐野明人教授が15年以上の研究から導き出した、“揺らす”ことによる歩行アシストとは!?モーターやバッテリーなどを一切使わない、画期的なギアの使用法を分かりやすい動画でご説明します。

世界が熱狂する新競技トリッキング!
日本人パフォーマーDaisukeがチャンピオンに

「トリッキング」という新競技をご存じですか?バク転などのアクロバットな動き、体操、ブレイクダンスなどに武術の動きを組み合わせた新しいエクストリームスポーツで……なんて説明をするより、百聞は一見にしかず。世界チャンピオンになったDaisuke氏のプレイムービーをご覧ください!

オリンピック&パラリンピックの両大会に3回連続出場!?
世界を変えた、7人の鉄人アスリートたち

オリンピック・パラリンピックの歴史の中には、その両大会に出場し、それぞれでメダルを獲得した選手たちがいました。そんな鉄人アスリート7人を、一挙にご紹介。記事内の動画では、両大会に3回連続で出場したナタリー・ディトワの泳ぎをご覧いただけます。

両足義足でのエベレスト登頂成功した
登山家マーク・イングリス

これまで、エベレストの登頂を果たした人数は、世界でのべ3,000人ほど。その中のひとりに、両足義足の登山家がいたことをご存じでしょうか?彼の名は、マーク・イングリス。前人未踏の挑戦を収めた、貴重な記録映像をご覧ください。

一ノ瀬メイ×エリー・コール、
トップスイマーが共演する新CMがスタート!

リオ2016パラリンピック水泳競技に日本代表として出場した一ノ瀬メイ選手と、競泳大国オーストラリア代表のエース、エリー・コール選手。両国を代表する2人のスイマーを起用した、大和ハウス工業株式会社の新CMがスタートしました。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー