プロダクト PRODUCT

スポ庁×SPORTS TECH TOKYO「イノベーションリーグ大賞」スマートシューズが大賞受賞

株式会社no new folk studio(代表 菊川裕也氏)と株式会社アシックスが共同開発した、スマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライドオルフェ)」がスポーツビジネスの新しい取り組みを表彰する「イノベーションリーグ大賞」において、大賞を受賞した。スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOが協同で開催する「INNOVATION LEAGUE」は、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)構築の推進を目的としたプログラム。今回は、スマートシューズ分野を牽引するスタートアップと、日本を代表するスポーツメーカーが協業し、AIによるパーソナルコーチングの新市場を開拓したことなどが評価されての受賞となった。

スマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライドオルフェ)」は、履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化、一人ひとりの走り方の特徴を可視化し、目標達成をサポートするというもの。シューズ開発に関わったno new folk studio代表・菊川氏の開発に対する思いはHERO X対談記事でも配信している。


前編:人の走りを可視化したスマートシューズがアスリートを変える!?「ORPHE TRACK」開発者・菊川裕也が見る夢
http://hero-x.jp/article/9022/

後編:センシング技術と即自的インターフェースが導く未来「ORPHE TRACK」開発者・菊川裕也が見る夢
http://hero-x.jp/article/9029/

近年、増加傾向にあったランニング人口。コロナ禍の運動不足を近場ランで解消する人もいるだろう。センシングが生活のQOL向上に直接的な関わりをもってきた一つの事例としても面白い。

近年、増加傾向にあったランニング人口。コロナ禍の運動不足を近場ランで解消する人もいるだろう。センシングが生活のQOL向上に直接的な関わりをもってきた一つの事例としても面白い。

関連記事を読む

(トップ画像引用元:https://orphe.shoes/news/2021/02/26/win-innovation-league-award/

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

まるで浮遊しているような感覚!超ハイテクスニーカー「ITUKKC」登場

Yuka Shingai

近年、スポーツメーカーのみならず、ハイブランドからも続々登場しているハイテクスニーカーは一時的なトレンドを大きく超えて定番のファッションアイテムとなりつつある。今回紹介する「ITUKKC」は、HERO Xでもお馴染みのあるものの技術を用いた、最新の「超」ハイテクスニーカーだ。

半空洞状で、見るからに柔軟そうな「ITUKKC」のソール部分に使われているのは、なんと競技用義足の “ブレード” の技術を用いている。踏み込んだ加重エネルギーを効率よく地面を蹴る力に変換して前方への推進力とする高反発性と、エネルギー消費を低減してくれるブレードの特長をソール部分に採用することで、優れたグリップ力を実現している。この反発性、弾力性の高さは膝への衝撃を吸収してくれるため、地面を踏み込み、蹴り出す時に、まるで空中を浮遊しているような新感覚が味わえるという。

アッパー部分には通気性のよいメッシュ素材が使われており、24.5㎝サイズのもので約400グラムと非常に軽量であることも魅力のひとつ。その履き心地の良さから、ランニングから山登り、ハイキングなどスポーツシーンはもちろんのこと、スマートなデザインと豊富なカラーバリエーションでタウンユースにも期待ができそうだ。

また、支援を募ったクラウドファンディングサイトGREENFUNDINGでは、目標金額の7566%という驚異的な結果を収め、プロジェクトが終了した現在は生産中とのこと。来年1月中旬以降に支援者の手元に届く予定。パラリンピックイヤーの盛り上がりを加速する存在となりそうだ。

[TOP動画引用元:https://youtu.be/wbcTCE2PKDQ

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー