スポーツ SPORTS

Monthly Selection:12月のおすすめ記事Best5

その月ごとの特におすすめの記事をピックアップしてご紹介する「Monthly Selection」。第一回となる今回は、これまで掲載したすべての記事から、特に人気の高かった5つの記事をセレクトしてご紹介します。

桐生の次は俺だ!
為末大はまだ、100m10秒を切る夢を
あきらめていなかった

2001年、2005年の世界陸上男子400mハードルで、銅メダルを獲得した為末大さん。現在は、スポーツ、教育、ビジネスの世界で活躍する彼は、まだ100mで10秒の壁を突破するという夢を捨ててはいませんでした。常に日本の陸上界をリードしてきた為末さんならではのアプローチと、その先に見据える世界とは?為末さんが館長を務める新豊洲Brilliaランニングスタジアムで話を伺いました。

モンスターをスーパーモンスターに。
世界中のトップアスリートが慕う、大阪のアニキ技師
【川村義肢株式会社:未来創造メーカー】

日本のトップアスリートのみならず、世界の名だたるパラアスリートからも信頼を寄せられる凄腕技師が大阪にいました。義肢装具業界のリーディングカンパニーとして知られる川村義肢株式会社で技師を務める中島博光さん。「弱い人を強くするための近道は、強い人をさらに強くするためのノウハウの中にある」という信念に基づく、彼のものづくりの極意に迫ります。

車いすで、エクストリームに宙を舞う男。
アーロン・フォザリンガム
【HERO Aaron Fotheringham】

2016年リオパラリンピックの開会式で、17mの高さから滑走し、車いすでアクロバティックに宙を舞った人物がいたことを、皆さんは覚えているでしょうか。世界初のフリースタイル車いすライダー、アーロン・フォザリンガム選手。現在は、ナイトロ・サーカスの一員として世界を回るなど、すっかり有名になった彼に、HERO Xもインタビューを敢行。圧巻のパフォーマンスムービーとともにご覧ください。 

元F1ドライバー、アレッサンドロ・ザナルディ
世界的ヒーローが歩んだ七転八起の半生
【Alessandro Leone Zanardi】

モータースポーツファンなら、その名を知らない人はいないであろうアレッサンドロ・ザナルディ。元F1ドライバー、CARTシリーズでの華々しい活躍、そして大事故からの両足切断。誰もが涙した悲報から、2年と経たないうちにパラ自転車選手として復活を遂げると、そこからは飛ぶ鳥を落とす勢いで世界の頂点へ。あまりに波乱万丈な彼の人生の奇跡を、改めて追ってみました。 

パラ経由オリンピック行き!?
障がいを抱えた成田緑夢の大胆な野望
【2018年冬季パラリンピック注目選手】

スノーボード界のスーパーブラザーズとして注目を集めた成田三兄弟。その三男、成田緑夢選手が今、スノーボードと陸上の跳躍競技という二足の草鞋で、冬季・夏季どちらのパラリンピックにも出場できるかもしれない希少な存在として期待されていることを、ご存知でしょうか。しかし、彼の夢はそれだけにとどまりません。パラ経由オリンピック行き。前人未到の世界に挑む、成田選手にインタビューを行いました。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

間違いなく世界初!「義足の図書館」が遂にオープン

中村竜也 -R.G.C

義足歩行者が自らに合った競技用義足(=板バネ)やひざ継手を試せる場所があったらという思いから、Xiborgを率いるエンジニア・遠藤謙さんや、アスリート、義肢装具士たちが中心となり、クラウドファンディングサービス“Ready for”で資金を募った「義足の図書館」が遂に、2017年10月15日、新豊洲Brilliaランニングスタジアム内にオープンした。

新豊洲Brilliaランニングスタジアム。

1本あたり約20~60万円と高価な板バネと、競技用義足の装着に必要なひざ継手などの部品を豊富に取り揃え、本棚のように並んでいる。また壁には、今回この「義足の図書館」に出資した方々の名前が全て記載してある。

セレモニーは遠藤謙さんから「義足の図書館」の利用の仕方や、今後の展開への思いを込めた挨拶から始まった。
「多くの義足ユーザーの方々に、もう一度走る喜びを与えられたらなという気持ちはもちろんですが、それだけではなく、多くの方たちの希望へとつながる場所としてや、義肢装具士さんたちの情報交換の場として活用していただけたらいいなと思っています」。

 山下千絵選手が、競技用義足を実際に装着し、ランニングのデモンストレーションを行った。今までは、歩行用義足でテニスを続けてきた彼女だが、競技用義足と出会ったことで、もう一度走る喜びを実感したという。

佐藤圭太選手や、「義足の図書館」を作るきっかけにもなった斎藤暖太(はるた)くんや義肢装具士の沖野敦郎さんが参加し、出資者からの質疑応答も行われた。

気になる利用方法は、1回500円と施設使用料を払い、Ottobock社(ドイツ製)とOssur社(アイスランド製)の子供用から大人用の計24本の中から選び着用。

基本的には義肢装具士は利用者自身で装着しなければならないので、自分で出来ない方は、義肢装具士の同伴が必要となってくる。ただ、それが難しい方のために、月一回開催している“Monthly Run”に参加すれば、装着の仕方を学べるとのこと。

多くの人に走る喜びを与えたいという思いが、この世界初となる「義足の図書館」を完成させた。ここをきっかけに遠藤さんは今後、義足の移動図書館のようなこともやってみたいとも話している。こんな素敵な笑顔になれる場所が、もっともっと増えていくことを願ってやまない。

(text: 中村竜也 -R.G.C)

(photo: 河村香奈子)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー