スポーツ SPORTS

元F1ドライバー、アレッサンドロ・ザナルディ 世界的ヒーローが歩んだ七転八起の半生【Alessandro Leone Zanardi】

岸 由利子 | Yuriko Kishi

モータースポーツが好きな人なら、彼の名を知らない人はいないだろう。元F1ドライバーで、米国のCARTシリーズ(現・インディカ―)では、イタリア人初の快挙となる2大会連続王者を獲得するなど、輝かしい功績を持つアレッサンドロ・ザナルディ。両足切断から16年、パラ自転車競技“ハンドサイクル”の選手に転向して以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界の頂点に上り詰めたザナルディ。今回はその軌跡を辿ります。

原点はF1。CARTで無敵の連勝、アメリカで愛される陽気なイタリアン

ロンドン・パラリンピックのH4ハンドサイクル・タイムトライアル、ハンドサイクル・ロードレースの2種目で金メダル、ハンドサイクル・チームリレーで銀メダルを獲得。続く2016年リオパラリンピックでは、H5タイムトライアルとハンドサイクル・チームリレーの2種目で金メダル、ハンドサイクル・ロードレースで銀メダルを獲得。通算4つの「金」と、2つの「銀」を手にしたアレッサンドロ・ザナルディは、今や、誰もが認めるパラ競技界のヒーロー。しかし元を辿れば、1991年スペインGPで新興チーム「ジョーダン」から参戦を果たした「F1」こそが、彼の原点でした。

ロータス、ミナルディなどいくつかのチームへの移籍を繰り返し、F1には1994年まで参戦。1996年より、活躍の場をアメリカのCARTシリーズに移し、強豪チーム「チップ・ガナシ」のドライバーとして新たなスタートを切ったザナルディ。初年度よりランキング3位を獲得し、1997年には5勝、1998年には7勝と、まさに怖いもの知らずの強さで2年連続チャンピオンに輝き、サービス精神旺盛で陽気なキャラクターと、それとはうらはらな脅威の速さで、アメリカ人ドライバーを凌ぐスターダムにのし上がります。

何らかのアクシデントにより、スタートで大きく出遅れたにも関わらず、コース上でさらりと抜き返し、優勝してしまうザナルディ。「もはや意味不明」と専門誌の記者を唸らせるほど、CARTシリーズで圧倒的な強さを保持していました。その活躍が高い評価を受け、1999年に「ウィリアムズ」からF1に復帰するも、入賞のチャンスには恵まれず、1年の休暇を経たのち、再び2001年よりCARTシリーズに参戦します。

大事故で両足切断から2年、燃えたぎる情熱でレースに本格復帰

しかし、ここでもまた思うような結果が出せず、苦戦していたところ、同年の9月15日、ドイツのラウジッツで開催された第16戦では、序盤からトップを順調に走行し、優勝が目前に迫っていました。そして、残りわずか16周となった時、その事故は起きたのです。依然として、トップ走行中のザナルディのマシンが左を向き、バランスを崩した瞬間、後続車がモノコック側面に時速320kmで追突し、2台は大破。

ザナルディは、出血多量で生命の危険にさらされましたが、一命を取りとめるも、激しい損傷を受けた両足は、膝上で切断せざるを得ませんでした。
しかし、その後も、レースにかける情熱は留まることを知らず、事故から2年と絶たない2003年に、ハンドドライブ仕様のツーリングカー選手権でレースに本格復帰を果たします。

2005年より「WTCC(世界ツーリングカー選手権)」にBMWから参戦し、8月にはかつての事故が起きた国、ドイツで開催されたレースでみごと初優勝を成し遂げます。その後、5年間参戦したレースでは、毎年優勝を飾った大戦士・ザナルディ。その名は世界に広く知れ渡り、モータースポーツファンの心を鷲づかみにしました。

「自分の人生は果てしなく恵まれていると感じる」

しかし、長くは一所に立ち止まらないのが、彼の性。レースの頂点を極めた後、次なる頂点をすでに目指していたのです。

2009年、レーシングドライバーを引退したザナルディは、息つく暇もなく、ロンドン・パラリンピック出場とメダル獲得をめざして、自転車競技のハンドサイクリング選手に本格的に転向します。引退する数年前から、WTCCと並行して、密かにハンドサイクルにも取り組んでいたという努力の人は、2010年3月21日にローママラソンのハンドサイクリング部門で優勝を飾るなど、めきめきと頭角を現していきました。

ロンドンに続き、昨年のリオの2大会を合わせると、4つの金メダルと、2つの銀メダルを獲得するという偉業を成し遂げたザナルディ。リオパラリンピックのH5ハンドサイクル・タイムトライアル競技で優勝した後、英国BBCに次のように語っています。

「わたしの事故、わたしの身に起きたことさえ、人生における最大のチャンスとなった。今していることのすべては、わたしの新しい状況に関連している」

「助けが必要だった。だからそれが最優先事項だった。1日1日、コントロールと体力を取り戻し、自信を取り戻し、違うことに集中できるようになり、そして今のわたしがある」

F1ドライバーからスタートしたザナルディのキャリアは、CARTドライバーとの間を行き来し、七転八起を繰り返した末、ハンドサイクルという境地にたどり着きました。ここ30年近くの間、いくつもの奇跡を起こしてきた彼はこう言っています。

「とても幸運だと感じている。自分の人生は果てしなく恵まれていると感じる」

“一念岩をも通す”を地で行く自転車アスリートの強靭なスピリットと、そのダイナミックな生き様は、これからも世界中の人々に勇気と感動を与え続けることでしょう。昨年、東京2020の出場について聞かれた際、「その時は53歳。多分メカニックとして参加するんじゃないかな」と答えていますが、実際はどうなのか?今後の動向にも注目していきます。

アレッサンドロ・ザナルディ ウェブサイト
http://www.alex-zanardi.com/

アレッサンドロ・ザナルディ FACEBOOK
https://www.facebook.com/alexzanardiofficial/?fref=ts

[引用元]http://www.alex-zanardi.com/

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

前人未到の2連覇から4年。「豪速のナポレオン」が胸に秘めた覚悟と野望【狩野亮:2018年冬季パラリンピック注目選手】後編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

冬季パラリンピックの花形競技、チェアスキー。中でも「高速系」と呼ばれる2種目で圧倒的な強さを誇り、世界のトップに君臨し続ける男がいる。スーパー大回転で金メダル、ダウンヒル(滑降)で銅メダルを獲得したバンクーバーパラリンピックに続き、ソチパラリンピックでは、両種目で金メダルを獲得するという大快挙を見せた狩野亮選手だ。前人未到の2大会連続制覇を成し遂げてから4年が経とうとしている今、ピョンチャンでの三連覇達成に世界中の期待がかかる。金メダリストとしての覚悟とは?大会に向けたマシンのセッティングから今後の展望に至るまで、狩野選手に話を聞いた。

金メダルの一歩先の世界を
切り拓くために、勝ちに行きたい

冬季パラリンピックで、チェアスキーほど、数々の名だたる日本企業が参画し、強力なサポート体制が整った競技は、他にない。その気勢は、夏季パラリンピックの陸上競技に比肩するほどだ。チェアスキーが企業を惹きつけるのか。それとも、互いに引き合っているのか。

「選手側の感覚でいうと、選手たちが皆、そうあって欲しいと強く願い、それに対して、具体的なアクションを起こしたからだと思います。僕が選手としてチェアスキーを始めた頃は、遠征も年に1度行くかいかないかという状態でしたが、何とかして変えようと、大輝さん(森井大輝選手)が僕たちを引っ張ってくれました。“スキーヤーなら、スキーで食べていきたいよね”とずっと言い続けて。

大学卒業後も、チェアスキーを続けていきたいと考えていましたが、普通に就職活動していたら、きっとこの先できなくなる。何かアクションを起こさなければ。

そう思い立ち、右も左も分からない状況でしたが、大学在学中、20歳の時、自分を知ってもらうために約100社に履歴書を送って、アプローチしました。当時は、パラリンピックも今ほど知られていない上に、トリノ大会で27位という結果に終わった2年後。苦戦しましたが、5社ほどが興味を持って会ってくださいました。今、僕が所属している株式会社マルハンは、その中の1社。自ら、最も切望した企業でした」

選手たちの努力の結晶は、レースの結果にも現れた。森井大輝選手がスーパー大回転で銀メダル、鈴木猛史選手がスラローム(回転)で金メダル、そして、狩野亮選手がダウンヒル(滑降)とスーパー大回転の2種目で金メダルを獲得するという、歴史に残る実績をソチ大会で残すに至った。それから4年、まもなくピョンチャンを迎える。

「バンクーバー大会の時は、“世界の頂点を極めたい”の一心でしたが、正直、金メダルにはたどり着けないと思っていました。それが、獲れてしまった。ソチ大会では、金メダルを2つ獲得して、“もう一度、証明したい”という目標は達成できました。ピョンチャンでは、金メダルのもう一歩先の世界を切り拓くために勝ちに行きたいです。今後、パラスポーツやアルペンスキーの世界で、利用価値を出せる自分になりたい。その気持ちが強くあります」

エクストリームスポーツ、
チェアスキーの面白さをもっと伝えていきたい

「唯一、死ねるパラスポーツかもしれない」。高速系種目の覇者である狩野選手がさらりと言うほど、チェアスキーはエクストリームなスポーツだ。ごく最近、直滑降でテストした時に時速126kmのスピードを出したといえば、その激しさが想像できるだろう。

「ダウンヒル(滑降)の練習をした時にしか感じることのできない胸の高ぶりや、スピードと風に負けそうになる自分を気持ちいいと感じている時点で、頭のネジが数本外れているのかもしれません(笑)。トータルして勝てているレースでも、実はトップスピードは、他の選手の方が速い時があるんです。ワックスなのか、サスペンションなのか、今色々試して改良点を探っているところですが、マシンのセッティングが全て上手くいけば、もう少し速くなれる可能性はあります」

最近では、レジャーとしてチェアスキーを楽しむ人も増えている。スノーボードなど、ウィンタースポーツに親しんでいる人なら、ゲレンデでその姿を見たことがあるかもしれない。だが一般には、折悪しく、身近に観ることのできる機会はまだ少ないのが日本の現状だ。

「今はそのきっかけが作れていませんが、今後、何らかの形でこのスポーツの面白さを世に発信していきたいと思っています。観てもらえる機会さえあれば、魅了する自信はあります。純粋にスポーツとしてのチェアスキーを感じていただけたら嬉しいです」

ピョンチャンの見どころについて聞くと、再び森井大輝選手の名前が挙がった。狩野選手にとって、良き先輩であり、良きライバルでもある、チェアスキー界をけん引する強豪選手だ。

「大輝さんは、どの種目でも邪魔してくるんです(笑)。どれか一つに決めてくれればいいのですが、猛史くん(鈴木猛史選手)が得意とするスラローム(回転)も、高速系種目も、グイグイ攻め込んできます。それを逆手に取って、僕たちも大輝さんに負けないように奮起して、切磋琢磨していけたらいいのかな。それぞれの得意種目でどこまで結果を出せるか、そこに誰が邪魔してくるのか。その絡み合いをぜひご覧ください」

『彼を知り己を知れば百戦殆うからず』ナポレオンが、かつて座右の書にした兵法書「孫子」にある有名な言葉だ。同じ土俵で戦う相手のことも、そして自分のことも熟知していれば、百回戦っても負ける心配はない。これを地で行くのが、狩野選手ではないだろうか。今後も、歴戦の勇士の活躍を追っていく。

前編はこちら

狩野亮(Akira Kano)
1986年生まれ。北海道網走市出身。小学3年の時、事故により脊髄を損傷。中学1年より本格的にチェアスキーに取り組み、2006年トリノ大会からパラリンピックに3大会連続で出場。2010年バンクーバー大会ではスーパー大回転で金メダル、滑降で銅メダルを獲得。2014年ソチ大会ではスーパー大回転、滑降の2種目で金メダルを獲得。同年、春の叙勲で紫綬褒章受章。株式会社マルハン所属。

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー