スポーツ SPORTS

ゴルフより楽しいかも…トヨタ自動車が“ボッチャ”にはまった!【2020東京を支える企業】

宮本さおり

オリンピック、パラリンピック、スペシャルオリンピックスこのすべてのワールドワイドなオフィシャルパートナーシップを持つのは現時点ではトヨタのみだ。そのトヨタは、国内では「日本ボッチャ協会ゴールドパートナー」と「日本車いすバスケットボール連盟オフィシャルスポンサー」としての支援も行っている。

ゴルフではなく「ボッチャ」を

パラスポーツ支援についてのトヨタ自動車の働きは、従業員による応援や運営ボランティア、全国各地の販売店を通じた競技の普及活動など、直接的なサポートも含めた多彩な活動が特徴だ。なかでも、従業員間での熱が高まっているのがボッチャ。障がいの有無や年齢、性別に関係なく楽しめるスポーツとして近年その知名度を上げているスポーツで、HERO Xでもたびたび紹介しているこのスポーツに従業員も首ったけになりだしたというのだ。

「オール経済界でオリパラを盛り上げる『オリンピック・パラリンピック等経済界協議会』の活動も進めており、弊社社長の豊田が会長を務めています。色々な垣根を越えてオリンピックとパラリンピックの精神を皆で学ぼうという試みの一つとして、昨年から、企業対抗のボッチャ大会Office de Bocciaを開きはじめたところ、すごい人気になりまして、東京、名古屋、仙台、福岡など全国主要都市ですでに何度か大会を開いており、弊社も参加させていただいております」と話すのは、トヨタ自動車でオリンピック・パラリンピック部 部長を務める伊藤正章氏。自身もなかなかの腕前だ。社内予選や、会社を越えた事前練習会を経て臨むチームもあり、さながら企業の選抜。各社工夫をこらしながら「オフィスでボッチャ」に取り組む。

これからはゴルフよりボッチャ!と笑顔で語る伊藤氏

トヨタでは愛知・東京の本社ビル内のレストランやロビー等にボッチャのコートを作り、従業員やお客様が気軽にボッチャを体験できるよう取り組んでいる。また、販売店の一部にコートを設け、車の購入に訪れた家族づれなどが楽しんだり、地域のパラアスリートの練習の場を提供したりしている。「こうした販売店内のボッチャスペースは今後も増やしていけたらと思っています」。今では各エリアともに社内の大会が行われるほど人気に。「経済界協議会のみなさんともこれからはゴルフではなくボッチャで交流をなんて呼びかけています」()

観戦でパラスポーツを盛り上げろ

トヨタ自動車の東京本社のロビー。ボッチャコートの反対には車椅子バスケットボールの展示がされていた

ボッチャのように自ら体験することでパラスポーツに親しむ方法以外に、応援という形でのパラスポーツの盛り上げにも力を注ぐ。アルペンスキー、陸上、水泳など、トヨタ自動車やグループ企業に在籍する従業員パラアスリートが出場する大会の応援を従業員に呼びかける取り組みも行っている。また、競技団体を支援しているボッチャや車いすバスケットボールを中心に、幅広く大会情報を社内で発信、従業員のパラスポーツ観戦の機会を増やしている。

本社のある豊田市で2017年に開催されたジュニア車いすの全国大会では約6000人のトヨタ自動車やグループ企業の従業員が観戦に訪れた。この大会、例年の観客数は数百人程度。会場を埋め尽くす歓声に「スゲー」と目を輝かせてプレーする未来のパラリンピアンたち、自然と試合も熱くなる。

「選手や連盟の方からは、かなり画期的なことだと言っていただきました。海外のジュニア大会で満席になることはあっても、日本ではまだ稀だそうです。はじめは見に行くようにと会社から従業員に動員をかけていても、2、3度見ると自発的に見に行く従業員が出てきます。パラ競技を広めるには、まず見て、触れて、知ることからではないでしょうか」と伊藤氏。そして、観客として見ることも、パラスポーツとの関わりのひとつではないかと話す。「半分仕事だと思って関わりはじめた従業員も、自分から楽しむようになっています。特にボッチャ、人気はすごいですよ」東京本社ロビーに設けられたボッチャコートで球を振りながら、笑顔で答えてくれた伊藤氏。各社の取り組みにより、ボッチャ旋風が巻き起ころうとしている。

(text: 宮本さおり)

(photo: 河村香奈子)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

東京2020 パラリンピック競技大会日本代表選手記事総ざらい①

まもなく迎える東京2020パラリンピック。HERO Xで過去に掲載したパラリンピック選手にまつわる人気記事を紹介する。

“マーダーボール(殺人球技)”のジャンヌ・ダルク。
日本代表、史上初の女性選手【倉橋香衣:HEROS】

選手同士がタックルを繰り返し、ぶつかり合う『車いすラグビー』は、あまりの激しさから「マーダーボール(殺人球技)」という異名を持つ、男女混合の団体球技である。この記事では、そんな猛々しい競技で、日本代表史上初となる女性選手に選ばれた倉橋香衣選手の魅力に迫る。「その激しさに惹かれた」と語る倉橋選手へのインタビューを、生き生きとした練習風景とともに伝えている。

記事を読む▶“マーダーボール(殺人球技)”のジャンヌ・ダルク。日本代表、史上初の女性選手【倉橋香衣:HEROS】

次は、あの国を倒して金を獲る!
ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔

車いす同士が衝突し合う凄まじい競技『車いすラグビー』。2016年リオパラリンピックで強豪カナダを倒し、銅メダルを獲得した日本は、世界の強豪国からも一目置かれる存在だ。東京2020では、日本史上最強と評されるチームで金メダルをめざす。記事では、そんな最強チームのポイントゲッターであり、「世界の猛者6人の1人」と国際パラリンピック委員会に讃えられる、池崎大輔選手に話を伺った。圧倒的な覚悟がにじみ出る彼の言葉に注目したい。

記事を読む▶次は、あの国を倒して金を獲る!ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔

一体、どこまで強くなる?
車いすテニスの絶対王者、
国枝慎吾の“大改革と野望”【HEROS】

2006年に初の世界ランキング1位を獲得し、五輪では2008年北京パラリンピック(シングルス)と2012年ロンドンパラリンピック(シングルス)で金メダル、そして前回の2016年リオパラリンピック(ダブルス)で銅メダルと実績を重ね、世界にその名を轟かせる車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾選手。東京2020大会ではパラリンピック日本選手団の主将を務める。幾多の困難を不屈の精神で乗り越え、強くあり続けてきた原動力とは。地道な努力の日々、アスリートとしての心構え、競技への思いなどを語る。

記事を読む▶一体、どこまで強くなる?車いすテニスの絶対王者、国枝慎吾の“大改革と野望”【HEROS】

車いすの女王 土田和歌子。
驚きのトライアスロン
転向宣言までの舞台裏【HEROS】

アイススレッジスピードレースから車いす陸上競技で、パラリンピックには1998年の長野大会から2004年のアテネ大会まで、夏冬通算7大会に出場、計7個のメダルを獲得し、パラアスリートとして最前線を走り続ける十和田和歌子選手。2018年にマラソンからトライアスロンへの転向を宣言し、東京2020大会ではトライアスロン女子(車いす)・陸上女子マラソン車いす(T54)に出場する。トライアスロン転向宣言から間もないインタビューで、十和田選手は、パラアスリートとしてのこれまでの歩み、トライアスロンとの出会い、そして東京2020に掛ける強い意気込みを語ってくれた。

記事を読む▶車いすの女王 土田和歌子。驚きのトライアスロン転向宣言までの舞台裏【HEROS】

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー