コラボ COLLABORATION

【mirai.Response】注目トピックスBEST 5

モビリティ・スマートシティビジネスメディア「mirai.Response」の注目トピックスをお届けします。

上海汽車の海外販売が躍進
前年比6割増の3万7500台 欧州で新エネ車好調

上海汽車が海外での自動車販売を加速させています。昨年度通年で39万台を欧州及びアジアなどの新興国で販売しており、特筆すべきなのは欧州での電動車販売によりCO2排出クレジットを獲得し、その取引で4000万ユーロ(約52億円)以上の利益を上げているしたたかさ”でしょう。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/25/1505.html

VWグループ、AIに特化した研究開発施設を開設…
デジタル化や自動運転に対応

VWグループは今年EVの納車台数を倍増する計画を立てて株価が急騰しましたが、デジタル化や自動運転に関する取組みにも力が入っています。こうした自動車業界のトレンドに対する素早い対応力はさすがだと言えます。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/30/1572.html

吉利汽車が新しいプレミアムEVブランド
「ZEEKR」を発表

プレミアムEVに対する世界的な需要は日に日に高まっており、かつ競争も激化しています。プレミアムEVブランドの筆頭であるテスラに加えて、ドイツ三強もEVモデルを続々と市場投入。ジャガーやボルボも完全EV化宣言をしており、更にはNIOやルーシッド・モータースといったEVスタートアップも存在感を高めています。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/30/1567.html

国内二輪4社が交換式バッテリーと
ステーションの技術仕様で合意…
狙いは原付き一種・二種でフリートから街乗りまで

二輪業界においても電動化の動きが加速しています。国内二輪大手4社(ホンダ・川崎・スズキ・ヤマハ)は、交換式バッテリーおよびステーションの技術使用で合意。協調領域を各社で合意し、限られた開発リソースをその他の競争領域に活かす狙いもあるとみられます。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/29/1546.html

ポルシェのEVスポーツ『タイカン』、
初の無線ソフト更新…新機能の後付けも可能に

ポルシェといえば自動車の基本制御機能である「走る・曲がる・止まる」で突出しているという印象がありますが、コネクテッドの波にも素早く対応しています。販売開始されて間もないピュアEVスポーツカーである「タイカン」において、車両制御機能のアップデートやサブスクリプションによって機能追加が可能になると見られます。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/26/1524.html

(TOP画像引用元:mirai.Response)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

HEROQUEST ワクワクする聴く冒険プログラム#72, #73

HERO X 編集部

ワクワクする未来の社会を創造する聴く冒険プログラムをお届けする。ZIP FM オフィシャルPodcast番組「HEROQUEST」。この番組では、「社会の課題」を解決し、「未来の社会」のインフラを整える開発者やエンジニア、起業家たちを「HERO」として迎え、いま、起きている「進化」の最前線を紹介する。

今回のテーマは「日本の未来」。今回は脇雅昭さんをゲストに迎え、公務員が担う仕事や役割を伺いながら、日本の未来を考える。2008年に総務省に国家公務員として入省、現在は神奈川県庁に出向し、理事を務めている脇さん。“同い年”がきっかけで出会い、交流のある番組パーソナリティの杉原行里(HERO X編集長)が、脇さんのキャリアヒストリーを紐解いていく。
「日本を元気にしたい」という思いから、総務省の国家公務員を目指した脇さん。公務員としての仕事のほかにも「よんなな会」や「オンライン市役所」を立ち上げ、全国47都道府県の公務員をリアル・オンラインで繋ぎ、コミュニティづくりの活動を続けている。そんな人と人とを繋げる活動を始めたきっかけや最新の活動状況、脇さんの思いに迫る。

<ゲストプロフィール>
脇雅昭
神奈川県理事(未来戦略担当)。よんなな会発起人。
1982年生まれ、宮崎県出身。2008年総務省に入省。現在は神奈川県庁に出向し、官民連携等の取り組みを進めている。プライベートでは、国家公務員と47都道府県の自治体職員が、ナレッジや想いを共有する「よんなな会」「オンライン市役所(https://www.online-shiyakusho.jp/)」を立ち上げるなど、地方創生のためのコミュニティ基盤づくりを進めている。

脇氏を取材した過去の記事はこちら ▶ http://hero-x.jp/article/10857/

「HEROQUEST」はポッドキャストで無料配信中
------------------------------------------
未来の社会をデザインするHEROを迎える【聴く冒険プログラム】。
今回お迎えするHEROは
神奈川県庁:理事、脇 雅昭さんです。

【脇 雅昭さん】
総務省から出向し、神奈川県庁で勤務。
47の都道府県の地方公務員と中央省庁で働く官僚が集まる
「よんなな会」を主宰する他、「オンライン市役所」など、
さまざまなアクションを展開。宮﨑大学・客員教授。

【今回の冒険の目次】
◇公務員のお仕事って、どんなお仕事?
◇国家公務員を目指した理由は「日本を元気にしたい!」
◇HEROが憧れた”HERO”とは?
◇自己紹介より「他己紹介」がコミュニケーションを高める!
◇「日本の未来」を進化させるポテンシャルとは?!
◇心理的安全性が新たなコミュニティの「場」を生む!
◇「課題の可視化」を実現するコミュニティの創り方

人口の3%を占める「公務員」のみなさんのお仕事と役割を学びながら
日本の「未来」を考える冒険です!
ぜひ、ご参加ください!

https://podcast.1242.com/show/zip-fm-original-podcast-%e3%80%8eheroquest%e3%80%8f/?fbclid=IwAR3OQc3Gpc-XhTLmiz3yk1ZZAOS41wFgXcCB45jDeMHfKsqkkp58TxP8pQ4

-------------------------------------------
次回のゲストは、ANAホールディングスのデジタル・デザイン・ラボで、ドローンの事業化に取り組む保理江裕己さん。順次放送を開始する。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー