コラボ COLLABORATION

駆け抜けた2019年、年末振り返り!【HERO X RADIO vol.21】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第21回のアーカイブ動画を公開、また次回の公開収録は12月27日(金)となっている。

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

−−−−
第21回 HERO X RADIO 放送内容:You Tube
−−−−

第21回目の放送となったHERO X RADIO。プロデューサー佐藤の服装についての話題を交えて和やかな雰囲気でスタート。Webから飛び出してもうすぐ1年を迎えようとしているHERO X RADIOを、記念すべき第1回目から振り返っていった。

各回のトークテーマにとどまらず、ゲストやプロジェクトの現在の動きにまで言及しながら様々なトークを繰り広げていったため番組進行を変更するほどに話が白熱。聞きごたえのあるボリューミーな内容となった。コンテンツ同士を「かけ算」していくことで生み出してきた新しいプロジェクトが着実な広がりを見せてきていることを強く実感しているようなプロデューサー佐藤と編集長杉原のトーク。盛りだくさんとなった1年間のトピックス内容に驚愕する2人。しかし裏ではまだまだ多くのプロジェクトが動いているというから驚きだ。そんな多角的な活動をしてきた杉原がリスナーの皆さんにおすすめしたいこと⁉が︎あると言う。1年間の自分の成長を実感するために、杉原が続けている取り組み「person of the year」とはいったい…?

来る2020年を「自分たちがやってきたことに価値を見出してくれた人たちに、なにかしら幸せな生活を付与する契機にしていきたい」と語る熱量には誰もが圧倒されるだろう。「来年も休みなし!自分が動けばいろんなことが最大化できる」と意気込む佐藤に来年の抱負を聞かれた杉原は「力の限り頑張ります!」と力強く宣言した。

HERO Xの来年の動きに期待が高まるトークとなった。

−−−−
過去の放送はこちらYouTube
−−−−

次回は年内最後のオンエア。第22回の放送は12月27日(金)13時~。
ゲストはHERO Xウェブディレクターの片岡良太。どうぞご期待ください。

片岡良太(かたおか・りょうた)
WEB・APPの便利屋さん。WEBの制作、サーバー構築、広告運用、APP開発が事業領域。 別軸で子供向けフォトスタジオの運営。2012年に株式会社make senseを起業。HERO X WEBディレクター。

−−−
HERO X RADIO
毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 ONAIR
http://shibuyacrossfm.jp/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

HEROQUEST ワクワクする聴く冒険プログラム#56#57

HERO X 編集部

ワクワクする未来の社会を創造する聴く冒険プログラムをお届けする。ZIP FM オフィシャルPodcast番組「HEROQUEST」。この番組では、「社会の課題」を解決し、「未来の社会」のインフラを整える開発者やエンジニア、起業家たちを「HERO」として迎え、いま、起きている「進化」の最前線を紹介する。

今回のテーマは「ドラえもんと暮らす未来」。ゲストは、AI研究者の大澤正彦さん。物心がついた頃から「ドラえもんを創りたくてしょうがなかった」という大澤さん。そんな大澤さんは現在「リアルドラえもん」ロボットの実現を目指して開発を進めている。だがなぜそれほどドラえもんに魅かれたのか。

大澤さんは、困ったことがある時や、悩みがある時「助けて」と声を上げるのび太。それを解決してくれるドラえもんに惹かれたのだと話す。そんな大澤さんが創りたい「ドラえもん」とはどんなものなのか。2014年から30年計画で進めているリアルドラえもん開発プロジェクト、最新の開発状況についても解説してくれた。後半の放送ではロボット研究チームの組織形成、またChat GPTを筆頭に全世界が注目する生成型AIの可能性にも迫る。

<ゲストプロフィール>
大澤正彦
1993年生まれ。日本大学 文理学部情報科学科・准教授、AI研究者。2014年、慶應義塾大学在学中に、脳や人工知能,そしてそれらが与える影響について興味がある全ての人のためのコミュニティ「全脳アーキテクチャ若手の会」を設立。2017年5月まで代表を務め、現在も運営に関わる。次世代社会研究センター(RINGS) センター長。「Forbes JAPAN 30 UNDER 30」にも選出されたイノベーター。

「HEROQUEST」はポッドキャストで無料配信中
------------------------------------------
PODCASTプログラム #HEROQUEST はニッポン放送PODCAST STATIONで無料配信中

未来の社会をデザインするHEROを迎える【聴く冒険プログラム】。
今回お迎えするHEROはAI研究者で
リアルな「ドラえもん」の開発を展開する
大澤正彦さん。
【大澤正彦さん】
・日本大学 文理学部 情報科学科 准教授
・次世代社会研究センター(RINGS) センター長
・「Forbes JAPAN 30 UNDER 30」にも選出されたイノベーター

そんな大澤さんが「ドラえもん」を創る!と志したのは、なぜなのか?!
【今回の冒険の目次】
●ドラえもんは、現代社会の鏡?!
のび太君のように「助け」を求められる友人はいますか?
●感情のあるロボットがいる暮らしの未来
●ドラえもんの頭は「かたい?」「やわらかい?」
正解は「アナタ」の中に?!
●100億人でつくるのが「ドラえもん」
夢ではなく「現実」の世界で
あのドラえもんと暮らす未来がやってくるのか?!
そのドラえもんの開発プロジェクトの
最前線を大澤さんに解説していただきます!

https://podcast.1242.com/show/zip-fm-original-podcast-%e3%80%8eheroquest%e3%80%8f/?fbclid=IwAR3OQc3Gpc-XhTLmiz3yk1ZZAOS41wFgXcCB45jDeMHfKsqkkp58TxP8pQ4

-------------------------------------------
次回のゲストは、年齢・性別・運動神経に関わらず誰もが楽しめるスポーツの開発・普及に取り組む、世界ゆるスポーツ協会代表理事の澤田智洋さん。順次放送を開始する。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー