福祉 WELFARE

こんなところからリフトが出現!? スパイ映画に出てきそうな車いす用リフト

川瀬拓郎|Takuro Kawase

こんなに近未来的でスタイリッシュなリフトを見たことがあるだろうか? こちらは人通りの多いロンドン・パディントンのとあるビル。エントランスに通じる大理石で作られた階段の一部が、引き出しのように水平にスライドして内部に格納され、地面からは車いす用リフトが現れる。そして、落下防止用の囲いがあるリフトが昇降して、車いす利用者を安全にエントランスへと導く。

まるでスパイ映画の秘密基地に出てきそうな斬新な仕組みと、スタイリッシュなデザインが同居したこのリフトは、英国セサミ社が開発したセサミ・アクセスである。1996年にロンドン・スレッドニードル街のMerchant Taylor’s Hallに初めて導入され、現在では英国内はもちろん海外まで広く採用されている。国内ではオックスフォード大学、ケンブリッジ大学、イングランド銀行、海外ではオーストラリア・シドニーのオペラハウス、カタールの国立図書館など、広範な納入実績を誇る注目企業なのだ。

その特徴は、歴史的建築物の美観を損ねることなく、設置スペースの問題もクリアする独自の機構にある。アイルランド・ウェストミンスターで採用されたセサミ・アクセスはその好例。厳かな雰囲気と美しい祭壇の造形美を損なうことなく、カーブした階段からリフトが出現するのだ。

あらゆる建築物や階段にも対応するセサミ・アクセスは、車いす利用者の利便性を高めると同時に、リフト設置の諸問題をクリアすることを可能としたのだ。その革新的な機構と優れたデザイン性が高く評価され、2016年にはクイーンズ・アワーズを受賞。バッキンガム宮殿で行われた式典では、女王陛下にもその功績が認められたほど。

スタイリッシュかつ安全、そして利用者と設置者の双方に嬉しいリフトが、今まであっただろうか? 来たる東京2020を前に、日本でもこうしたイノベーションが導入され、広く普及することを期待したい。

https://www.sesameaccess.com/

[TOP動画引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=27&v=tXHY6WbTShA

(text: 川瀬拓郎|Takuro Kawase)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

福祉 WELFARE

マチュピチュも車いすで行ける!世界横断ツアーをH.I.S.が販売

HERO X 編集部

体が不自由になるとあきらめがちなのが海外旅行。だが、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれるツアーをH.I.S.が発表した。ペルーのマチュピチュなど、世界遺産を杖や車いすで巡る世界横断17日間の旅。車いす介助のトレーニングやバリアフリー研修を受けた看護師免許を有するスタッフが同行、心置きなく旅を楽しむことができるという。

販売されたのは世界4大陸8つの世界遺産をめぐるパッケージツアー。ペルーのマチュピチュと言えば、足場の悪い山岳地帯。ここも車いすで訪れることができるというのだから驚きだ。車いす利用者1人に対して現地のアシスタントを2人つけ、遺跡の中まで案内する。アメリカではロサンゼルスに滞在、飛行機を使い日帰りで世界遺産のグランドキャニオンを巡る。イギリスのロンドンでは、バッキンガム宮殿や美術館、博物館を見学、アフリカのケニアでは野生動物の楽園、アンボセリ国立公園を訪問する予定だ。

H.I.S.ではこれまでも「だれもが、いつでも、自由に」をコンセプトに専用のユニバーサルツーリズムデスクを設けてバリアフリー旅行を積極的に行っていたが、世界一周という規模のパッケージ商品を販売するのはこれがはじめてのことだ。体に障がいを持つ人を対象に参加者を募る「たびのわツアー」のひとつとして販売を開始、8名限定の少人数にすることで、きめの細かいサービスを実現させた。

現地での様子は添乗員がTwitterで実況中継、日本に残る家族にも様子が分かるため、安心だ。旅行行程は杖や車いすユーザー向けにゆったりと組まれており、添乗日数1000日以上・渡航国数50ヶ国以上で、看護師資格を持つベテラン添乗員が同行するのも心強いポイントだろう。出発は2019年3月25日(月)を予定。羽田発、成田着でビジネスクラス320万円、エコノミークラス240万円。「バリアフリーたびのわ」ではこのほか、温泉や離島を訪ねる国内旅行なども販売している。詳しくはH.I.S. ユニバーサルツーリズムデスク電話 03-5360-4761へ。

https://www.his-barrierfree.com/LP/world/

(画像提供:H.I.S.

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー