スポーツ SPORTS

次は、あの国を倒して金を獲る!ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔 前編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

車いす同士がぶつかり合う猛烈なコンタクトプレーで知られるウィルチェアーラグビー。選手たちがタックルを繰り返す度、コートには無骨な衝突音が鳴り響き、車いすごと吹っ飛び、転倒するとさらに激しい重低音がとどろき渡る。「マーダーボール(殺人球技)」や「車いすの格闘技」とも呼ばれるこの凄まじい競技において、日本代表チームは、2016年リオパラリンピックで強豪カナダを倒し、銅メダルを獲得した。我が国史上最強と評されるチームの主幹をなすのが、「世界の猛者6人」の1人と国際パラリンピック委員会が発表し、今や、世界の強豪国がマークする天下無双のポイントゲッター・池崎大輔選手。チーム一丸となって、東京2020で金メダル獲得を狙う池崎選手に話を伺った。

嬉しさ半分、悔しさ半分。
だって1位じゃないから

リオパラリンピックの3位決定戦では、ウィルチェアーラグビー発祥の国であり、過去3大会でメダルを獲得した強敵カナダと対戦した日本代表。2点差、3点差を行き来する接戦の中、池崎選手は、破竹の勢いで多くの得点を決め続けた。彼が自陣でボールをキープしたまま、会場にはブザーが鳴り響き、試合終了。その合図と共に、ボールを宙に高く打ち上げると、キャプテンの池透暢(いけ・ゆきのぶ)選手がタックルの勢いで走り寄り、2人は抱き合って勝利に歓喜した。4大会連続の出場で、初めて手にした悲願の銅メダルだ。

「勝った時に仲間と喜びを分かち合えたのが、一番楽しい瞬間でした。でもその感動は一瞬です。リオでの結果は、嬉しさ半分、悔しさ半分。だって、1位じゃなくて3位ですから。目指すところには、まだたどり着けていないわけです」

リオ大会直前の7月中旬に行われた合宿中に、右掌の舟状骨を骨折するというアクシデントに見舞われた池崎選手。だが、その事実は一切公開せず、骨折部分をボルトで留めた状態で本番に挑んだ。

「8月はほとんど(練習やトレーニングを)やらなかったし、現地での練習試合にもほぼ出ていない。葛藤はもちろんありました。1ヶ月も休んだら、アスリートとして終わりじゃないですか。でも、ロンドンでの悔しさをバネに4年間やってきた中で、出場しないという選択肢は僕の中になかったし、今ここで諦めたら、また4年後までのモチベーションは、絶対に保てない。痛ければ、痛み止めを打てばいいし、大会の後にどうなってもいいやと思っていました。チームとしても、“池崎がいなくても、チームとしていかに強くなるかを考える。池崎が戻ってきた時にさらに強くなる”というポジティブな体制でいてくれました。良かったのは、みんなのやる気が、俄然増したことです」

「もしかすると、池崎選手が骨折したことによって、銅メダルが獲得できたのでは?」と尋ねると、「多分、折ったから獲れたんじゃないですか(笑)。もし折れていなかったら、金を獲れたかもしれないけれど。結果的には、良い方向に行けたんじゃないかなと思います。

リオから帰ってきて、友人や会社に勝利報告をしに行くのが楽しみの一つでした。また会社で実施してくれたパブリックビューイングの様子を映像で見た時には、社内の応援に声に胸が打たれました。今でも感動しますが、でもやっぱりそれは過去のことになってしまったんです」

世界に1台。
チェアスキル&スピード重視の
ラグ車“
池崎モデル”を愛用

「ウィルチェアーラグビーは、勝つか負けるかの真剣勝負。楽しいという概念は、僕には必要ない」と池崎選手はきっぱり言う。「綺麗さなんかいらない。泥くさくていい。男くさくていいんですよ。男らしい競技だと思っているので。だから、汚れて傷だらけのラグ車がすごく好きなんです」。ラグ車とは、ウィルチェアーラグビーの競技用車いすのこと。現在、池崎選手が使用しているラグ車は、チェアスキルやスピードを重視したハイポインター用のカスタムメイドだ。

ラグ車そのものは、アメリカのメーカーが手掛けているが、リオ大会前から、バケットシートの開発は、世界中のトップアスリートが慕う大阪のアニキ技師こと、川村義肢株式会社の中島博光さんに依頼している。中島さんといえば、チェアスキー界をけん引する日本の強豪選手のシート開発で知られる名手。ウィルチェアラグビーのシート特有のこだわりは、どんなところにあるのだろうか。

「形は、チェアスキーと一緒ですね。ただ、ウィルチェアーラグビーの場合、衝突、転倒などがあるので、強度も踏まえたカーボン素材を選んでいます。僕のシートは、樹脂(ウェットカーボン)製です。自分が求めているパフォーマンスという視点で言うと、操作性や当たりの強さはやっぱり(オーダーで作ったラグ車の方が)断然良いですね。今、ちょっと攻めた仕様の改良を加えていただいた新車が中島さんのところにあって、近々、2泊3日で試乗に行く予定です。セッティングは、すぐにできるものではなく、乗って走ってを繰り返すことで見えてくるので。東京2020に向けて、さらに精度を上げて、しっかりしたものに仕上げていきたいと思っています」

ラグ車は“しつけ”が肝心!?

「新車は綺麗すぎて、乗るのが恥ずかしい」と言う。だが、2~3試合を終える頃には、最大衝撃値が20G、30Gとも言われる強い衝突などによって、池崎選手好みの“汚れて傷だらけのラグ車”へと姿を変えていく。

「手や頭が間に挟まったら、多分、ぺしゃんこになると思います。僕は、バケットシートと車いすにスプリングを入れています。強い衝突があった場合は、それで吸収されて少し戻る仕様になっています」

強靭なラグ車は、猛者たちの良きパートナー。強者同士がタッグを組めば、まさに「向かう所敵なし」。だが、その境地にたどり着くまでには、多くの時間と根気を要する。

「ラグ車って、1対1でちゃんとしつけをしておかないと言うことを聞いてくれないんです。乗せられているようじゃ、優れたパフォーマンスは発揮できない。だから、できるだけ多くの時間を一緒に過ごして、可愛がらないといけない。しかも、やきもちを焼くので、予備を用意するのはダメ。1台だけ労を厭わず、可愛がるんですよ」

後編では、池崎選手の心に強く刻まれた「東京2020で金メダルを勝ち取るために、達成すべきこと」にスポットを当てたインタビューをお届けする。

後編につづく

池崎大輔(Daisuke Ikezaki)
1978年1月23日生まれ。北海道函館市出身。6歳の時、末梢神経が侵されて筋力が低下する進行性の神経難病、シャルコー・マリー・トゥース病と診断される。17歳の時、車いすバスケットボールを始める。2008年ウィルチェアラグビーに転向し、2009年北海道Big Dippersに入団。2010年4月、日本代表に選出され、8月の世界選手権(カナダ)では3.0クラスのベストプレイヤー賞を受賞し、代表チームは銅メダルを獲得。2012年ロンドンパラリンピックで4位入賞、2014年8月の世界選手権(デンマーク)で4位入賞したのち、2015年10月の三菱商事2015 IWRFアジアオセアニアチャンピオンシップで優勝を果たし、リオパラリンピック出場権を獲得。3.0クラスベストプレーヤー賞及びMVPを受賞した。2016年リオパラリンピックでは3位決定戦でカナダを破り、銅メダルを獲得。2016年より三菱商事株式会社に所属。

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

日本一かっこよく義足を履きこなすパラアスリート、佐藤圭太【HEROS】

朝倉奈緒

陸上競技で活躍する義足のパラアスリート、佐藤圭太選手。ロンドンパラリンピック4×100mリレー4位入賞、リオパラリンピックでは同種目で銅メダルを獲得。東京2020でもメダルが期待される彼が東京・豊洲でトレーニングを行うという噂を聞き、早速駆けつけた。台風一過の晴天の元、静寂に包まれた新豊洲Brilliaランニングスタジアムで一人走る姿を追いつつ、活躍ぶりを伺った。

「負ける気も負けるつもりもない」
意志で挑む、東京2020

佐藤選手は昨年9月に福島で開催された「2017ジャパンパラ陸上競技大会」で、100m、200m、走り幅跳び競技において1位(T44クラス)という好成績を収めた。しかし、「満足のいく走りができましたか?」という問いには「そうでもない」と意外な返答が。新しい義足で挑んだところ、板部分の反発の感覚を掴みきれず、スタート時の角度が高くなり、体が起き上がってしまったそうだ。そのため、効率よく加速できるスタートダッシュが行えなかったのである。義足10年選手の佐藤選手であっても、義足のアスリートにとって、競技用義足をいかにマスターするかが、タイムを縮める大きな鍵となるのだ。

メダルが期待される東京2020まであと2年となったが、同大会では、リレーの選抜方法が変わり、男女混合リレーが初めて採用されることになった。これまでは、佐藤選手のいる「切断」を含む種類のクラスから4名選出されていたが、東京2020では障がいクラスがミックスされ、選手たちにとってはより厳しい選抜形式になる

そんな佐藤選手のライバルともいえるのが、池田樹生選手。大学(中京大)の後輩で、同じ障がいクラスの義足義手のアスリートだ。池田選手もXiborgの義足を履いており、2016年ジャパンパラ陸上競技大会の400m部門で佐藤選手の持つ日本記録を更新し、金メダルを獲得した。「負ける気も負けるつもりもない」と意気込む佐藤選手だが、その表情は後輩の顔を想像してなのか、心なしか穏やかだ。

ちなみにリレー種目においては、走順も大きなポイントとなる。佐藤選手は第2走者だが、基本的に4×100mリレーは第1,3走者が曲線、第2,4走者が直線コースを走る。義足の選手はカーブ走行が苦手な傾向があるため、腕などの上肢にハンディのある選手が第1,3走者となるのだそう。パラスポーツならではの連携プレーが試される競技であり、パラスポーツ観戦を楽しむ醍醐味ともいえる。

「義足」ばかりが注目されるべきではない。
「義足の図書館」がきっかけで社会に働きかけたい思い

この日取材に訪れた新豊洲BrilliaランニングスタジアムXiborgラボ内には、佐藤選手もチームの一員となっているクラウドファンディングプロジェクト「義足の図書館(http://hero-x.jp/movie/603/)、2017年10月中旬にオープンしたばかり。愛知県豊田市に本社があるトヨタ自動車の正社員である佐藤選手も、オープンしてから初めてこの場所を訪れた。

佐藤選手がこのプロジェクトの一員となったのは、発起人であるXiborg社の遠藤謙さんからの声掛けだ。はじめは迷いもあったそうだが、プロジェクトの内容に共感し、何より自分自身が楽しめそうだと思い、参加することにしたのだという。「ここはあくまでも拠点として、いいきっかけづくりができたらと思います」と、佐藤選手はプロジェクトの構想について話しはじめた。

「例えば義足で生活している子どもが、日常用の義足で走ることが好きになれるか?といえば、難しいと思います。体育の時間でも、他の子と同じようには走れず、それが苦痛な時間になってしまう。僕は競技用の義足を15歳のとき初めて履きましたが、『もう一度走ることができるかも』と、すごく嬉しい気持ちになった。日常用の義足では『走るのは無理だな』と諦めていたのですが、競技用の義足は弾むように走ることができて、走ることの楽しさを思い出したんです」

日常用の義足は、生活必需品なので保険が適応され、自己負担金が少ない。一方、競技用の義足は“趣味のもの”扱いになり、保険適応外となるので、高額な義足を個人が購入するにはかなり負担が大きくなるのだ。

「これは義足だけでなく、例えば競技用の車いすにも、同じような取り組みができると思います。『義足の図書館』が社会にそのようなアピールをするきっかけのひとつになればと感じています」

義足を体験!

目の前にこれだけの種類の義足があるのに、健常な足がある限り、どれも試せないなんて….。と悔しさを思わず言葉にした筆者に、佐藤選手は子ども用ではあるが、義足を体験するための機器を試させてくれた。両足を固定されるので最初は立つのもやっとではあったが、体験義足でスタジアム内のトラックを思い切り駆け抜けた。「気持ちいい!楽しい!…そして、重い」というのが率直な感想。「重い」というのは、自分の体重に合った義足であれば、克服できるとのこと。(子ども用の義足は私の体重に対してバネの反発力が小さかったようだ)

義足のパラアスリートは、義足をどれだけ使いこなせるかがポイントとなる。身体的な要素よりも技術的な要素が重要となり、それらの進歩によって一人の選手が現役でいられる年月も長くなる。佐藤選手は現在26歳。これから10年、20年と、グレードアップされる義足と共に、佐藤選手のテクニックも磨かれていくだろう。そして、未来には足の有無に関わらず、競技用の義足を履いてスポーツを楽しむ人たちで、スタジアム内は活気に満ち溢れているに違いない。

佐藤圭太(さとう・けいた)
1991年生まれ静岡県藤枝市出身。トヨタ自動車所属の障がい者陸上競技選手。種目は短距離(100m200m)、障がいクラスはT4415歳のとき右下肢にユーイング肉腫を患い、膝下15cm以下を切断。2012年ロンドンパラリンピックに出場し、4×100mリレーで4位、2014年仁川アジアパラ競技大会では100m200m4×100mリレー全ての種目で優勝。2016年リオパラリンピックでは4×100mリレーで銅メダル、2017年パラ世界選手権でも同種目にて銅メダル。100m200mにおける自己ベストでは、共にT44クラスにおいて日本記録、アジア記録を樹立している。東京2020での金メダル獲得に向けて猛トレーニング中。

(text: 朝倉奈緒)

(photo: 増元幸司)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー