スポーツ SPORTS

東京2020 パラリンピック競技大会日本代表選手記事総ざらい①

まもなく迎える東京2020パラリンピック。HERO Xで過去に掲載したパラリンピック選手にまつわる人気記事を紹介する。

“マーダーボール(殺人球技)”のジャンヌ・ダルク。
日本代表、史上初の女性選手【倉橋香衣:HEROS】

選手同士がタックルを繰り返し、ぶつかり合う『車いすラグビー』は、あまりの激しさから「マーダーボール(殺人球技)」という異名を持つ、男女混合の団体球技である。この記事では、そんな猛々しい競技で、日本代表史上初となる女性選手に選ばれた倉橋香衣選手の魅力に迫る。「その激しさに惹かれた」と語る倉橋選手へのインタビューを、生き生きとした練習風景とともに伝えている。

記事を読む▶“マーダーボール(殺人球技)”のジャンヌ・ダルク。日本代表、史上初の女性選手【倉橋香衣:HEROS】

次は、あの国を倒して金を獲る!
ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔

車いす同士が衝突し合う凄まじい競技『車いすラグビー』。2016年リオパラリンピックで強豪カナダを倒し、銅メダルを獲得した日本は、世界の強豪国からも一目置かれる存在だ。東京2020では、日本史上最強と評されるチームで金メダルをめざす。記事では、そんな最強チームのポイントゲッターであり、「世界の猛者6人の1人」と国際パラリンピック委員会に讃えられる、池崎大輔選手に話を伺った。圧倒的な覚悟がにじみ出る彼の言葉に注目したい。

記事を読む▶次は、あの国を倒して金を獲る!ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔

一体、どこまで強くなる?
車いすテニスの絶対王者、
国枝慎吾の“大改革と野望”【HEROS】

2006年に初の世界ランキング1位を獲得し、五輪では2008年北京パラリンピック(シングルス)と2012年ロンドンパラリンピック(シングルス)で金メダル、そして前回の2016年リオパラリンピック(ダブルス)で銅メダルと実績を重ね、世界にその名を轟かせる車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾選手。東京2020大会ではパラリンピック日本選手団の主将を務める。幾多の困難を不屈の精神で乗り越え、強くあり続けてきた原動力とは。地道な努力の日々、アスリートとしての心構え、競技への思いなどを語る。

記事を読む▶一体、どこまで強くなる?車いすテニスの絶対王者、国枝慎吾の“大改革と野望”【HEROS】

車いすの女王 土田和歌子。
驚きのトライアスロン
転向宣言までの舞台裏【HEROS】

アイススレッジスピードレースから車いす陸上競技で、パラリンピックには1998年の長野大会から2004年のアテネ大会まで、夏冬通算7大会に出場、計7個のメダルを獲得し、パラアスリートとして最前線を走り続ける十和田和歌子選手。2018年にマラソンからトライアスロンへの転向を宣言し、東京2020大会ではトライアスロン女子(車いす)・陸上女子マラソン車いす(T54)に出場する。トライアスロン転向宣言から間もないインタビューで、十和田選手は、パラアスリートとしてのこれまでの歩み、トライアスロンとの出会い、そして東京2020に掛ける強い意気込みを語ってくれた。

記事を読む▶車いすの女王 土田和歌子。驚きのトライアスロン転向宣言までの舞台裏【HEROS】

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

いよいよ開幕!メダルに挑む村岡桃佳選手を、ANAが特設サイトで紹介

宮本さおり

いよいよ開幕したピョンチャン2018冬季オリンピック・パラリンピック。現地は徐々に熱気に包まれている。パラリンピックもまもなく開幕、日本でもワールドワイドパートナー企業が続々と応援サイトを開設している。編集部が注目する村岡桃佳選手(早稲田大学)を羽生結弦選手(全日本空輸)と並べて紹介しているのは、ローカルパートナーであるANA(全日本空輸)が開設したピョンチャン2018冬季オリンピック・パラリンピックに出場する日本代表選手団応援の特設サイト。鮮やかなピンクのマシンに乗った村岡選手の背中はゴーグルをつけた瞬間、あどけない女子大生から力強いアスリートの背中へと変わっていく。白銀の世界に一人飛び出す村岡選手、ナレーションの「鳥に見えた」の言葉同様、まるで大空を駆け抜けるかのように白銀を滑る村岡選手の姿が心に浸みる映像だ。

そんな村岡選手は、ピョンチャン2018冬季パラリンピックで女子・座位のアルペンスキーで登場する。滑降、回転、大回転、スーパー大回転、スーパー複合の5種目に出場の予定だ。前回のソチでは初出場ながらアルペンスキー大回転で5位入賞を果たし、その後2017年3月に行なわれたW杯では金銀銅の3つのメダルを獲得、着実に力を伸ばしてきている。ピョンチャンでもメダル獲得に期待がかかる。アルペンスキー競技は10日からメダル争いが始まる予定だ。桃色のマシンに熱い視線を注ぎたい。

特設サイト:
https://www.ana.co.jp/tokyo2020/pyeongchang/

(text: 宮本さおり)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー