2019年のHERO X はマルチメディアに向けての動きを加速する。ホームであるWebマガジンから、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出す。その第一弾として、今週からラジオ番組をスタートする。

世界で一番ボーダレスなメディアを目指し創刊された Webマガジン『HERO X』では、これまでも、スポーツやプロダクト、テクノロジー、医療福祉の分野において、ちょっと先の未来がワクワクするようなコンテンツを紹介してきた。先週の編集長コラムでもご案内したように、今年は Web の世界を飛び出し、「リアル」に繋がるイベントや、コラボレーションを積極的に行なう予定だ。

リアルと繋がる第一弾として、今週1月25日(金)から Shibuya Cross-FM にて、ラジオ番組『HERO X RADIO』がスタート。

——–
HERO X RADIO
毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 ONAIR
http://shibuyacrossfm.jp/
——–

番組では、2020年以降の日本はどんな未来となるのか。よりボーダレスな社会にするためのイノベーションとは何かに迫る。パーソナリティーを務めるのは『HERO X』編集長の杉原行里。毎回、次世代を見据えて活躍する“HERO”をゲストに迎え、日本のあるべき未来をディスカッション、番組内で出たゲストとのアイデアのうち、より具体性のあるものについては製品やイベントに落とし込むことまで考えていく予定だ。この番組が、自分事化をより広め、体験できる、リアルな会議を行う場となるわけだ。進行役を務めるのは様々なプロジェクトや広告のプロデュースを手がけるマグネットの佐藤勇介氏。

小橋 賢児

初回のゲストはマルチな才能を発揮し、「Dîner en Blanc」「ULTRA JAPAN」など海外有名イベントの日本上陸成功に導いた牽引役のひとりとして活躍、それぞれのクリエイティブディレクターを歴任し、伝統を未来へ紡ぐプロジェクト、未来型花火エンターテイメント「STAR ISLAND」の総合プロデュースも務めている小橋賢児さん。職業の枠を飛び越えて才能を開花させている小橋さんと、プロダクトデザインの枠を超えた取り組みをする杉原、ふたりの間にどんなディスカッションが生れるのか、予想不可能な生トークをお楽しみいただきたい。