コラボ COLLABORATION

時代が変わる音が聞こえる。2019年WEBメディアを飛び出せ!

HERO X 編集部

2019年のHERO X はマルチメディアに向けての動きを加速する。ホームであるWebマガジンから、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出す。その第一弾として、今週からラジオ番組をスタートする。

世界で一番ボーダレスなメディアを目指し創刊された Webマガジン『HERO X』では、これまでも、スポーツやプロダクト、テクノロジー、医療福祉の分野において、ちょっと先の未来がワクワクするようなコンテンツを紹介してきた。先週の編集長コラムでもご案内したように、今年は Web の世界を飛び出し、「リアル」に繋がるイベントや、コラボレーションを積極的に行なう予定だ。

リアルと繋がる第一弾として、今週1月25日(金)から Shibuya Cross-FM にて、ラジオ番組『HERO X RADIO』がスタート。

——–
HERO X RADIO
毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 ONAIR
http://shibuyacrossfm.jp/
——–

番組では、2020年以降の日本はどんな未来となるのか。よりボーダレスな社会にするためのイノベーションとは何かに迫る。パーソナリティーを務めるのは『HERO X』編集長の杉原行里。毎回、次世代を見据えて活躍する“HERO”をゲストに迎え、日本のあるべき未来をディスカッション、番組内で出たゲストとのアイデアのうち、より具体性のあるものについては製品やイベントに落とし込むことまで考えていく予定だ。この番組が、自分事化をより広め、体験できる、リアルな会議を行う場となるわけだ。進行役を務めるのは様々なプロジェクトや広告のプロデュースを手がけるマグネットの佐藤勇介氏。

小橋 賢児

初回のゲストはマルチな才能を発揮し、「Dîner en Blanc」「ULTRA JAPAN」など海外有名イベントの日本上陸成功に導いた牽引役のひとりとして活躍、それぞれのクリエイティブディレクターを歴任し、伝統を未来へ紡ぐプロジェクト、未来型花火エンターテイメント「STAR ISLAND」の総合プロデュースも務めている小橋賢児さん。職業の枠を飛び越えて才能を開花させている小橋さんと、プロダクトデザインの枠を超えた取り組みをする杉原、ふたりの間にどんなディスカッションが生れるのか、予想不可能な生トークをお楽しみいただきたい。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

2020年、このラジオが変わる!?【HERO X RADIO vol.22】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第22回のアーカイブ動画を公開、また次回の公開収録は1月10日(金)となっている。

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

−−−−
第22回 HERO X RADIO 放送内容:You Tube
−−−−

第22回目の放送となった HERO X RADIO。これほど HERO X とチームRDSを熟知している人はいないのではないか?という理由で今年最後のゲストに選ばれたのはHERO Xのウェブディレクター片岡良太。

片岡良太(かたおか・りょうた)
WEB・APPの便利屋さん。WEBの制作、サーバー構築、広告運用、APP開発が事業領域。 別軸で子供向けフォトスタジオの運営。2012年に株式会社make senseを起業。HERO X WEBディレクター。

番組前半では、今年印象深かった HERO X ならびにチームRDS のトピックスをお届けした。片岡からは、ウェブディレクターならではの視点で「WF01」を話題に。RDS社の自社プロダクトを紹介した記事が注目されたことが思い出深いと喜ぶ片岡と、「そんな見方をしたことなかった! 他は?」と食い気味に感想を求めるプロデューサー佐藤。また、シーティングシュミレーター「SS01」についても印象深く、時代の潮目であり違う掛け算が始まっていくのを目の当たりにしたと片岡から語られた。

後半では、HERO X の今後についてそれぞれの視点から徹底討論! リスナー参加型ラジオの構想をどんどん膨らませていく3人。杉原からはチームRDS会議の展開の早さもリスナーに聞いてもらいたい!と挑戦的な意見も飛び出した。これも見せたい、この裏話も伝えたいと大盛り上がりのトークを聞けば、まさに話の展開スピードを目の当たりにするだろう。

「来年はチームRDS で突っ走ってやっていく!」と (少々噛みながらも) 佐藤が高らかに宣言。いよいよ来る2020年、ますます進化するHERO Xから目が離せない!

−−−−
過去の放送はこちらYouTube
−−−−

次回第23回となるオンエアは、1月10日(金)13時~。
ゲストは本多達也さん。昨年より進化した (?) 放送をどうぞご期待ください!

本多達也(ほんだ・たつや)
1990年 香川県生まれ。大学時代は手話通訳のボランティアや手話サークルの立ち上げ、NPOの設立などを経験。人間の身体や感覚の拡張をテーマに、ろう者と協働して新しい音知覚装置の研究を行う。2014年度未踏スーパークリエータ。第21回AMD Award 新人賞。2016年度グッドデザイン賞特別賞。Forbes 30 Under 30 Asia 2017。Design Intelligence Award 2017 Excellcence賞。現在は、富士通株式会社にてOntennaプロジェクトリーダーを務めている。

−−−
HERO X RADIO
毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 ONAIR
http://shibuyacrossfm.jp/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー