先日、Facebookのタイムラインを流し見していると、おもちゃの“マジックハンド”に似た物を手に装着した、なんともキャッチーな子供のビジュアルが目に飛び込んできた。時代とともにおもちゃも進化するのだなと、懐かしみながら画像をクリックしてみると、形状こそ似ているもののイメージしていたそれではなく、プラスティックのような材質で出来たカラフルな義手であった。

自らも左手に障がいを持つステファン・デイヴィスさん(以下、ステファンさん)と、仲間のドリュー・マレーさんが主宰する非営利団体 “Team UnLimbited” は、英国を中心に手の不自由な子供たちの義手を3Dプリンターで製作し、無料で届けるというなんとも温かみのあるボランティア活動を行っている。

ドリュー・マレー

ステファン・デイヴィス

義手を必要としている子供と同じ境遇を経験してきたステファンさんだからこそ思いついたこの義手は、ロボットやサイボーグをイメージさせる従来の物とは一線を画し、子供が好きな華やかな色合いを採用することで楽しい印象を与えるだけではなく、簡易的ながらも物をつかむなどの最低限の動きをカバー。まさにおもちゃ感覚で使用できるようになっているのだ。気になる製作費もひとつ26ドル以下と低価格を実現。そのすべての予算を寄付で補っている。

まるで子供たちのクリマスプレゼントを開けるような笑顔を見ると、テクノロジーの発達が著しい今だからこそ守るべきものが明確になった気がする。そして、少しの思いやりと少しの行動力を持つことがその第一歩ではなかろうか。今後も“Team UnLimbited”の活動をHERO Xは注目していきたい。

子供達のたくさんの笑顔がご覧になれます。
http://www.teamunlimbited.org/e-nable-recipients/

寄付はこちらから
https://secure.squarespace.com/commerce/donate?donatePageId=55c50ecce4b0d1ec35bdd44b

画像引用元: Team UnLimbited (http://www.teamunlimbited.org/e-nableblog/2015/8/9/team-unlimbited-is-created)