コラボ COLLABORATION

Monthly Selection:6月おすすめ記事 Best5

HERO X 編集部

2021年がはじまって、既に1年の半分が過ぎてしまいました。皆さんの2021年のスタートはどうだったでしょうか。6月の「Monthly Selection」では、HERO X 編集部がお勧めの記事Best5をご紹介します。

2021年お勧め記事No.1

実はスンゴイ経済効果!
各国がこぞって開催地に手を挙げるワケ

最近のモータースポーツ記事の中で編集部が特にお勧めしたいのは、F1と経済における関係性を追求した記事。誰もが知るF1を筆頭とする華やかなレースで人々を魅了するモータースポーツですが、その裏で繰り広げられる経済活動についてはあまり知られていないかもしれないということでHERO Xの視点を取り入れモータースポーツの裏側を紹介しています。

2021年勧め記事No.2

今年は初のオンライン開催!
「CES 2021」まとめ

世界最大規模のテクノロジーショー「CES 2021」が1月11日~14日に開催されました。 新型コロナウイルスの影響を受け、初のオンライン開催となり、出展数も1700社と昨年の4400社からは半減したものの、またここから新たなイノベーションが巻き起こる機運は十分。HERO Xが注目する5つのトピックを紹介しています。

2021年お勧め記事No.3
 骨折の治癒速度が格段にアップ!
低出力超音波パルスを装備した「3Dプリントギプス」

乙武さんや落合さんといった有名人の名前が続いた後に、純粋にプロダクトとして注目されたのが、こちらの「3Dプリントギブス」。説明を聞かなければ誰もギプスとは思わないであろうスタイリッシュな見た目にもかかわらず、治癒速度が従来のギプスよりも大幅にアップするという驚きのプロダクトです。

2021年お勧め記事No.4

【HERO X × JETRO】乳児を見守るセンシング
介護現場でも広がる“眠りログ”

JETROが出展支援する、世界最大のテクノロジー見本市「CES」に参加した注目企業に本誌編集長・杉原行里が訪問。「ユニークなテクノロジーを発明・開発し、お客様にサプライズを」をテーマに、現場の声を大切にしながらセンシング技術の開発に情熱を注ぎ続ける株式会社リキッド・デザイン・システムズについて紹介します。

2021年お勧め記事No.5

仮面女子・猪狩ともかステージ用車いす改造計画レポート
「ついに完成!メチャメチャいけてる車いす」

地下アイドルグループ『仮面女子』の猪狩ともかさん自身に書いていただいたコラム。HERO X編集長との対談をきっかけに始まったステージ用車いす改造計画について詳しく書かれています。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

モビリティ新時代・熱い視線が注がれる車いす型モビリティとは?【HERO X RADIO vol.29】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第28回のアーカイブ動画を公開、また次回第29回の収録は6月12日(金)となっている。

車いすバスケ界のレジェンド
根木さんが登場

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

第29回となる今回のゲストは、車いすバスケ界のレジェンドこと根木慎志さん。「モビリティと車いす」をテーマに、HERO X編集長・杉原行里とプロデューサー・佐藤勇介が話を伺う。

根木慎志(ねぎ・しんじ)
1964年9月28日、岡山県生まれ。シドニーパラリンピック車いすバスケットボール元日本代表チームキャプテン。現在は、アスリートネットワーク副理事長、日本パラリンピック委員会運営委員、日本パラリンピアンズ協会副理事長、Adapted Sports.com 代表を務める。2015年5月、2020年東京パラリンピック大会の成功とパラスポーツの振興を目的として設立された日本財団パラリンピックサポートセンターで、推進戦略部「あすチャレ!」プロジェクトディレクターに就任。小・中・高等学校などに向けて講演活動を行うなど、現役時代から四半世紀にわたり、パラスポーツの普及や理解促進に取り組んでいる。

待ちに待ったHEROXラジオ再開!!

本日公開となった第28回のオンエア。約2か月ぶりの放送となった今回、収録現場もコロナ対策がされていた。杉原と佐藤のソーシャルディスタンスを保つため、スタジオ内には透明なアクリル板が設置されていた。区切られた環境での収録となったが、2人は以前と変わらず元気な姿で明るい掛け合いを見せた。

また、本日公開となった前回放送分を含め、これまでの放送はこちらで視聴できる。
−−−−
過去の放送はこちら:https://www.youtube.com/channel/UCt2HDo14Sim08vmCP_lok-Q
−−−−

それぞれ自粛期間中にどんな過ごし方をしてきたかを語った前半、たくさんの本を読むことができ、意識の持ち方や今の状況をどう考えるかを改めて思考し直すきっかけとなったという2人。自粛生活には向いていない…と杉原は言うものの、世界の止められない変化を前向きにとらえて、そこに「介入していくテクノロジーを開発していかないと!」とあくまでも前向きだ。

そして話題は「Aʼ Design Award & Competition 2020」でのプロダクト入賞へと切り替わる。喜びにあふれる2人だが、エントリーした3つのプロダクト「RDS WF01」「RDS WF01TR」「RDS SS01」の入賞順位が予想外だったという。

後半は今後、世の中がどう変わっていくか、どうこの状況を前向きにとらえて行動していくかという議論に発展。佐藤は、慌てない国になるために「一人ひとりが意識を変えていくことが大事」だと語り、これからは自粛期間中に皆が話し合い練っていたプランをアクションに移行していくタイミングだと意気込んだ。そして杉原が考える、物価や価値の見直しとは?

思うように活動できなかった期間も決して開発の手を止めなかったというチームRDSへの期待はもちろん、常に前向きに物事をとらえ変化に対応していこうとする姿勢に、きっと心動かされるだろう。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー