プロダクト PRODUCT

車いすは低くて不便。だったら立って乗ればいいじゃない

小泉 恵里

車椅子は座って移動するので狭い所は通りにくいし目線が低いし、なにかと不便なことが多いですよね。そんな問題を解消してくれる画期的な車椅子がTek社のRMD(Robotic Mobilization Device)。これ、立って乗る事ができる電動車椅子なのです。脊髄損傷による下半身マヒなどで足が動かせない人が1人でも様々な作業をすることを可能にしてくれる夢のようなマシーンの登場です。

まず椅子に座った姿勢で前面からRMDのハーネスを取り付けます。機械が立ち上がる動作をサポートしつつ、立ち上がったら腰をロックすることで立ったままの姿勢を固定してそのまま移動することが可能。幅も60センチとスリムなので、このままコンビニや本屋など車椅子では通りにくかった場所にも積極的に行けるようになります。家でも料理をしたり、お皿を洗ったり、掃除機をかけたりといった日常作業も難なくこなせるように。

健常者とも同じ目線で話しができ、ハンドルを持って体を屈めたり伸びたりすることも可能なので、立ったり座ったりがストレスなく出来そう。フル充電すれば、連続で1〜2日使用することができる。使用に適した身長は140センチから190センチ、体重は40キロから120キロと幅広い体型に対応していることも助かります。

現在、初回生産の製品がリハビリテーション施設や最初のお客のもとに届いて使われているとのこと。ネットで予約も可能とのことなので、チェックしてみて。

RMD
http://www.matiarobotics.com/

(text: 小泉 恵里)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

担架にも車いすにも変幻自在!医療現場を救うオランダ発『The Multi Scoop Pro』

Yuka Shingai

HERO Xではこれまで、折り畳めるものやポケッタブルなものなど、形状を変えられるモビリティやガジェットを多数紹介してきたが、「多機能であること」とユーザビリティは切ってもきれない関係なのかもしれない。今回紹介する『The Multi Scoop Pro』もニーズに応じて人や物を運搬してくれる、マルチに活躍するアイテムだ。

オランダのデザイン会社 Studio Rotor が スタートアップ企業 Retter Helfer Medical とともに開発を進めてきた本製品は、数秒で担架から車いすに変えられる特許取得済みのメカニズムが大きな特徴だ。

Studio Rotor は救急隊員の仕事をリサーチするなかで、従来よりある手動の担架は救急車内で重さ60kg以上もある電動タイプの担架に置き換えられていることに気付いた。また、救急車内には患者を担ぎ上げるための担架も用意していることも発覚し、担架と軽量な車いすを合体させられないかというアイデアから、『The Multi Scoop Pro』がデザインされた。

そうすれば救急隊員は車いすモードで装備をゴロゴロ押すこともできるし、必要に応じて担架にすることもできる。緊急事態に置かれている救急車内で、省スペースができるのは救急隊員にとっても、患者にとってもメリットとなりそうだ。

Retter Helfer Medical は2019年末に向けてローンチの準備ができるように、プロダクト開発企業の IDP Amsterdam とともにコンセプト設計を続けているが、正確な時期や価格についてはまだ発表はされていない。医療現場に新たな風を巻き起こす存在として、本格的な運用を応援したい。

[TOP動画引用元: https://vimeo.com/320272098

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー