コラボ COLLABORATION

HEROQUEST ワクワクする聴く冒険プログラム#94 #95

HERO X 編集部

ワクワクする未来の社会を創造する聴く冒険プログラムをお届けする。ZIP FM オフィシャルPodcast番組「HEROQUEST」。この番組では、「社会の課題」を解決し、「未来の社会」のインフラを整える開発者やエンジニア、起業家たちを「HERO」として迎え、いま、起きている「進化」の最前線を紹介する。

今回は株式会社マグネット取締役であり、プロデューサーの佐藤勇介さんをゲストに迎え「パーティー(集団、仲間)のつくり方」をテーマに深掘りしていく。

設立以来、さまざまなメディアや企業、プロジェクトのプロデュースを手掛けるプロデューサー集団・マグネット。佐藤さんは、番組ナビゲーターの杉原行里が代表を務める株式会社RDSや当メディアHEROXのプロデュースの他、たくさんのプロジェクトを担当してきた。過去に佐藤さんが手掛けたプロジェクトを振り返りながら、プロデューサーの役割や業務、佐藤さんが仲間と一緒に仕事を進めていく上で大切にしている「感謝」と「共感」について伺う。

後半の放送では、佐藤さんが現在プロデュースを担当しているイベント「SusHi Tech Tokyo 2024」(2024年4月末から5月にかけて東京ベイエリアで開催)について詳しく紹介する。

<ゲストプロフィール>
株式会社マグネット 取締役・佐藤勇介
2012年マグネット設立。関西テレビのリブランディングプロジェクトをはじめ、デジタル・グラフィック・映像・イベントなどの統合的なプロデュース・プランニングを数多く担当。オランダの最先端の社会実験場として認知されている、国際的イベントBorder Sessionsを初めて日本に誘致した他、4.5mの人が操作できるロボット、MEGABOTSを保持し、ロボットエンタメ事業を行う4REの取締役も務めている。現在は、今年開催されるSusHi Tech TOKYO 2024ショーケースプログラムの総合プロデューサー。

佐藤氏を取材した過去の記事はこちら ▶http://hero-x.jp/article/6636/

「HEROQUEST」はポッドキャストで無料配信中
------------------------------------------
未来の社会をデザインするHEROを迎える【聴く冒険プログラム】。

今回お迎えする HERO は、
株式会社マグネット 取締役:佐藤勇介さんです。

関西テレビ放送のロゴのプロジェクトから
答えのない「ニッポンのしゅくだいドリル」、
そしてパラスポーツに関するさまざまなプロジェクトなどを手掛けられた他、
HEROQUESTのNAVIGATOR:杉原行里が率いるRDSのプロデュースも担うHERO。

前半の冒険は、佐藤さんがこれまで手掛けてきたプロジェクトと
そうしたプロジェクトを遂行する上で欠かせない「仲間」の集め方を冒険していきます!

https://zip-fm.podcast.sonicbowl.cloud/podcast/46407779-eadd-49f1-9d5c-bbde346ddb7c/

-------------------------------------------
次回のゲストは、日本初「株式投資型」クラウドファンディング”FUNDINNO”を運営する株式会社FUNDINNOの落合文也さん。順次放送を開始する。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

【mirai.Response】注目トピックスBEST 5(21年3月4週目)

モビリティ・スマートシティビジネスメディア「mirai.Response」の注目トピックスをお届けします。

ポルシェ、世界新車販売の
80%以上を電動化…
2030年目標

世界で自動車の電動化が更に加速しています。それもそのはずで、カーボンニュートラルに対応していかないと会社としての存続が難しくなるからで、これはポルシェだけでなくほとんど全ての自動車メーカーに言えることです。日系自動車メーカーのみハイブリッドに強みがあることから電動化への対応は比較的ゆるやかに進んでいましたが、我が国の「カーボンニュートラル宣言」や欧州発案の「国境炭素税」など、様々な外的要因の変化から今後はより大きな電動化シフトが進んでいくと見られます。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/24/1487.html

 

MINIはフルEVブランドに、
ロールスロイスにもフルEV仕様…
BMWグループ

こちらも上記同様、電動化シフトの話です。MINIもロールスロイスもフルEVブランドになります。世界的な電動化シフトを先頭で牽引しているのが欧州勢であり、これにより競争優位性を獲得しようと目論んでいます。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/19/1441.html

 

タクシーの窓ガラスをデジタル広告に、
AGCのガラス製透明スクリーンで実現

AGCの技術を使った、タクシーの窓ガラスをデジタル広告として活用するプロジェクトが動いています。この技術はタクシーだけでなく、バス、トラック、トレーラーなどの大型車両にとどまらず、店舗やオフィス街などの建物の窓にも応用がききそうです。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/18/1438.html

 

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】
先進自動車開発の明暗を分けるポイントとは

今後ますますCASEが進展していくと考えられる中で、自動車開発におけるポイントがどこにあるのかを解説した記事です。ポイントは旧来のウォーターフォール型の開発からの方向転換で、そのためには「競争領域」と「非競争領域」を分けるところから始めると良いとします。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/18/1435.html

 

BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント、
最新版を発表…新世代「iDrive」と連動

BMWが最新の車内エージェントを発表しました。冒頭にピックアップした電動化の話もそうですが、欧州勢はCASEの進展によって変化していく”自動車の価値の源泉”に素早く対応している印象があります。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/18/1427.html

(TOP画像引用元:mirai.Response)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー