スポーツ SPORTS

実はスンゴイ経済効果!各国がこぞって開催地に手を挙げるワケ

高橋二朗

コロナの影響で開催が危ぶまれる東京オリンピック。一流選手を間近で見られるというチャンスと共に、経済効果も注目を集めていた。オリンピックの中止は経済に対する打撃もあるため、安全か経済かという議論が沸き起こるのは当然だろう。実は、各国にもたらす経済効果としての視点で見ると、モータースポーツも同じことが言えるのではないか。今回は、そんな経済とスポーツ興行の関係性をモータースポーツジャーナリストの高橋二朗氏が解説する。

どれだけ知ってる?
モータースポーツ

誰もが知るF1を筆頭とする華やかなレースで人々を魅了するモータースポーツだが、その裏で繰り広げられる経済活動についてはあまり知られていないかもしれない。今回はそんなモータースポーツの裏側を紹介しよう。

まずはモータースポーツの説明から。ひとくちにモータースポーツといっても、いろいろなカテゴリーが存在する。モータースポーツのために造られたコースで行われるのがサーキットモータースポーツ。レースがその代表で、その最高峰が世界フォーミュラ・ワン選手権(F1)となっている。一方、専用に造られたコースだけでなく、公道と一部の特設コースを使って行われるのがラリーだ。こちらのトップレースが世界ラリー選手権(WRC)だ。そして、サーキットで距離の長い競技を行うのが世界耐久レース選手権(WEC)、有名どころだけでも三種類があるわけだ。

各々シリーズによって参加できる車両の規則が異なり、各シリーズは年間に複数の大会を催してそのトータルポイント(または有効ポイント制)で年間のチャンピオンを決定している。ワールドステイタスのシリーズ(世界選手権)では、グローバルに転戦、日本も開催地のひとつである。今年はF1の日本グランプリ(鈴鹿サーキット)、WECの日本大会 FUJI 6時間レース(富士スピードウエイ)、WRCの日本大会 Rally Japan(愛知県・岐阜県内)が予定されている。世界的なコロナ禍でも予定通りのイベントが行われることを祈るばかりだ。また、日本国内だけで完結する国内選手権もある。レースでは全日本SUPER FORMULA選手権、SUPER GT選手権。ラリーでは、全日本ラリー選手権をトップカテゴリーとしてこちらは日本各地で競技が行われている。F1は、グランプリ=GPという、その国でのトップイベントである名称が与えられている。各国名に「GP」が付けられるトップステイタスのレースは格式が高く、華やかで、煌びやかで他のシリーズとはグレードが違う扱いとなる。

当然、F1GPに参戦する車両も一流のものが集まる。モータースポーツの最高のテクノロジーを結集した車両は、参加チーム独自で製作したものでなくてはならないというルールがあるため、独自のファクトリーで製作されたシャシー(自動車の基本骨格)に、エンジンメーカーから供給されるエンジンを搭載しているという組み合わせでマシンは作り出されている。今シーズン7年ぶりに参戦する日本人ドライバー角田裕毅選手がハンドルを握るのは、イタリアに本拠を置くアルファタウリチームのマシンだ。シャシーには、日本のホンダエンジンが搭載されている。

ところで、一体このマシンはいくらくらいするのだろうか? 最高水準のレーシングマシン製作技術によって製作するマシンは金額で換算することが難しいと言われているのだが、F1に参戦しているチームの年間予算はトップチームで約600億円、下位チームでも約100億円を下らないと報じられる。これはチームの運営全体の予算額で、マシンの開発・製作費も当然この中に含まれている。とにかく膨大な軍資金がいることに違いはない。

ここで登場するのがスポンサーだ。各チームはこうした経費を賄うためにマシンのボディーにスポンサーのロゴを大きく露出させている。このため、F1マシンは“走る広告塔”とも言われるのだ。あまり知られていないことだが、スポンサーの中には金銭的なサポートと共に技術パートナーとして参画する企業もある。チームの年間予算が莫大であることや、スポンサー料、ドライバーの報酬など、やはりF1GPにうごめくお金は、他のシリーズとは桁が違う。

意外と知らないF1と経済の関係性

F1GPの運営は現在、『F1グループ』が行っていて、権利関係のマネジメントの全てを司っている。F1グループは、各国の主催者(日本は鈴鹿サーキット)から興行開催権料を支払ってもらい、F1GPシリーズの運営をし、各チーム・ドライバーへ利益分配を行なっている。

当然F1GP開催地への経済効果は大きなものとなる。全日本選手権レベルの大会の例を見ても、SUPER GTは、一大会で約1,000人の関係者が開催地に移動。その関係者の移動費、宿泊費、飲食費など地元に投下される金額、それに伴う税収入は、数日という短期間でも一つの産業並みとなる。つまり、モータースポーツは、転戦する産業という一面を持っているのだ。

サーキットは、観客の入場収入と大会のタイトルスポンサー、サブタイトルスポンサーからスポンサー料金を得ている。その対価としてスポンサーは、看板でのスポンサー名の露出、中継TVでの露出、その他の方法でスポンサーの存在を周知させる。関係者だけでなく、サーキットへの観客の移動費、宿泊費、飲食費などが発生するわけで、それが地元の税収入になるのだから、サーキットのみならず、その自治体も大規模なイベントの誘致を望むわけだ。F1GPがヨーロッパ大陸で転戦する場合には、自国の観客だけでなく隣接する国から国境を超えて観戦に来ることも期待できる。

そして長年モータースポーツの取材を続ける筆者も、モータースポーツの経済効果を痛感する出来事があった。2004年、日本初のWRCが北海道の帯広市を中心にして開催された(以後、2007年まで毎年開催)。筆者ももちろん取材で参加していた。開催から数年経て帯広を訪れた際に、WRC主催者からメディアに配布されたイベントのロゴ入りのバッグを肩にかけて駅前の駐車場に立ち寄ると、料金所の老人に声をかけられた。

「あなたは、ラリーの人か? もう一回ラリーを呼んでもらいたい。ラリーは帯広の商店、飲食店、うちみたいな駐車場を儲からせてくれた。もう一度お願いしたい」地元の方からの声は、モータースポーツがもたらす開催地への経済効果を証明していた。

短・長二つの経済効果とは

モータースポーツが開催されるサーキットのグランドスタンドの裏で展開される公式グッズ販売は、チームやドライバーの人気度によって売り上げが大きく左右される。ファンはご贔屓チーム・ドライバーのグッズを求めるのは当然だ。F1GP開催日のトータル売り上げは1店舗で数百万円を記録したということを聞いたが、その金額の数十倍、数百倍という規模で長期的な効果も生み出している。エンジン供給メーカー、ホンダは、創業間もなく、そのモータースポーツ活動によってホンダファンを生み出し、4輪・2輪のホンダオーナーを生み出している。この状況もいち自動車メーカーの利益だけでなく、開催国、開催地への利益供与と捉えても良いだろう。

近年、世界的な観光地がF1GPの開催誘致に積極的なのだが、先日2022年アメリカ・マイアミでの開催が発表された。原則として一国内の開催はひとつのGPだけ(1国1GP)だったのだが、イタリアのようにモンツァサーキットで行われるイタリアGPに加えて、サンマリノGPの名称でイモラサーキットにおいて開催される例もあった。今シーズンは第2戦としてエミリア・ロマーニャGPを同イモラサーキットで開催する。多額のF1GP開催権料をF1グループに支払っても利益が見込める故に、開催に名乗りを上げたのだ。F1GPの開催は、地元への経済効果を望むだけではなく、その国の経済発展、経済力を世界に示す役目も持っている。

1950年からスタートして現在に至るF1GPは、伝統的に開催をしてきた国々に新たな開催国を加えて、今シーズンは23戦を予定している。新たに加わった東欧の国はその存在感を世界に示し、また中近東の国々は、その経済力をアピールするためにF1GPを開催しているともいえる。小国ながら世界のセレブの憧れの地、モナコは、公道を一時的に閉鎖してレースを開催している。近代的なサーキットに比べて安全性は決して高いとは言えないモナコGPだが、これは伝統を重んじる一面をF1グループが継承しているがゆえだろう。アジアの小国、シンガポールでも海側の埋め立て地に広がる新市街の公道を用いて、ナイトレースを開催している。世界に放映されるテレビ中継の時間帯としても欧米に有利な時間帯で生中継できるナイトレースは、観光立国のシンガポールとして、経済効果でもダブルのメリットが期待できる。最終戦、第23戦の地、アブダビGPもナイトレースで開催される。こちらのダブルメリットはテレビの放映時間帯と夜間に気温が下がるという点だ。

オランダGPが今年復活する。1985年以来開催されていなかった同GPは2020年に行われる予定だったが、コロナ禍で延期を余儀なくされ、今シーズンの第13戦でカレンダーに組み込まれた。その裏には、世界チャンピオン最有力候補であるレッドブルチームのオランダ人ドライバー、マックス・フェルスタッペン選手の存在が大きい。オランダGPが開催されていなかった時には多くのオランダ人ファンがベルギーGPや、他のヨーロッパ大陸のサーキットへ詰めかけた。ホンダのエンジンを駆るレッドブルはホンダの供給最終年にオランダ人初のF1チャンピオンの可能性が高くなり、経済効果だけではなく、モータースポーツ好きの国民の高揚を狙っている。お国柄、日本とはその度合いは異なるが、角田選手とホンダの活躍による国内の経済効果は明確な数字には表れないが、有形無形の経済的な効果を生み出しているのは事実だ。

関連記事を読む

(text: 高橋二朗)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

次は、あの国を倒して金を獲る!ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔 前編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

車いす同士がぶつかり合う猛烈なコンタクトプレーで知られるウィルチェアーラグビー。選手たちがタックルを繰り返す度、コートには無骨な衝突音が鳴り響き、車いすごと吹っ飛び、転倒するとさらに激しい重低音がとどろき渡る。「マーダーボール(殺人球技)」や「車いすの格闘技」とも呼ばれるこの凄まじい競技において、日本代表チームは、2016年リオパラリンピックで強豪カナダを倒し、銅メダルを獲得した。我が国史上最強と評されるチームの主幹をなすのが、「世界の猛者6人」の1人と国際パラリンピック委員会が発表し、今や、世界の強豪国がマークする天下無双のポイントゲッター・池崎大輔選手。チーム一丸となって、東京2020で金メダル獲得を狙う池崎選手に話を伺った。

嬉しさ半分、悔しさ半分。
だって1位じゃないから

リオパラリンピックの3位決定戦では、ウィルチェアーラグビー発祥の国であり、過去3大会でメダルを獲得した強敵カナダと対戦した日本代表。2点差、3点差を行き来する接戦の中、池崎選手は、破竹の勢いで多くの得点を決め続けた。彼が自陣でボールをキープしたまま、会場にはブザーが鳴り響き、試合終了。その合図と共に、ボールを宙に高く打ち上げると、キャプテンの池透暢(いけ・ゆきのぶ)選手がタックルの勢いで走り寄り、2人は抱き合って勝利に歓喜した。4大会連続の出場で、初めて手にした悲願の銅メダルだ。

「勝った時に仲間と喜びを分かち合えたのが、一番楽しい瞬間でした。でもその感動は一瞬です。リオでの結果は、嬉しさ半分、悔しさ半分。だって、1位じゃなくて3位ですから。目指すところには、まだたどり着けていないわけです」

リオ大会直前の7月中旬に行われた合宿中に、右掌の舟状骨を骨折するというアクシデントに見舞われた池崎選手。だが、その事実は一切公開せず、骨折部分をボルトで留めた状態で本番に挑んだ。

「8月はほとんど(練習やトレーニングを)やらなかったし、現地での練習試合にもほぼ出ていない。葛藤はもちろんありました。1ヶ月も休んだら、アスリートとして終わりじゃないですか。でも、ロンドンでの悔しさをバネに4年間やってきた中で、出場しないという選択肢は僕の中になかったし、今ここで諦めたら、また4年後までのモチベーションは、絶対に保てない。痛ければ、痛み止めを打てばいいし、大会の後にどうなってもいいやと思っていました。チームとしても、“池崎がいなくても、チームとしていかに強くなるかを考える。池崎が戻ってきた時にさらに強くなる”というポジティブな体制でいてくれました。良かったのは、みんなのやる気が、俄然増したことです」

「もしかすると、池崎選手が骨折したことによって、銅メダルが獲得できたのでは?」と尋ねると、「多分、折ったから獲れたんじゃないですか(笑)。もし折れていなかったら、金を獲れたかもしれないけれど。結果的には、良い方向に行けたんじゃないかなと思います。

リオから帰ってきて、友人や会社に勝利報告をしに行くのが楽しみの一つでした。また会社で実施してくれたパブリックビューイングの様子を映像で見た時には、社内の応援に声に胸が打たれました。今でも感動しますが、でもやっぱりそれは過去のことになってしまったんです」

世界に1台。
チェアスキル&スピード重視の
ラグ車“
池崎モデル”を愛用

「ウィルチェアーラグビーは、勝つか負けるかの真剣勝負。楽しいという概念は、僕には必要ない」と池崎選手はきっぱり言う。「綺麗さなんかいらない。泥くさくていい。男くさくていいんですよ。男らしい競技だと思っているので。だから、汚れて傷だらけのラグ車がすごく好きなんです」。ラグ車とは、ウィルチェアーラグビーの競技用車いすのこと。現在、池崎選手が使用しているラグ車は、チェアスキルやスピードを重視したハイポインター用のカスタムメイドだ。

ラグ車そのものは、アメリカのメーカーが手掛けているが、リオ大会前から、バケットシートの開発は、世界中のトップアスリートが慕う大阪のアニキ技師こと、川村義肢株式会社の中島博光さんに依頼している。中島さんといえば、チェアスキー界をけん引する日本の強豪選手のシート開発で知られる名手。ウィルチェアラグビーのシート特有のこだわりは、どんなところにあるのだろうか。

「形は、チェアスキーと一緒ですね。ただ、ウィルチェアーラグビーの場合、衝突、転倒などがあるので、強度も踏まえたカーボン素材を選んでいます。僕のシートは、樹脂(ウェットカーボン)製です。自分が求めているパフォーマンスという視点で言うと、操作性や当たりの強さはやっぱり(オーダーで作ったラグ車の方が)断然良いですね。今、ちょっと攻めた仕様の改良を加えていただいた新車が中島さんのところにあって、近々、2泊3日で試乗に行く予定です。セッティングは、すぐにできるものではなく、乗って走ってを繰り返すことで見えてくるので。東京2020に向けて、さらに精度を上げて、しっかりしたものに仕上げていきたいと思っています」

ラグ車は“しつけ”が肝心!?

「新車は綺麗すぎて、乗るのが恥ずかしい」と言う。だが、2~3試合を終える頃には、最大衝撃値が20G、30Gとも言われる強い衝突などによって、池崎選手好みの“汚れて傷だらけのラグ車”へと姿を変えていく。

「手や頭が間に挟まったら、多分、ぺしゃんこになると思います。僕は、バケットシートと車いすにスプリングを入れています。強い衝突があった場合は、それで吸収されて少し戻る仕様になっています」

強靭なラグ車は、猛者たちの良きパートナー。強者同士がタッグを組めば、まさに「向かう所敵なし」。だが、その境地にたどり着くまでには、多くの時間と根気を要する。

「ラグ車って、1対1でちゃんとしつけをしておかないと言うことを聞いてくれないんです。乗せられているようじゃ、優れたパフォーマンスは発揮できない。だから、できるだけ多くの時間を一緒に過ごして、可愛がらないといけない。しかも、やきもちを焼くので、予備を用意するのはダメ。1台だけ労を厭わず、可愛がるんですよ」

後編では、池崎選手の心に強く刻まれた「東京2020で金メダルを勝ち取るために、達成すべきこと」にスポットを当てたインタビューをお届けする。

後編につづく

池崎大輔(Daisuke Ikezaki)
1978年1月23日生まれ。北海道函館市出身。6歳の時、末梢神経が侵されて筋力が低下する進行性の神経難病、シャルコー・マリー・トゥース病と診断される。17歳の時、車いすバスケットボールを始める。2008年ウィルチェアラグビーに転向し、2009年北海道Big Dippersに入団。2010年4月、日本代表に選出され、8月の世界選手権(カナダ)では3.0クラスのベストプレイヤー賞を受賞し、代表チームは銅メダルを獲得。2012年ロンドンパラリンピックで4位入賞、2014年8月の世界選手権(デンマーク)で4位入賞したのち、2015年10月の三菱商事2015 IWRFアジアオセアニアチャンピオンシップで優勝を果たし、リオパラリンピック出場権を獲得。3.0クラスベストプレーヤー賞及びMVPを受賞した。2016年リオパラリンピックでは3位決定戦でカナダを破り、銅メダルを獲得。2016年より三菱商事株式会社に所属。

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー