スポーツ SPORTS

MONTHLY PICK UP:もうひとつのラグビー

日本を舞台に熱戦が繰り広げられているラグビーのワールドカップ。世界最高峰のチームが集まる大会は、やはり凄い迫力です。しかし、そんな通常のラグビーにも負けていないのがマーダーボール(殺人球技)とも呼ばれる、パラスポーツのウィルチェアーラグビーです。今月はこの競技の注目選手と、スポーツ観戦をより面白くしてくれるテクノロジーをご紹介します。

次は、あの国を倒して金を獲る!
ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔

2016年のリオパラリンピックで強豪カナダを倒して銀メダルを獲得したウィルチェアーラグビー日本代表。そんな日本代表チームの主幹をなすのが、「世界の猛者6人」の1人と国際パラリンピック委員会にも認められた池崎大輔選手です。今や世界の強豪国からもマークされるエースは、どんな想いで東京2020を迎えるのか。金メダルを狙う池崎選手にお話しを伺いました。

“マーダーボール(殺人球技)”のジャンヌ・ダルク。
日本代表、史上初の女性選手【倉橋香衣:HEROS】

殺人球技と言われるほど、車いすが激しくぶつかり合うウィルチェアーラグビーですが、実は男女混合の団体球技。しかし、やはりパワーの壁は大きく、これまで女性の代表選手は一人もいませんでした。そんな中、代表候補に選出され、来年の東京2020大会への出場が期待されているのが倉橋香衣選手です。プレー中も笑顔を絶やさない彼女が隠し持つ、勝負師としての素顔に迫りました。

モンスターをスーパーモンスターに。
世界中のトップアスリートが慕う、大阪のアニキ技師
【川村義肢株式会社:未来創造メーカー】

身体の極限と技術の融合を競うパラアスリートにとって、身体のパフォーマンス能力や強靭なメンタル力の鍛錬と同等に、義手、義足やマシンなどの技術面に磨きをかけることは不可欠。そんな中、ウィルチェアーラグビーの池崎大輔選手など、名だたる国内のトップアスリートたちを支える技術者が、川村義肢株式会社で技師を務める中島博光さんです。選手たちからもアニキと慕われる川村さんのこだわりを探りました。

圧倒的なリアリティを手に入れた
「CYBER WHEEL X」がもたらす
未来予想図とは?

「マーダーボールと呼ばれている」と聞くと、その迫力を体感してみたいような気がするけれど、やっぱり怪我をするのは怖い…。そんな悩みを、車いす型VRレーサー「CYBER WHEEL」が解決してくれるかもしれません。ワントゥーテンの澤邊氏と、HERO X編集長の杉原が、「さまざまなパラスポーツのシミュレーションにも使える」と語る、進化したCYBER WHEELに隠をご紹介します。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

マシンを操り巧みにゴール!「Powerchair Football」って知っている?

HERO X 編集部

バスケットボールのコートの中を勢いよく走り抜ける電動車いす。車いすの先についたフットガードを使い、繊細なパスを繰り広げて選手たちはゴールを狙う。このスリリングな競技を知る人が今、日本でどれほどいるだろうか。最高時速は10キロ。小さなピッチの中ではその早さに驚くだろう。男女の性別も、ハンディキャップのあるなしにもこだわらない、まさにボーダレスなスポーツがこの「Powerchair Football」だ。

この競技の日本名は電動車椅子サッカー。国内の競技人口は500人を超えるとも言われる新しいジャンルのサッカーだ。動画に映し出されている通り、世界大会も開かれるほど、競技人口は広がりを見せている。日本では1982年に入ってきたスポーツで、まだその歴史は浅い。当時、大阪市の身体障がい者スポーツセンターに勤めていた現協会名誉顧問の山下義則氏が、アメリカやカナダなどで行われていた「パワーサッカー」にヒントを得て考案されたスポーツだ。電動車イスを操ることができる人ならば誰でも競技を楽しむことができる。

国内各地域に協会が組織化され、スポーツとしての認知が高まりだしており、年々その競技人口は増えている。ルールは簡単。ゴールキーパーを含む4人が1チームとなり、2本のゴールポストでできたゴールを狙うというもの。ピッチサイズは14〜18メートル×25メートルから30メートル。室内競技のため、天候の影響も受けにくい。世界大会のルールでは最高時速は10キロ以下。国内では6キロ以下と定められているが、この範囲内ならばどれだけ早いマシンを使ってもよいらしい。

国際大会に繋がる公式戦などはハンディのある人しか出場できないが、普段の大会では、ハンディのあるなしも関係ないため、誰でも楽しむことができるスポーツなのだ。サッカーと同じようにワールドカップも開催されており、実は日本は、2013年のアジア太平洋オセアニア選手権では優勝を納め、2017年に行われた第3回FIPFAワールドカップフロリダ大会にも出場、なかなかの強さを誇る。試合の情報は同協会の公式FBページなどで随時アップされているので、白熱の試合を生で見てほしい。

[TOP動画引用元:https://vimeo.com/224964220

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー