スポーツ SPORTS

MONTHLY PICK UP:もうひとつのラグビー

日本を舞台に熱戦が繰り広げられているラグビーのワールドカップ。世界最高峰のチームが集まる大会は、やはり凄い迫力です。しかし、そんな通常のラグビーにも負けていないのがマーダーボール(殺人球技)とも呼ばれる、パラスポーツのウィルチェアーラグビーです。今月はこの競技の注目選手と、スポーツ観戦をより面白くしてくれるテクノロジーをご紹介します。

次は、あの国を倒して金を獲る!
ウィルチェアーラグビー日本代表最強エース、池崎大輔

2016年のリオパラリンピックで強豪カナダを倒して銀メダルを獲得したウィルチェアーラグビー日本代表。そんな日本代表チームの主幹をなすのが、「世界の猛者6人」の1人と国際パラリンピック委員会にも認められた池崎大輔選手です。今や世界の強豪国からもマークされるエースは、どんな想いで東京2020を迎えるのか。金メダルを狙う池崎選手にお話しを伺いました。

“マーダーボール(殺人球技)”のジャンヌ・ダルク。
日本代表、史上初の女性選手【倉橋香衣:HEROS】

殺人球技と言われるほど、車いすが激しくぶつかり合うウィルチェアーラグビーですが、実は男女混合の団体球技。しかし、やはりパワーの壁は大きく、これまで女性の代表選手は一人もいませんでした。そんな中、代表候補に選出され、来年の東京2020大会への出場が期待されているのが倉橋香衣選手です。プレー中も笑顔を絶やさない彼女が隠し持つ、勝負師としての素顔に迫りました。

モンスターをスーパーモンスターに。
世界中のトップアスリートが慕う、大阪のアニキ技師
【川村義肢株式会社:未来創造メーカー】

身体の極限と技術の融合を競うパラアスリートにとって、身体のパフォーマンス能力や強靭なメンタル力の鍛錬と同等に、義手、義足やマシンなどの技術面に磨きをかけることは不可欠。そんな中、ウィルチェアーラグビーの池崎大輔選手など、名だたる国内のトップアスリートたちを支える技術者が、川村義肢株式会社で技師を務める中島博光さんです。選手たちからもアニキと慕われる川村さんのこだわりを探りました。

圧倒的なリアリティを手に入れた
「CYBER WHEEL X」がもたらす
未来予想図とは?

「マーダーボールと呼ばれている」と聞くと、その迫力を体感してみたいような気がするけれど、やっぱり怪我をするのは怖い…。そんな悩みを、車いす型VRレーサー「CYBER WHEEL」が解決してくれるかもしれません。ワントゥーテンの澤邊氏と、HERO X編集長の杉原が、「さまざまなパラスポーツのシミュレーションにも使える」と語る、進化したCYBER WHEELに隠をご紹介します。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

レッドブル・トロロッソ・ホンダ F1チームと『HERO X』編集長 杉原行里が代表を務めるRDSがスポンサー契約

HERO X 編集部

技術の力・可能性を新しい未来へ!6月20日(水)フランスGPから「RDS」のロゴを表示 株式会社RDSは、F1チームRed Bull Toro Rosso Honda(レッドブル・トロロッソ・ホンダ)と、 スポンサー契約を締結。2019年6月21日(金)に開催される2019 FIA※フォーミュラ・ワン世界選手権 (以下、F1)第8戦 フランスGP、フリー走行第一セッションより、オフィシャルパートナーとしてRDSの ロゴがF1マシンSTR14に表示される。※Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称

株式会社RDSは、オリジナリティー溢れる『アイデア力』『デザイン力』『技術力』を強みに、新しいモノ作りのカタチを世界に発信する研究開発型の企業。これまでモータースポーツ、医療・福祉、最先端ロボットの開発など、多数の製品開発に携わってきた。また、常識にとらわれないデザイン力を始め、設計、解析からCFRP成形、3Dプリント、精密機械加工までを一貫して行う強みを活かし、自社ブランドの商品開発にも力を入れている。

 

F1は、モータースポーツの最高峰であるとともに、自動車業界における最先端研究開発の場でもあり、そこで生み出された技術は、様々な形で現代に落とし込まれ、私たちの知らぬ間に乗用車や街づくりのインフラなど身近なものに活かされている。この、新しい未来を切り開いていく技術は、RDSのコンセプトに掲げる「今日の理想を、未来の普通に。」と深く通ずる部分があり、未来をつくる研究・技術開発ファクトリーとして、Red Bull Toro Rosso Honda F1チームとスポンサー契約を結ぶ運びとなった。

『HERO X』編集長 株式会社RDS 代表取締役社長 杉原行里  コメント

今回、Red Bull Toro Rosso Honda F1チームのスポンサー契約を結び、F1という最高峰の舞台で新たなチャレンジがスタートすることを非常にワクワクしています。 幼い頃から強く憧れていたF1に関われる事は、僕にとって、そしてRDSのスタッフ皆にとって、大きな喜びです。RDSはまだまだ多くの方々に知られていない小さな企業です。けれど多くの人々の役に立つという大きな夢があります。今回の契約は僕らにとって新たな一歩の始まりです。F1の最新技術が一般社会に役立っている様に、自分たちが持っている技術と多くの人々の想いで協業し、新たなプロダクトを生み出していきたい、そして少しでも一歩先の未来を照らす選択肢になれる様、頑張って行きたいと思います。

株式会社RDSについて

会社名    株式会社RDS
URL        http://www.rds-design.jp/
設立        1984年 3月
代表者    代表取締役社長 杉原行里  / ANRI SUGIHARA
所在地    東京デザインオフィス 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-8-6
埼玉スタジオ 埼玉県大里郡寄居町赤浜1860

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー