対談 CONVERSATION

HEROQUEST ワクワクする聴く冒険プログラム#7, #8 ロボット編

HERO X 編集部

ワクワクする未来の社会を創造する聴く冒険プログラムをお届けする。ZIP FMオフィシャルPodcast番組「HEROQUEST」。この番組では、「社会の課題」を解決し、「未来の社会」のインフラを整える開発者やエンジニア、起業家たちを「HERO」として迎え、いま、起きている「進化」の最前線を紹介する。

今回のテーマはロボット。ゲストトップバッターTelexistence代表の富岡 仁さんに続き登場したのは、誰もがほっこりするロボットを作るユカイ工学株式会社代表の青木俊介さん。HERO Xでの対談以来、親交を深めている杉原と青木さん。今回は、犬の甘噛みを再現した「甘噛みハムハム」など、昨今話題の癒やし系ロボットについても情報をお届け! 対談前編にあたる#7では、家族を繋ぐセラピーロボットの役割についての話題を放送、後編の#8では青木さんが普段、プロダクト開発のヒントにしていることについて語っている。

ユカイ工学株式会社 代表・青木俊介
東京大学在学中にチームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。「ロボティクスで世界をユカイに」というビジョンのもと家庭向けロボット製品を数多く手がける。2014年、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発表。2017年、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」を発表。2015年よりグッドデザイン賞審査委員。

青木さんを取材した過去の記事はこちら ▶ http://hero-x.jp/article/10092/

「HEROQUEST」はポッドキャストで無料配信中
------------------------------------------
PODCASTプログラム #HEROQUEST は「Spotify」「Apple」「PODCAST」「Google PODCAST」で無料配信中

https://anchor.fm/heroquest/episodes/ep-e1i3dja
------------------------------------------

次回のHEROは、コンパクト農ライフ塾などを展開するTHE CAMPus BASE代表・井本喜久さん。サッカーコートの3分の2ほどのスペースで年商1000万円を目指す農業の仕組みに迫ります。

関連記事を読む

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

対談 CONVERSATION

HERO X みんなが読んでる記事はこれだ!ランキングカウントダウン決行

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第31回のアーカイブ動画を公開、また次回の収録は8月28日(金)となっている。

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

お盆をはさみ、しばらくお休みとなっていた『HERO X RADIO』。久々の収録となる第32回オンエアは編集長杉原行里に代わり、常に裏方としてWEBメディアHERO Xを支えるウェブディレクター片岡良太がプロデューサー・佐藤勇介と共に語り合う。WEBマガジンHERO Xの人気記事はどれなのか! カウントダウン形式で紹介していく。

片岡良太(かたおか・りょうた)
WEB制作・APP開発をベースとしてサーバー構築、WEB広告運用を事業領域としている。WEB領域だけでなく、子供向けフォトスタジオなども運営。2012年に株式会社make senseを起業。HERO X WEBディレクター。

世界最先端を走るチェアスキー界のリーダー
森井大輝のマシン開発に込められた思いとは?

第31回目は、第1回目のゲストとして呼ぶべきだった…と杉原と佐藤が声を合わせてつぶやいた森井大輝さん。念願かなってゲストに迎えた森井さんとマシン開発の過去、現在、未来を語り合った。

また、本日公開となった前回放送分を含め、これまでの放送はこちらで視聴できる。

−−−−
過去の放送はこちら:https://www.youtube.com/channel/UCt2HDo14Sim08vmCP_lok-Q/featured
−−−−

森井大輝(Taiki Morii)
1980年、東京都あきる野市出身。4 歳からスキーを始め、アルペンスキーでインターハイを目指してトレーニングに励んでいたが、97年バイク事故で脊髄を損傷。翌年に開催された長野パラリンピックを病室のテレビで観て、チェアスキーを始める。02 年ソルトレークシティー以来、パラリンピックに5大会連続出場し、4大会連続でメダルを獲得。06年トリノの大回転で銀メダル、10年バンクーバーでは滑降で銀メダル、スーパー大回転で銅メダルを獲得。その後もシーズン個人総合優勝などを重ねていき、日本選手団の主将を務めた14年ソチではスーパー大回転で銀メダルを獲得。2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンIPCアルペンスキーワールドカップで2季連続総合優勝を果たした世界王者。2018年平昌では滑降で銀メダル獲得、2022年北京パラでは悲願の金メダルを目指している。現在トヨタ自動車所属。
和気あいあいと始まった最初の話題は森井さんと杉原の出会いについて。『HERO X』が生まれたきっかけでもある重要人物、森井さんの初登場がなぜ31回目になったのか…? ソチパラリンピックでの転落の話から、森井さんが身体を鍛えすぎてしまうきっかけとなったエピソードまで掘り下げて話を伺った。

チェアスキーの開発を絶えず続けているRDSだが、ディスカッション時には杉原と森井さんはバチバチと白熱した議論を繰り広げるという。夢みたいな話を聞いてもらえ、その中からいくつかが現実になって返ってくるから嬉しいと森井さんは語るが、多くの会社を口説き落とす情熱はどこからくるのだろうか。

また、森井さんが考える一歩先のモビリティーとは? かっこよくて軽くて体にフィットして…「新しいもの作れって言ってる!」と声を上げる杉原。最後まで借りてきた猫状態だったという森井さんだが、チェアスキーの最前線に立ちながらも若手の成長に期待していると熱く語ってくれた。森井さんが夢を語る限り、スポーツ界のモビリティーは進化し続けそうだ。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー