テクノロジー TECHNOLOGY

地球にいながら月面歩行!?SXSW 2018 にも出展したパワードスーツ「Lunavity」

HERO X 編集部

幼い頃、多くのみなさんが持っていたであろう、宇宙への憧れ。重さの感じないあの無重力世界を体感してみたいと、一度は思ったことがあるのではないだろうか。そんな願いを叶えるパワードスーツが、今年発表された。

3月に開催された SXSW 2018で電通のブースで発表されたのが、この「Lunavity (ルナビティ)」。東京大学・暦本研究室が手がけたパワードスーツだ。動画では、ダンクシュートを決めたり横断歩道をひとっ飛びしたりと、頭上にある16個のマルチローターによって重力が軽減され、人の動きに合わせてジャンプをアシスト、体が軽くなりふわりと宙に浮くそうだ。ネーミングから想像できるように、重力が地球の1/6と言われる月の状態を再現しようとしているのだろう。

同研究室では、動画の中で「私たちの考える『Human Augmentation』とは、ハンディキャップを克服するものではなく、人間にとってまったく新しい能力を獲得するためのものです」と語っている。暦本研究室が考える『Human Augmentation』とは、 人間と一体化して能力を拡張させるテクノロジーを開拓していくもの。人間とテクノロジー・AIが一体化し、時間や空間の軸を超えて相互に能力を強化しあうIoA(Internet of Abilities:能力のインターネット)という未来社会基盤の構築を視野に入れ、最先端の研修を学問として体系化していくのだという。(暦本研究室・Human Augmentationサイトより転載)

人間拡張学が見せてくれるであろう、新しい能力に、今後も注目していきたい。

Lunavity 公式サイト:https://lunavity.com
参考:https://humanaugmentation.jp/index/about_human-augmentation/

[TOP動画引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MOx6_REBxLI

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

テクノロジー TECHNOLOGY

ARとリアルのボーダレス化を加速させる「ModBOXAR」

HERO X 編集部

VR/ARといったテクノロジーの進化によって、これまで体験したことのない世界が広がり、私たちが可能な「体験」とは、さらに想像をしていなかったものへと近づこうとしている。

そうは言っても、まだまだ現実とはかけ離れたもの、リアリティが足りないのでは、と感じている方も少なくはないだろう。しかし確実に、リアルな世界へと近づこうとしていることが、この動画からも垣間見える。「仮想」と認識している世界と「現実」は、想像しているよりもかなり近いところに存在しているのかもしれない。

動画内の技術、AR(拡張現実)とは、言わずもがな「ポケモンGO」などで知られる、仮想現実を現実世界に投影する技術。ARは単独で操作されることがこれまでの技術であるが、この動画を見ると、ARで作成されたタッチパネルをAR上で操作したりと、ARをARで操作するという技術が、当たり前のように進んでいる。

このAR空間制作ツールは「ModBOXAR」といい、ゲーム開発者Lee Vermeulen氏が手がけたもの。VRヘッドセットHTC Vive、小型ステレオ深度マッピングカメラ「ZED Mini」を通して見える現実世界に、この「ModBOXAR」でさまざまな物体を演出しているのだという。演出された3Dの物体は、現実世界に干渉するようなプログラムが施さているため、本当に存在しているかのような錯覚に陥る。

他の動画でも、現実世界に飛んでくる仮想のボールを仮想のラケットで打ち返したり、ディスプレイ内のキャラクターなどの物体を現実世界に引っ張り出したり、引き出したキャラクターとボールを投げ合ったりと、現実空間に対応可能な動作を実現している。

[動画引用元:Lee VermeulenModboxAR – Control virtual objects with Vive Tracker

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー