スポーツ SPORTS

フリースタイルパークを沸かす16歳!BMXライダー中村輪夢はどこまで高く跳ぶ!?

朝倉奈緒

昨年、東京2020の新種目に決定したBMXフリースタイルパーク。そのニュースとともに、若きトップライダーに注目が集まった。ゼロ年代生まれ、16歳のBMXトップライダー・中村輪夢 (なかむら・りむ) だ。

生れながらのニューヒーロー?

BMXライダー・中村輪夢 (なかむら・りむ) 画像提供:First Track Inc

彼の強みは、なんといってもジャンプの高さ。BMXフリースタイルを観たことがあってもなくても、バイクと彼とがひとつになり、軽やかに空中に舞い上がる様を観たら、思わず感嘆の声を漏らさずにはいられないだろう。

若干13歳で、エックスゲームの本場・米国の世界大会 (RECON TOUR [13-15歳クラス] / 2015) で優勝した後も輝かしい成績を納め続け、トップライダーとしてのその実力に、エクストリームスポーツではお馴染みのレッドブル社、オークリー社など数多くの企業がスポンサードしている。

それに、誰もが応援したくなるキュートなマスク。テレビ番組等だけでなく女性誌の取材があるのも頷ける、新世代のヒーローである。

HERO X 編集部がインタビューをしたのは、昨年のこと。15歳 (取材時) の中村輪夢は、少年から青年へと変化する、そんな表情をしていたように思う。「仲間と日本のエクストリームスポーツの未来について語ったりは?」という大人の愚問を、「まさか!」と無邪気にかわし、内なる野心も具体的な言葉で表すことは少ない。しかし10代半ばとは、大人たちよりずっと敏感に自分自身を見つめ、推し量り、向き合うことを日々行える年齢でもある。その探り方は、感覚値かもしれないが。

数々の質問を投げかけた際、いつも一瞬の静寂がある。空中に舞い上がり、トリックを決めるあの一瞬のように。在るが儘に、しかしきちんと「決めて」答えを示すその様や、「間」の取り方に、BMXが染み入るように身体に馴染んでいることを感じた。

「テクニックを磨くにはどんな練習を?」との問いに、「毎日1cmでも、意識して高く飛べるようにしている」と、ふんわり答える中村だが、それもそのはず。中村輪夢は、元BMXライダーで、現在BMX専門店を経営している父・中村辰司さんの影響で、3歳から自然とBMXに乗り始めた。輪夢の名は、車輪の一部「リム」にちなんで辰司さんがつけたものだ。

「乗っていることがあたり前で、乗っていないことが不自然」というくらい、もはやBMXは彼にとって身体の一部のような存在なのだ。

殺さず、静かに。

BMX競技のフリースタイルパークとは、もともとスケートボーダー向けに作られた、“バンク” と呼ばれる斜面や、“ランプ” (ハーフパイプ) など、大小様々なセクションが設けられたスケートパークで、規定の時間内で技 (トリック) を競い合う種目。採点基準は、トリックの難易度やジャンプの高さ、独創性やスタイル、多様性や達成度など多岐に渡り、スピードや完成度だけでなく、オリジナリティやパフォーマンス力も問われる。

中村の強みであるジャンプの高さについて、「通常なら減速してしまう、ランプのRの部分。輪夢はそこが他の選手と違う。身体をうまく使い、上っていくときのスピードを殺さず、高さに還元できる。あれだけ高いジャンプから着地したときに、音もさせず次にスッと繋げるスムーズな動作も秀逸だ」と、マネージャーが彼に代わって解説する。

「全てを合わせるタイミングが絶妙で、ではなぜそれを可能としているのかといったら、感覚でやっているとしか本人には言いようがないですね」

この見解は、客観的に彼のライディングを観察しているからこそ見えてくることなのだろう。しかし中村本人にとっては、その「感覚」を掴むまで乗り続けることが、テクニックを磨き、目標を達成する一番の近道なのだ。

自分の実力に驕ることはない。彼はとにかく「乗る」ことに夢中なのである。

文平龍太氏がエグゼクティブプロデューサーを務める「CHIMERA GAMES vol.4」でのライディング

あと2年でどこまで飛ぶ?

現在高校2年生の中村輪夢だが、プロのBMXライダーとして活動しているため、学業は通信制度を利用している。朝から日が暮れるまで、スケートパークで思う存分練習に励める環境だ。

「自分のできることをひとつずつこなすこと。次の大会で自分の思い通りのライディングができるようになることが、いつも今一番近い目標です。そういった目標をオリンピックまでにひとつずつ立てて、クリアしていけたらいいなと思っています」

技がなかなか決まらなかったり、BMXのメカニック部分で気になることがあれば、父・辰司さんに相談することもあるという。米国メーカーに特注したという世界で一台のバイクは、軽くて強度が高い。練習量が多く、アクロバティックな技を駆使する彼のバイクは、日々、細部にわたる調整が必要だろう。バイクに不具合が生じたら、すぐに辰司さんが的確な処置をしてくれるという絶好の環境は、親子二人三脚というよりもプレイヤーと技術者の関係だ。

東京2020まであと2年。BMXなどストリートシーンからなる競技が、オリンピックというメインストリームの舞台で正式種目となれば、これからより広く注目されることになる。既にそのアイコンのひとりとなっている中村輪夢も、18歳・成人となる。どんなライディングを、エキサイティングな未来を見せてくれるのだろうか? そして、より高く飛んだ彼の未来が、これから楽しみでならない。

中村輪夢
BMXライダーBMXショッも経営している父親の影響、3歳から自然とBMXに乗り始める。5歳大会に初出場をすると、小学校高学年の頃にはキッ クラスにおいて全ての大会優勝。中学生でプロ転向を果たした。2015年にBMXの本場アメリカ行われたRECON TOURの13~15歳クラスにおいて優勝し、その世代の世界一となる。
2016年には世界の強豪も参戦したG-Shock Real Toughness優勝を飾り、日本中を驚かせた。
2017年の11月に開催された第1回世界選手権では最年少でファイナルに進出し7位入賞。12月に開催された第1回全日本選手権では初代チャンピオンに輝く。

主な成績
2015年 FISE World成都大会 優勝 (アマチュア部門)
2016年 RECON TOUR 優勝 (13~15歳クラス)
2016年 PERUGIA CUP 優勝
2016年 G-Shock Real Tougness 優勝
2017年 FL BMX Series 3位
2017年 JAPAN CUP大会富山大会 優勝
2017年 UCI UCIアーバンサイクリング世界選手権 7位
2017年 第1回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権大会 優勝
2018年 UCIワールド杯広島大会 9位

動画転載元:Red Bull Youtube 公式チャンネル]
世界一クールな “通学スタイル”
【中村輪夢】BMX界の若きエースが学ラン姿で大爆走!? その笑撃の結末とは……
https://www.youtube.com/watch?v=ZmudxqA0lyY&t=6s

(text: 朝倉奈緒)

(photo: 長尾真志)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

天才集団が魅せる命がけのアクション&スポーツエンターテイメント『ナイトロ・サーカス10周年ワールドツアー』に行ってきた!

岸 由利子 | Yuriko Kishi

300万人を唸らせたワールドツアーが日本再上陸。 「ナイトロ・サーカス」は、Xゲームのスター選手を含む世界トップクラスのFMXライダーをはじめ、インラインスケートの絶対王者やBMXライダーたちが命がけで繰り広げるアメリカ発のアクション&スポーツ エンターテイメント。

オーストラリアやイギリス、フランス、スイス、ドバイなど、26カ国160都市で300万人以上を動員したワールドツアーは、2015年に日本に初上陸。はや3年が経ち、国内でも熱狂的なファンも増え、沸々と人気が高まっていますが、多くの人にとっては、まだちょっと馴染みの薄いイベントかもしれません。そこで今回は、2月19日に東京ドームで開催された「ナイトロ・サーカス10周年ワールドツアー」のもようと共に、ナイトロ・サーカスの魅力についてご紹介したいと思います。

世界トップライダーが魅せる超絶怒涛のパフォーマンス

2度目の日本上陸となる今回のイベントには、伝説のFMXライダー トラヴィス・パストラーナや、BMXとスクーターで30もの“世界初”を成し遂げたライアン・ウィリアムス、日本人現役BMXトップライダーの東野貴行、米国・欧州で人気を博すインラインスケートの「安床ブラザーズ」など、国内外の豪華選手が勢ぞろい。これだけでも十分に凄いことですが、内容は想像以上に過激です。

“メガランプ”と呼ばれる高さ15メートルのジャンプ台から猛スピードで滑り降り、豪快なトリックの数々を見せてくれますが、驚くことに、彼らが乗るのは、モトクロスバイク、自転車、スケートボードだけではありません。三輪車、ウィスキーの樽、ソファー、カヌー・ボート、ミニ新幹線、ポニー、病院の寝台車…、つまり、タイヤがついているものは何でもアリ!

「いかにもアメリカらしい!」と言うと、アメリカ人の皆さんに怒られそうですが、命がけで挑む場なのに、三輪車やポニーを出してくるあたりに、彼らのサービス精神旺盛なユーモアを感じてやみません。

ジャンプの瞬間に手放ししたり、バイクごと回転したり、度肝を抜くパフォーマンスが続々登場し、トリックが決まるたびに、会場は大興奮。「選手の背中に羽根が生えているのでは?」と何度も確認したほど、見事な空中パフォーマンスの連続でした。

カリフォリニア・ロールって、何なんだ!?

前半で一番の盛り上がりを見せたのは、アメリカv.s日本のトリックバトル。アメリカ側が、BMX(自転車)の二人乗りで、ダブル・フロント・フリップ(前方2回宙返り)とダブル・バック・フリップ(後方2回宙返り)を同時に見せたかと思えば、日本側は、なんとFMX(モトクロスバイク)3人乗りのフロント・フリップを披露しました。

ラストは、東野貴行による“カリフォリニア・ロール”で華麗にフィニッシュ。筆者もこの日初めて詳しく知りましたが、カリフォリニア・ロールとは、バイクはそのままで人間だけがシート上で後方宙返りする難技のことです。なんとなくイメージできたでしょうか?

息もつかせぬほどの連続ジャンプと驚異的なトリックに、雄叫びの声を上げる観客も多くいました。

二人のヒーローに見る人間の可能性

今回のナイトロ・サーカスのワールドツアーは、世界で唯一、下半身不随のFMXライダーのブルース・クック(右)と、車椅子ライダーのアーロン・フォザリンガム(左)のパフォーマンスなしには語れません。

ブルース・クックは、2013年のナイトロ・サーカスで、世界初となるダブル・フロント・フリップに挑み、記録を打ち立てるはずでしたが、着地時に体を強打し、下半身不随に。しかし、事故からわずか9ヶ月後、再びFMXに乗る動画を公開し、その1ヶ月後にはバック・フリップに成功。ナイトロ・サーカスには、2年足らずで奇跡的な復帰を遂げたという驚異の人、まさに生きるヒーローです。

カスタマイズされたバイクに体をくくりつけて、スタンバイ中のブルース選手。バイクに乗るには、下半身のバランスが重要。それは周知の事実ですが、彼は下半身不随によって、コントロールが全く効かない状況です。そこに、バイクをくくりつけるということは、「もしもの場合は、脱出できない」という大きな危険をはらんでいます。それでも挑み続ける勇敢な姿に、ブルース選手の燃えたぎる闘志が伺えました。

そして、いざバック・フリップ。みごと着地を決めた彼に、スタンディング・オベーションの嵐!ナイトロ・サーカスの選手やスタッフたちも、喜びを分かち合っていました。やっぱり嬉しい時は、万国共通ガッツポーズを決めるのだなぁと、再確認した瞬間です。

イベント後半の冒頭では、2015年に、39歳の若さで亡くなったナイトロ・サーカスのメンバーだったエリック・ローナー選手に、皆で追悼を捧げました。スカイダイビングの事故で、余儀なく命を落とした彼の顔がビッグスクリーンに映し出されたとたん、会場は厳粛なムードに。極彩色のライトと花火が上がる場面もあれば、静けさに包まれる場面もあり、喜怒哀楽の入り混じったドラマティックな展開が続きます。

もう一人のヒーロー、車椅子ライダー アーロン・フォザリンガム

2016年、リオ・パラリンピックの開会式で宙を舞う圧倒的なパフォーマンスを見せた車椅子ライダーのアーロン・フォザリンガム。記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?

脊椎披裂(二分脊椎)により、生まれつき足を使うことができない体に生まれたアーロン選手は、8歳からスケートパークで車椅子でのライド練習を始め、2006年に世界初となる車椅子でのバック・フリップを成功させます。ナイトロ・サーカスには、同年より出演。WCMX(車椅子で行うモトクロス)というニュー・ジャンルを切り開いた唯一無二の若き先駆者のパフォーマンスに、観客の期待も高まります。

「日本に帰ってきた気分は?」とMCに聞かれて、メガランプの上でスタンバイ中のアーロン選手は、「また来れてとても嬉しいよ。今日は、でっかいパーティなんだよね!」。今回のワールドツアーでは、日本のみの特別出演ということもあり、東京ドームは、いっそう熱気に包まれていきました。

一回目のフロント・フリップは着地時に転倒してしまいます。しかし、彼は何事もなかったかのように、すぐに立ち上がり、メガランプ(ジャンプ台)の頂上に立ち戻っていくのです。その姿に、拍手喝采が巻き起こりました。

彼の愛称“Wheelz(車輪)”を呼ぶ声が響く中、再度チャレンジ!今回は、みごと着地に成功。
ブルース・クック選手と固く手を取り合う姿が、印象的でした。

スリルと興奮の渦に巻き込む豪快なハイスピード・パフォーマンス

後半も終盤にさしかかり、登場したのはジョシュ・シーハン選手。2014年にオーストラリア人として初のXゲームスでタイトルを獲得して以来、2015年には世界初のモーターバイクによるトリプル・バック・フリップに成功するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの快挙を成し遂げてきたFMXライダーが見せたのは、史上最も危険なトリックと言われるトリプル・フロント・フリップ(前方3回宙返り)。

この時ばかりは、鼓動の高まりが抑えきれず、手に汗握りましたが、無事着地に成功。思うに、運動神経がいいとか、そういったレベルの話ではなく、ジョシュ選手をはじめ、ここにいる選手たちは皆、選ばれし人なのだと思いました。「人間って、こんなこともできちゃうんだよ!」という感動を世界に与えるために。

燃え上がる炎の中、選手全員がジャンプを連発するフィナーレは、お祭り騒ぎ。カラフルなウェアをまとう選手たち、玩具みたいに空中を舞うバイクや自転車…ナイトロ・サーカスとは、スリルと興奮の渦に巻き込む豪快なハイスピード・パフォーマンスなのです。

大技が決まるまでは、瞬きすら許されないのに、決まった時に訪れる爽快感のなんと気持ちのいいこと。やみつき必至です。パフォーマンスの素晴らしさは言うまでもありませんが、このイベントに、パフォーマーも観客も、そこにいる人たち全てが一体となって楽しめる空気が流れています。次回の日本公演も、ぜひお見逃しなく!

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 長尾 真志)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー