スポーツ SPORTS

荒れ果てた土地がエクストリームな「遊び場」になる!日産のNEWプロジェクト始動

平山 麻衣子

エクストリームスポーツは極端な状況下で行われ、その速さや高さプレイヤーの技術を競い合うスポーツの総称。日産自動車株式会社は、日本中の様々なスポットをエクストリーマー(=エクストリームスポーツのプレイヤー)のための「遊び場」へと変えていくプロジェクトを始動した。

夏のボブスレーコースを遊びつくせ「THE MONSTER PARK」

長野市ボブスレー・リュージュパーク(愛称「スパイラル」)は、日本で唯一のボブスレーコース。アジア最大規模のボブスレーコースでありながら、施設の老朽化や多額の維持管理費のために来年度以降は製氷を行わないことが2017年4月に長野市より発表された。この「スパイラル」を利用して企画されたのが、「THE PLAY LIST」の第一弾「THE MONSTER PARK PRODUCED BY NISSAN X-TRAIL」だ。日本各地から集まったエクストリームスポーツのプレイヤー約150名が、全長1,700mのコースを駆け抜けた。そり競技以外でコースを使うのは今回が初めての試みだという。参加者からは好評で、今後もイベントの開催を期待する声もあがっている。

日本中に眠る遊び場を求めて


日産自動車がエクストリームスポーツのプレイヤーを対象に行った調査
は、エクストリームスポーツをプレイできる場所が「足りない」「かなり足りない」との回答が94%にも登ったこうした結果を背景に、THE PLAY LIST」では、エクストリームスポーツに使用できる施設や土地を自治体や施設オーナー、一般からも募集している。応募できる場所は使われていない施設や、荒れ果てた土地などどんな場所でも問わないという。候補地は、安全面やエクストリームスポーツとの親和性などが精査され、その場所の「遊び場」化に向けたサポートが行われる。人々の記憶から忘れられていく場所が生まれ変わり、次世代への遊び場へと生まれ変わらせるこのプロジェクトの今後に注目したい。

<参考>
http://www.nissan.co.jp/SP/X-TRAIL/THEPLAYLIST/

(text: 平山 麻衣子)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

Monthly Selection:12月のおすすめ記事Best5

その月ごとの特におすすめの記事をピックアップしてご紹介する「Monthly Selection」。第一回となる今回は、これまで掲載したすべての記事から、特に人気の高かった5つの記事をセレクトしてご紹介します。

桐生の次は俺だ!
為末大はまだ、100m10秒を切る夢を
あきらめていなかった

2001年、2005年の世界陸上男子400mハードルで、銅メダルを獲得した為末大さん。現在は、スポーツ、教育、ビジネスの世界で活躍する彼は、まだ100mで10秒の壁を突破するという夢を捨ててはいませんでした。常に日本の陸上界をリードしてきた為末さんならではのアプローチと、その先に見据える世界とは?為末さんが館長を務める新豊洲Brilliaランニングスタジアムで話を伺いました。

モンスターをスーパーモンスターに。
世界中のトップアスリートが慕う、大阪のアニキ技師
【川村義肢株式会社:未来創造メーカー】

日本のトップアスリートのみならず、世界の名だたるパラアスリートからも信頼を寄せられる凄腕技師が大阪にいました。義肢装具業界のリーディングカンパニーとして知られる川村義肢株式会社で技師を務める中島博光さん。「弱い人を強くするための近道は、強い人をさらに強くするためのノウハウの中にある」という信念に基づく、彼のものづくりの極意に迫ります。

車いすで、エクストリームに宙を舞う男。
アーロン・フォザリンガム
【HERO Aaron Fotheringham】

2016年リオパラリンピックの開会式で、17mの高さから滑走し、車いすでアクロバティックに宙を舞った人物がいたことを、皆さんは覚えているでしょうか。世界初のフリースタイル車いすライダー、アーロン・フォザリンガム選手。現在は、ナイトロ・サーカスの一員として世界を回るなど、すっかり有名になった彼に、HERO Xもインタビューを敢行。圧巻のパフォーマンスムービーとともにご覧ください。 

元F1ドライバー、アレッサンドロ・ザナルディ
世界的ヒーローが歩んだ七転八起の半生
【Alessandro Leone Zanardi】

モータースポーツファンなら、その名を知らない人はいないであろうアレッサンドロ・ザナルディ。元F1ドライバー、CARTシリーズでの華々しい活躍、そして大事故からの両足切断。誰もが涙した悲報から、2年と経たないうちにパラ自転車選手として復活を遂げると、そこからは飛ぶ鳥を落とす勢いで世界の頂点へ。あまりに波乱万丈な彼の人生の奇跡を、改めて追ってみました。 

パラ経由オリンピック行き!?
障がいを抱えた成田緑夢の大胆な野望
【2018年冬季パラリンピック注目選手】

スノーボード界のスーパーブラザーズとして注目を集めた成田三兄弟。その三男、成田緑夢選手が今、スノーボードと陸上の跳躍競技という二足の草鞋で、冬季・夏季どちらのパラリンピックにも出場できるかもしれない希少な存在として期待されていることを、ご存知でしょうか。しかし、彼の夢はそれだけにとどまりません。パラ経由オリンピック行き。前人未到の世界に挑む、成田選手にインタビューを行いました。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー