スポーツ SPORTS

ロンドンパラリンピックの仕掛け人に聞く『東京2020成功のカギ』 ジャスパル・ダーニ氏 来日インタビュー 前編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

オリパラの開催都市として、世界の注目が東京に集まる2020年夏。「パラリンピックの成功なくして、東京2020の成功はない」――小池百合子都知事がそう語るように、スポーツの祭典としての成功以上にまぎれもなく問われるのは、真の意味で社会に変革をもたらす力があるとされるパラリンピックの成功だろう。史上最も成功したパラリンピックといえば、観戦チケット約278万枚を完売し、各競技場の客席が連日満員の観客で沸いた2012年のロンドン大会が記憶に新しい。その成功は、交通手段などのインフラ整備をはじめ、インクルーシブ教育の普及、パラスポーツの振興など、さまざまなレガシーを実現し、その後の社会のあり方を大きく変えた。東京2020開催まであと540日、大会のキモとなるパラリンピックを成功に導くための準備は万端といえるか。残された時間でできることがあるとすれば、それは何――。ロンドンパラリンピックの仕掛人、ジャスパル・ダーニ氏(Jaspal Dhani)の来日に際して話を伺った。

ロンドンパラリンピックが、
ロンドンにもたらした“レガシー”

ジャスパル・ダーニ氏は、7歳の時にインド・パンジャーブ州からロンドンへ家族とともに移住。1980年代初頭より車いすバスケットボールのプレイヤーとして活躍し、2005年には、私営の車いすバスケットボールチーム「ロンドン・タイタンズ」を共同創設。以来、今日に至ってコーチ兼経営者として、イギリス国内トップの強豪チームに育て上げてきた。また24歳の時から一貫してインクルーシブ社会の一助となるべくさまざまな社会活動に尽力するかたわら、Every Parent and ChildのCEO、Sporting Inclusionの創設者として、チャリティ活動にも熱心に取り組んでいる。障がいのある人もない人も互いに尊重し、支え合う共生社会を実現する契機としてロンドンパラリンピックを活用し、GLL(Greenwich Leisure Limited)をはじめとする英国大手企業や、英国公共テレビ局・Channel 4などのメディアと強固な連携体制を築くことによって、その成功に大きく貢献した重要人物である。

ロンドンパラリンピックから6年が経った今、イギリスはどのように変わったのだろうか。ダーニ氏は、公共交通機関の発展についてこう語ってくれた。

「例えば、“ブラック・キャブ”で知られるロンドンの街中を走るタクシーには、車いす用のスロープが標準装備されたことによって、車いすから降りることなく、そのままタクシーを乗り降りできるようになりました。これは新しいスタンダードですね。ロンドン市内では車いす用のスロープが装備されたバスや低床バスも導入され、以前に比べてはるかに優れたアクセシビリティが確保されています。これらの変化は、公共交通手段を誰にとっても“アクセスしやすいもの”にすることに全力を傾けてきたイギリス政府の努力の賜物だと思います。しかし、もとを辿れば、ロンドンパラリンピックの開催に際して、パラアスリートを筆頭にさまざまなキャンペーンを行ってきたからこその変化であり、政府にとっては、すべての人に“質”を提供するための義務だったとも言えます」

引用元:https://www.dezeen.com/

1863年に開通した「London Underground」(ロンドン地下鉄)は、そのトンネルの形状から“チューブ”の愛称で親しまれる世界最古の地下鉄。筆者は大学時代をこの街で過ごしたが、チューブの深度は異様に深く、どの駅にも例外なく急勾配の長いエスカレーターがあり、地上からホームに、ホームから地上にたどり着くまで、いつも小旅行をしているような気分だった。例えるなら、大江戸線で言うところの六本木駅のイメージに近い。加えて、どの駅にもエレベーターはなく、バリアフリー化とはほど遠い状況だった。それから10年ほどが経ち、ロンドンパラリンピックの開催決定を機に、競技会場に近い駅などにはエレベーターが導入され、一部ホームのかさ上げを行うなど都市整備が行われるようになり、車いすで利用できる駅がかなり増えたのだと、ダーニ氏は教えてくれた。

イギリスでは、エレベーターのことを「リフト」と呼ぶ。
引用元:https://www.constructionnews.co.uk/

「会期中、何百万人という人々がロンドンを訪れるのに、地下鉄にアクセシビリティがなければ、それはもはや悪夢です。政府は可能なかぎりのアクセシビリティの実現に向けて尽力するとともに、会期中は地下鉄の各駅にボランティアが常駐する体制を取りました。すなわち、より快適に移動するための助けが必要な人がいれば、助けることができる人がすぐそこにいるという状況を確保したのです」

つまり、オリパラ開催に向けてロンドンが注力したのは、既存施設をいかに最大限に有効活用し、大会に間に合うように加速度的に進めるかということであり、ハード整備で補えないところは、ソフト施策で対応したということになる。

「一歩進んではまた戻りながらも、地下鉄の駅を含める街のアクセシビリティは、今も確実に進化を続けています。これはロンドン大会のレガシーのひとつとして挙げられるのではないかと思います」

パラスポーツの熱狂が社会を変えた

「住居のアクセシビリティも発展し続けています。近年では、新しい家を建てる時にインクルーシブデザインを取り入れるケースが増えました。根底にあるのは、生まれたのと同じ家で、残りの人生を過ごせるというアイデア。私たちはこれを“ライフ・ロング・ホーム”と呼んでいます。言い換えれば、全体としてインクルーシブにデザインされているので、少しの改良を加えるだけで長く暮らせるということです。ロンドンパラリンピックの開催後は、インクルーシブ教育がより推進されるようになり、障がいのある子どもたちが普通学級で学べる環境整備も格段に進んでいます。また職業訓練を受けられる機会も増え、より多くの障がい者が職を得て働くケースも増えています」

このようにロンドンパラリンピックの成功は、数多くの良き変化をロンドンにもたらしたが、なかでも劇的に変わったのは、「何よりもパラスポーツの振興である」とダーニ氏は熱く語る。

「ロンドンパラリンピックは、パラスポーツそのものを飛躍的に促進させたと思います。Channel 4はアスリートたちを“スーパーヒューマン”と位置づけ、パラリンピックをメジャー大会として大々的に放送し、ラジオ局はアスリートのインタビューを取り上げ、世界各国の新聞各紙が連日パラリンピックについて大きく報道しました。全体として、パラスポーツがいまだかつてない形で世界に露出されたことは、市民や社会、大企業のマインドセットを変える大きなきっかけとなりました。決勝戦を見ようと、メイン競技場のロンドンスタジアムには6万人の観客が押し寄せ、車いすバスケットボールと車いすラグビーの試合が開催されたバスケットボール・アリーナには2万人の人々が詰めかけるなど、想像をはるかに絶する人気を獲得しました。これだけの成功を収めるとは、誰も予想していなかったと思います」

パラリンピックの商業的価値から生まれる
「ソーシャル・エンゲージメント」

元パラリンピアンで現英国上院議員であり、2012ロンドンでパラリンピック統合ディレクターを務めたクリス・ホームズ卿によると、同大会は、オリンピックの協賛企業すべてが、パラリンピックにも協賛した初めての大会だった。「パラリンピックに商業的価値を見いだした企業には、パラスポーツの一部になりたい、携わりたいという嘘偽りない願望があった」とダーニ氏は振り返る。

「それらの企業の人々は、パラアスリートを含む関係者たちに熱心にこう投げかけていました。あなたたちのスポーツやチームをさらに発展させるために、私たちに何ができますか?と。企業にとってパラスポーツやパラスリートと関わることは、今までになかった新しいビジネス創出の機会です。対して、アスリート側、スポーツ側は投資を受けることによって、その認知度を上げるとともに、アスリートたちは、より多くのトレーニングを積み、各種大会への出場に向けて励むことができます。そのもようが、テレビや新聞、雑誌などのメディアで報道されれば、さらなる相乗効果が生まれてきます。こうしたソーシャル・エンゲージメントは、スポーツを発展させ、ビジネスを助長していくうえで、双方にとって得るものが大きい、極めて魅力的な関係なのです」

その先陣を切ったのは、イギリスの大手スーパーマーケットチェーン、セインズベリー。10億円ともいわれる巨額を投じて、パラリンピックのオフィシャルスポンサーにいち早く就任し、大会開催の約3年前から、各店舗にパラアスリートを招いてイベントを開催するなど、彼らの存在を鮮烈に広めていった。国民的ヒーロー、元イングランド代表のデビッド・ベッカム選手がブラインドサッカーを体験する様子をメディアで放映し、100万人の子どもたちにパラスポーツを経験してもらうキャンペーンを実施するなど、セインズベリーの全面的なプロモーション活動が、その他の企業に火を点けたのである。

後編へつづく

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 増元幸司)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

天才集団が魅せる命がけのアクション&スポーツエンターテイメント『ナイトロ・サーカス10周年ワールドツアー』に行ってきた!

岸 由利子 | Yuriko Kishi

300万人を唸らせたワールドツアーが日本再上陸。 「ナイトロ・サーカス」は、Xゲームのスター選手を含む世界トップクラスのFMXライダーをはじめ、インラインスケートの絶対王者やBMXライダーたちが命がけで繰り広げるアメリカ発のアクション&スポーツ エンターテイメント。

オーストラリアやイギリス、フランス、スイス、ドバイなど、26カ国160都市で300万人以上を動員したワールドツアーは、2015年に日本に初上陸。はや3年が経ち、国内でも熱狂的なファンも増え、沸々と人気が高まっていますが、多くの人にとっては、まだちょっと馴染みの薄いイベントかもしれません。そこで今回は、2月19日に東京ドームで開催された「ナイトロ・サーカス10周年ワールドツアー」のもようと共に、ナイトロ・サーカスの魅力についてご紹介したいと思います。

世界トップライダーが魅せる超絶怒涛のパフォーマンス

2度目の日本上陸となる今回のイベントには、伝説のFMXライダー トラヴィス・パストラーナや、BMXとスクーターで30もの“世界初”を成し遂げたライアン・ウィリアムス、日本人現役BMXトップライダーの東野貴行、米国・欧州で人気を博すインラインスケートの「安床ブラザーズ」など、国内外の豪華選手が勢ぞろい。これだけでも十分に凄いことですが、内容は想像以上に過激です。

“メガランプ”と呼ばれる高さ15メートルのジャンプ台から猛スピードで滑り降り、豪快なトリックの数々を見せてくれますが、驚くことに、彼らが乗るのは、モトクロスバイク、自転車、スケートボードだけではありません。三輪車、ウィスキーの樽、ソファー、カヌー・ボート、ミニ新幹線、ポニー、病院の寝台車…、つまり、タイヤがついているものは何でもアリ!

「いかにもアメリカらしい!」と言うと、アメリカ人の皆さんに怒られそうですが、命がけで挑む場なのに、三輪車やポニーを出してくるあたりに、彼らのサービス精神旺盛なユーモアを感じてやみません。

ジャンプの瞬間に手放ししたり、バイクごと回転したり、度肝を抜くパフォーマンスが続々登場し、トリックが決まるたびに、会場は大興奮。「選手の背中に羽根が生えているのでは?」と何度も確認したほど、見事な空中パフォーマンスの連続でした。

カリフォリニア・ロールって、何なんだ!?

前半で一番の盛り上がりを見せたのは、アメリカv.s日本のトリックバトル。アメリカ側が、BMX(自転車)の二人乗りで、ダブル・フロント・フリップ(前方2回宙返り)とダブル・バック・フリップ(後方2回宙返り)を同時に見せたかと思えば、日本側は、なんとFMX(モトクロスバイク)3人乗りのフロント・フリップを披露しました。

ラストは、東野貴行による“カリフォリニア・ロール”で華麗にフィニッシュ。筆者もこの日初めて詳しく知りましたが、カリフォリニア・ロールとは、バイクはそのままで人間だけがシート上で後方宙返りする難技のことです。なんとなくイメージできたでしょうか?

息もつかせぬほどの連続ジャンプと驚異的なトリックに、雄叫びの声を上げる観客も多くいました。

二人のヒーローに見る人間の可能性

今回のナイトロ・サーカスのワールドツアーは、世界で唯一、下半身不随のFMXライダーのブルース・クック(右)と、車椅子ライダーのアーロン・フォザリンガム(左)のパフォーマンスなしには語れません。

ブルース・クックは、2013年のナイトロ・サーカスで、世界初となるダブル・フロント・フリップに挑み、記録を打ち立てるはずでしたが、着地時に体を強打し、下半身不随に。しかし、事故からわずか9ヶ月後、再びFMXに乗る動画を公開し、その1ヶ月後にはバック・フリップに成功。ナイトロ・サーカスには、2年足らずで奇跡的な復帰を遂げたという驚異の人、まさに生きるヒーローです。

カスタマイズされたバイクに体をくくりつけて、スタンバイ中のブルース選手。バイクに乗るには、下半身のバランスが重要。それは周知の事実ですが、彼は下半身不随によって、コントロールが全く効かない状況です。そこに、バイクをくくりつけるということは、「もしもの場合は、脱出できない」という大きな危険をはらんでいます。それでも挑み続ける勇敢な姿に、ブルース選手の燃えたぎる闘志が伺えました。

そして、いざバック・フリップ。みごと着地を決めた彼に、スタンディング・オベーションの嵐!ナイトロ・サーカスの選手やスタッフたちも、喜びを分かち合っていました。やっぱり嬉しい時は、万国共通ガッツポーズを決めるのだなぁと、再確認した瞬間です。

イベント後半の冒頭では、2015年に、39歳の若さで亡くなったナイトロ・サーカスのメンバーだったエリック・ローナー選手に、皆で追悼を捧げました。スカイダイビングの事故で、余儀なく命を落とした彼の顔がビッグスクリーンに映し出されたとたん、会場は厳粛なムードに。極彩色のライトと花火が上がる場面もあれば、静けさに包まれる場面もあり、喜怒哀楽の入り混じったドラマティックな展開が続きます。

もう一人のヒーロー、車椅子ライダー アーロン・フォザリンガム

2016年、リオ・パラリンピックの開会式で宙を舞う圧倒的なパフォーマンスを見せた車椅子ライダーのアーロン・フォザリンガム。記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?

脊椎披裂(二分脊椎)により、生まれつき足を使うことができない体に生まれたアーロン選手は、8歳からスケートパークで車椅子でのライド練習を始め、2006年に世界初となる車椅子でのバック・フリップを成功させます。ナイトロ・サーカスには、同年より出演。WCMX(車椅子で行うモトクロス)というニュー・ジャンルを切り開いた唯一無二の若き先駆者のパフォーマンスに、観客の期待も高まります。

「日本に帰ってきた気分は?」とMCに聞かれて、メガランプの上でスタンバイ中のアーロン選手は、「また来れてとても嬉しいよ。今日は、でっかいパーティなんだよね!」。今回のワールドツアーでは、日本のみの特別出演ということもあり、東京ドームは、いっそう熱気に包まれていきました。

一回目のフロント・フリップは着地時に転倒してしまいます。しかし、彼は何事もなかったかのように、すぐに立ち上がり、メガランプ(ジャンプ台)の頂上に立ち戻っていくのです。その姿に、拍手喝采が巻き起こりました。

彼の愛称“Wheelz(車輪)”を呼ぶ声が響く中、再度チャレンジ!今回は、みごと着地に成功。
ブルース・クック選手と固く手を取り合う姿が、印象的でした。

スリルと興奮の渦に巻き込む豪快なハイスピード・パフォーマンス

後半も終盤にさしかかり、登場したのはジョシュ・シーハン選手。2014年にオーストラリア人として初のXゲームスでタイトルを獲得して以来、2015年には世界初のモーターバイクによるトリプル・バック・フリップに成功するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの快挙を成し遂げてきたFMXライダーが見せたのは、史上最も危険なトリックと言われるトリプル・フロント・フリップ(前方3回宙返り)。

この時ばかりは、鼓動の高まりが抑えきれず、手に汗握りましたが、無事着地に成功。思うに、運動神経がいいとか、そういったレベルの話ではなく、ジョシュ選手をはじめ、ここにいる選手たちは皆、選ばれし人なのだと思いました。「人間って、こんなこともできちゃうんだよ!」という感動を世界に与えるために。

燃え上がる炎の中、選手全員がジャンプを連発するフィナーレは、お祭り騒ぎ。カラフルなウェアをまとう選手たち、玩具みたいに空中を舞うバイクや自転車…ナイトロ・サーカスとは、スリルと興奮の渦に巻き込む豪快なハイスピード・パフォーマンスなのです。

大技が決まるまでは、瞬きすら許されないのに、決まった時に訪れる爽快感のなんと気持ちのいいこと。やみつき必至です。パフォーマンスの素晴らしさは言うまでもありませんが、このイベントに、パフォーマーも観客も、そこにいる人たち全てが一体となって楽しめる空気が流れています。次回の日本公演も、ぜひお見逃しなく!

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 長尾 真志)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー