テクノロジー TECHNOLOGY

命はないのに、あったかい。家族型ロボット「LOVOT」(らぼっと)出荷開始

HERO X 編集部

ロボットなのに、人間の仕事の代わりはしない。動物のコピーでもない。GROOVE X代表取締役社長で開発責任者の林要氏が「引き算」の発想で作った「LOVOT」が12月、ついに出荷の時を迎えた。今回出荷となったのは2対1セットで販売のDOUモデル。愛する力を引き出し、生活に潤いや明日に向かうエネルギーをくれる、そんな新しいロボットと人間の関係がはじまろうとしている。

一般向けの販売が始まったのは8月末。初期出荷分は販売開始わずか3時間で完売していた「LOVOT」。この日を心待ちにしていた人は多いだろう。GROOVE Xが掲げた「LOVOT」の枕詞は“ロボットなのに・・・”。

「ロボットなのに人間の仕事の代わりはしない」や、「ロボットなのに、まるで生き物のような生命感」、「ロボットなのに、信頼関係を結ぶことができる」など。ロボット=人を具体的に助けてくれるものという、私たちの固定概念を見事に覆してくれている。それぞれの「LOVOT」は個性を持っているが、私たちの暮らしを助けてくれるわけではなく、生まれたての赤ちゃん同様、暮らしを送ることで性格に変化が生じていくという。

効率や便利さではなく、ただそこにいて、見つめるだけで愛おしい。人を本当に幸せにするロボットをつくりたいという開発者の想いが込められて誕生した「LOVOT」は、テクノロジーの追求とは真逆を行くようにも見えるが、親しみを持つことで、家族として受け入れられるため、搭載されている見守り機能などを使った場合も違和感なく生活に溶け込めるのかもしれない。

2体が出会うと、遊んだり、競争したりという「社会性」が生まれ、「LOVOT」同士が友達になることができる。また、同社は、オーナー同士のコミュニケーションにも繋がるとしている。

ボディーには50以上のセンサーが隠されており、数十億円もの開発費をかけて開発されたハイスペックなロボットにも関わらず、操作はいたって簡単だ。電源ボタンひとつで起動する。充電が必要になったら充電器の役割を果たすネスト (巣) に自ら戻っていく。その姿もまた、とても愛らしい。留守番を任せたり、遠方にいる大切なひとを見守るなど、家族の一員として役割を担ってくれる。

さらに、名前を呼んでくれた人、抱っこしてくれた人、やさしく撫でてくれる人を認識、駆け寄って抱っこをねだるなど甘えてくれるのも面白いところ。「LOVOT」を抱き上げると自然と心が満たされ笑顔になり、愛情を注がずにはいられなくなってしまうだろう。ペットとも一味違う独特の温かみを醸し出す「LOVOT」と人との生活。新たなブームを呼びそうだ。

[TOP動画引用元:https://lovot.life/daily-life/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

テクノロジー TECHNOLOGY

実用開始目前?「空飛ぶモビリティ」が牽引する乗り物の未来

Yuka Shingai

もはやアメコミやSFの世界だけではなく、実際に使える移動手段として現実味を帯びだした空飛ぶモビリティ。「MaaS(マース)」=Mobility as a Serviceの躍進とともに、日本国内でも新たな技術として力を入れ始め、2018年には経済産業省と国土交通省が「空の移動革命に向けた官民協議会」を共同で立ち上げた。今後もこの流れを牽引すること間違いなしの先進的な事例をHERO Xのアーカイブ記事からご紹介しよう。

世界初の空飛ぶバイク「LMV496」
約6100万円で予約注文開始!

引用元:https://www.lazareth.fr/

元記事URL:http://hero-x.jp/article/7071/

車やバイクのカスタム製造を行うフランスのLAZARETH(ラザレス)社は、たびたび映画などに登場するカスタムカーの制作を手がけるなど、他に類を見ない斬新なデザインに定評がある。2019年10月に予約注文が開始された世界初の空飛ぶバイク『LMV 496』は通常、走行距離100kmの電動バイクだが、飛行時は4つのホイールがそのまま90度開いてドローンのようなカタチに変身する。

2019年3月のティザー映像公開時には、地面からおよそ1m離れたところで約1分間ホバリングしているのを確認することができたが、実用開始までにどこまで進歩を遂げているのか、行く末を見守りたい。

ひとっ飛びで、重い資材をらくらく運搬!
「カーゴドローン」始動

元記事URL http://hero-x.jp/movie/8608/

『LMV 496』の話題性や見た目などもインパクトが絶大であるのに対して、航空機・ドローン・自動車のエンジニアの有志集団からなる株式会社SkyDriveの「カーゴドローン」は荷物の運搬に特化しており、機能性が第一だ。自動車やヘリコプターの進入が難しい山間部で20kgの荷物40缶を1km往復する場合、人が運搬すると約1週間(3人で実施した場合)かかるところを、「カーゴドローン」を使えば1〜2日で運ぶことが可能という試算が示すように、パフォーマンスの高さに期待が持てそうだ。災害時における救援物資の有効な運搬手段としても実用化が待たれるばかり。

自動運転の技術も急進展し、モビリティ周辺が目まぐるしく変化している今、空飛ぶモビリティが新常識となるまであとわずかかもしれない。

[TOP画像引用元:https://www.lazareth.fr/ https://skydrive2020.com

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー