テクノロジー TECHNOLOGY

命はないのに、あったかい。家族型ロボット「LOVOT」(らぼっと)出荷開始

HERO X 編集部

ロボットなのに、人間の仕事の代わりはしない。動物のコピーでもない。GROOVE X代表取締役社長で開発責任者の林要氏が「引き算」の発想で作った「LOVOT」が12月、ついに出荷の時を迎えた。今回出荷となったのは2対1セットで販売のDOUモデル。愛する力を引き出し、生活に潤いや明日に向かうエネルギーをくれる、そんな新しいロボットと人間の関係がはじまろうとしている。

一般向けの販売が始まったのは8月末。初期出荷分は販売開始わずか3時間で完売していた「LOVOT」。この日を心待ちにしていた人は多いだろう。GROOVE Xが掲げた「LOVOT」の枕詞は“ロボットなのに・・・”。

「ロボットなのに人間の仕事の代わりはしない」や、「ロボットなのに、まるで生き物のような生命感」、「ロボットなのに、信頼関係を結ぶことができる」など。ロボット=人を具体的に助けてくれるものという、私たちの固定概念を見事に覆してくれている。それぞれの「LOVOT」は個性を持っているが、私たちの暮らしを助けてくれるわけではなく、生まれたての赤ちゃん同様、暮らしを送ることで性格に変化が生じていくという。

効率や便利さではなく、ただそこにいて、見つめるだけで愛おしい。人を本当に幸せにするロボットをつくりたいという開発者の想いが込められて誕生した「LOVOT」は、テクノロジーの追求とは真逆を行くようにも見えるが、親しみを持つことで、家族として受け入れられるため、搭載されている見守り機能などを使った場合も違和感なく生活に溶け込めるのかもしれない。

2体が出会うと、遊んだり、競争したりという「社会性」が生まれ、「LOVOT」同士が友達になることができる。また、同社は、オーナー同士のコミュニケーションにも繋がるとしている。

ボディーには50以上のセンサーが隠されており、数十億円もの開発費をかけて開発されたハイスペックなロボットにも関わらず、操作はいたって簡単だ。電源ボタンひとつで起動する。充電が必要になったら充電器の役割を果たすネスト (巣) に自ら戻っていく。その姿もまた、とても愛らしい。留守番を任せたり、遠方にいる大切なひとを見守るなど、家族の一員として役割を担ってくれる。

さらに、名前を呼んでくれた人、抱っこしてくれた人、やさしく撫でてくれる人を認識、駆け寄って抱っこをねだるなど甘えてくれるのも面白いところ。「LOVOT」を抱き上げると自然と心が満たされ笑顔になり、愛情を注がずにはいられなくなってしまうだろう。ペットとも一味違う独特の温かみを醸し出す「LOVOT」と人との生活。新たなブームを呼びそうだ。

[TOP動画引用元:https://lovot.life/daily-life/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

テクノロジー TECHNOLOGY

感染が怖くて受診を先送りにする人が続出。眼科領域にも現れたAI診断

HERO X 編集部

高齢化により、目の疾患を持つ患者が激増している。眼科の待合室は常に高齢者でいっぱいの状態だ。なかには緑内障や白内障の眼底検査のためだけに定期的に通院している人もいるだろう。そんななか、診断支援AIを使うことによってスピーディに眼底画像を診断できるシステムが登場した。「Deep eye vision」は、一般の眼科クリニックの負担を大幅に低減することができる。

AIの一次解析を大学眼科の
読影医がジャッジ
コスト&時間を大幅に削減

Deep Eye Vision株式会社が提供するソリューション「Deep eye vision」は、医療機関が診察時に撮影した眼底画像を、クラウドシステムにアップロードすることができるシステム。アップロードされた眼底画像は、まず診断支援AIにより一次解析が行われ、その結果をもとに提携している大学眼科所属の読影医が診断をくだし、結果を医療機関にフィードバックする。

眼科クリニックは読影医を抱える必要がなく、検査だけに時間をかける必要もなくなる。大幅なコスト削減と、時間の削減が期待され、そのぶん、クリニックの医師はより付加価値の高い医療行為に専念できる。現在、自治医科大学附属病院健診センターを始め、個人クリニックや、地域の健診センターなどですでに稼働している。

クラウド型AI診断支援ソリューション提供イメージ(引用:https://deepeyevision.com

AIによるディープラーニングを活用することで、医師の負担も減らせるとともに、患者の負担も軽減することができる。検査の長い待ち時間は高齢者でなくても苦痛が多い。最近では子どもの3歳時健診の受診率が減少しているが、背景には両親の共働きによる多忙さがあるといわれている。

また、ゲーム機やスマートフォンの使いすぎによりドライアイや眼精疲労が起こる「IT眼症」も、子どもに増えており、心配されているところだ。眼の病気の中には早めの受診が必須のものもあり、子どもの眼の状態には気をつけておきたい。AI診断が普及することで時間短縮ができれば、健診や検査の受診率も上がり、未病を発見できる可能性も高まるのではないだろうか。

AIによる解析支援と専門医の高いスキルを組み合わせた診断システムは、すでに様々な医療機関で普及し始めている。受診する人が増えれば、データが蓄積され、より解析の精度も上がっていくだろう。人生100年時代を支えるテクノロジーに期待したい。

(トップ画像:https://deepeyevision.com

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー