プロダクト PRODUCT

モビリティの概念 〜移動の歴史〜

HERO X 編集部

人が活きるために必要なものは、「衣・食・住」といわれる。しかし、人類誕生から人間は捕食のため狩りをし、それは獣に限らず魚や木の実を獲るにしても、移動しなければ手に入らないのであって、移動は「衣・食・住」と共に、生きるための原点である。HERO Xでは移動の歴史を紐解きながらモビリティの概念について触れたいと思う。

動物や自然の力から
「移動」の歴史は始まる

人における歴史は、移動の歴史と言っても過言ではない。自分の足で移動するだけだった人は、いつしか「乗りもの」を手に入れ、移動する範囲をさらに遠くへと広げていった。移動する範囲を広げることで、自分たちの可能性を拡大していったのだろう。今回は、移動に関するモビリティの歴史を紐解き、人々の生活や社会がどのように発展してきたのかを振り返ってみよう。

モビリティで移動は
さらに便利になる

2018年1月、米国ラスベガスでおこなわれた『CES 2018』にて、トヨタ自動車の豊田章男社長が「モビリティ・カンパニーへと変革する」と宣言をおこなった。以来、広く一般にも注目されることとなった「モビリティ」なるワード。本来は「移動性」や「流動性」といった広義の英単語だが、いまや「未来の移動手段」といった意味合いで使われることが多い。

さらに、日本政府も「未来投資戦略2018」のなかで「MaaS(Mobility as a Service)」の推進を重点分野に掲げた。マース(MaaS)とは、鉄道やバスなどの公共交通機関、タクシー、カーシェア、サイクルシェアといった移動手段(マイカーを除く)を、シームレスに連携させていこうとする試みだ。スマホのアプリで出発地から目的地までを検索、そこで提案されたルートの予約から支払いまでも一元化していこうとしている。

「モビリティ」なるものがなぜ注目されるようになったのか? そこには、自動運転技術やEV自動車の進化がある。さらには、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、IoE(すべてがインターネットでつながること)といった、自動運転や各種連携をサポートする最先端技術が生まれたことも大きい。人類は今、さらに「便利」な「未来の移動手段」を描くことが可能になったのだ。

今後、私たちに深い関わりを持つ「移動」がどのように変化していくのか。その点について注目していきたい。

 

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

子どもの健やかな発育をサポートするプロダクトをピックアップ

Yuka Shingai

元気よく動き回っていた直後にぐったりしたり、ちょっと目を離していたすきにそれまでできなかったことができるようになったり、日々そばで過ごしている親ですら子どもの体調や成長を先読みするのは至難の業だ。急な不調や異変をうまく言葉にできない子どもに寄り添ってくれるプロダクトを合わせてご紹介しよう。

奇妙な形のメガネがもの凄く売れているらしい。
乗り物酔い防止メガネ「SEETROËN」

元記事URL:http://hero-x.jp/movie/6456/

フランス生まれのちょっと風変わりなメガネ、「SEETROËN(シートロエン)」は、お出かけの悩みのタネでもある車酔いを解決してくれるアイテムだ。主に幼児期〜学童期の子どもは、身体の平衡を保つ小脳が発達途中のため、車酔いの悩みを抱える子どもたちは多い。

SEETROËNが前後左右に傾けばフチに密封された青色の水も一緒に動き、三方を囲むことで、脳が水平を感じたままでいられ、視覚情報とバランスというふたつの知覚のズレを防いでくれるのだという。装着後は10分以内に95%の乗り物酔いに効き目があるとのことで、その効果のほどを試してみたいところ。

現在は欧州のみでの販売だが、日本上陸が待ち遠しい!

日本でも浸透中!頭のフォルムを美しく再成形する
赤ちゃんのヘルメット

元記事URL:http://hero-x.jp/article/8208/

オーダーメイドのリモルディング・ヘルメットでの絶壁頭(頭蓋変形)の矯正治療実績を誇る兵庫県・西宮協立リハビリテーション病院での編集長対談インタビュー。

頭蓋変形から耳の位置が左右で違ってしまい、体全体のバランスが崩れて背骨が歪んだり、肩こりの原因になったり、噛み合わせが悪くなるなどの問題はあるものの、いずれも命に関わる大きな問題ではなく、患者の使用目的の多くは歯科矯正のように見た目の改善のためであると三宅裕治院長は語る。装着期間は約6か月間だが、早ければ2~2.5ヶ月で終わるケースもあり、技術の進歩が加速すれば、矯正もより身近なものとなっていきそうだ。

子どもに優しい製品が増えることで、親をはじめとする周りの大人も安心できる世の中の実現に期待したい。

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー