コラボ COLLABORATION

伊藤智也選手の応援歌「ノンフィクション」収録!ハニエル待望のサードアルバムがリリース

川瀬拓郎

昨年末に公開したHERO X編集長杉原とハニエルKYOHEIの対談記事でもお伝えした通り、2020年パラリンピックの車椅子陸上代表が内定した、伊藤智也選手の応援歌「ノンフィクション」を表題曲にした、Honey L Daysのニューアルバム「ノンフィクション」が、いよいよ1月27日よりアルバム全曲を配信予定、Amazonなどで全国流通も決定。

前作「Change」から数えると約8年ぶりとなる本作は、KYOHEI完全プロデュース作となっており、映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ』の挿入歌となった「君が笑っていてくれるなら」、タイガー魔法瓶ショートフィルム「あなたと・・・To Be With You~」主題歌「あなたと」など、書き下ろしテーマソングの他、音源化が待ち望まれたライブの定番曲や新曲を含めた全10曲を収録。

躍動感あふれるパーカションとコーラスが印象的な「ノンフィクション」はもちろん、浮遊感のあるアレンジが冴えるミッドテンポの「Smile Again」、疾走感あふれるロックチューン「無限大LIFE」、ヘヴィーなギターリフとダンサブルなリズムが交錯する「JUMP」、しっとりとしたバラードソング「あなたと」など、バリエティ豊かな楽曲が満載。まさにハニエルの集大成とも言える、スケール感のある内容となっている。

Honey L Days 3rd ALBUM「ノンフィクション」曲目

  1.  ノンフィクション
    —パラリンピック2020車椅子陸上代表内定、伊藤智也選手応援歌—
  2. DREAM MAKER
    — 元プロ野球選手、坪井智哉の人生にインスパイアされたメッセージソング —
  3. 君が笑っていてくれるなら
    — 映画『 L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ 』劇中歌 —
  4. smile again
  5. ONE
  6. 無限大LIFE
  7. JUMP
  8. 明日への架け橋
  9. あなたと
    — タイガー魔法瓶ショートフィルム、テーマソング —
  10. メリークリスマス

アルバム発売を記念したLIVEツアーが、1月20日(月)東京 初台DOORSよりスタート。詳しくは、下記のHoney L Days公式サイトを参照ください。

https://honeyldays.com

(text: 川瀬拓郎)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

【mirai.Response】注目トピックスBEST 5(21年3月2週目)

モビリティ・スマートシティビジネスメディア「mirai.Response」の注目トピックスをお届けします。

VW、モビリティプロバイダーへの変革を加速…
新しいデータベースのビジネスモデル確立へ

フォルクスワーゲングループがソフトウェア主導のモビリティプロバイダーへの変革を加速させると発表した。近年フォードやトヨタなど、世界でもトップクラスの販売台数を誇るOEMが「モビリティサービス企業」への”進化”を打ち出しています。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/09/1318.html

【ホンダ レジェンド 新型】
レベル3自動運転の意義・意味—
Honda SENSING Eliteとは?

世界で最初に型式承認を取得した、自動運転Lv.3を搭載したホンダのレジェンドですが、世界ではLv.3を飛び越えてLv.4の開発を進めている企業も少なくありません。今後のホンダの自動運転開発戦略にも注目です。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/05/1278.html

ダイムラーとボルボ、
新合弁「セルセントリック」設立…
2020年代後半に燃料電池量産へ

ダイムラーとボルボがカーボンニュートラルに向けた取組みを加速させています。ダイムラートラックは現在の燃料電池業務をすべてこの合弁事業に集約し、ボルボグループはこの合弁に6億ユーロ(約780億円)を出資する予定。なお、カリフォルニア州が「今年はトヨタの新型MIRAIの販売台数躍進によりカリフォルニア州のZEV対応車両が増加するだろう」との予測を出しているほど、新型MIRAIは北米市場で受け入れられており、次なる”プリウス現象”の兆しも見られます。今後それに追随してFCV開発に本腰を入れるOEMもじわじわと増加していきそうです。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/04/1255.html

小鵬汽車、フラッグシップセダン
『P7』に高速道路乗り降り可能な運転支援機能追加
– OTAアップグレードで

「中国版テスラ」とも言われる小鵬(シャオペン)汽車が、大規模なOTAアップグレードによって、限定条件下での自動運転Lv.3に相当する機能を搭載させました。OTAアップグレードではやはりテスラが先行していますが、日系OEMよりも先に中国の新興OEMがこうしたことを実現させていることは注目に値すると言えそうです。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/04/1254.html

BMWやメルセデスベンツ、
安全なデータ交換を目指す
アライアンス設立…業界標準を構築へ

BMWやメルセデスベンツといったドイツ企業を中心に、安全な企業間データ交換を目指すアライアンス「Catena-X」が設立されました。両社は自動運転やモビリティサービスの開発を共同で行う戦略的提携を過去に発表し、その後中断していますが、こうしたところで再び連携し始めています。今回のこの取組はMaaSなどに深く関連する領域で、自動車サイバーセキュリティの国際規約もドイツ勢を中心に立ち上げられた過去があるので、こうした”ルール形成戦略”的な動きの速さはさすがだと言えます。

記事を読む▶https://mirai.response.jp/article/2021/03/08/1289.html

(TOP画像引用元:mirai.Response)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー