スポーツ SPORTS

目指すは金 “おっちゃん”伊藤智也選手の挑戦

HERO X 編集部

2021年。57歳になった伊藤智也選手はNHKのインタビューの中で「2024年・パリ大会」という言葉を口にした。パラリンピック東京大会を控えた伊藤選手の目は、すでにその先の大会に向いている。会社経営者だった伊藤選手がパラリンピックを目指すことになったのは、自身のちょっとしたミスからだった。34歳の時に難病の多発性硬化症を発症、車いす生活を余儀なくされたとき、間違えて注文してしまったのが陸上競技用の車いすだった。しかし、ここからがすごい。発症の翌年から陸上を始め、北京パラリンピックでは金メダル2個、ロンドンパラリンピックでは銀メダル3個を獲得し、伝説の車いすランナーとなった。その後、一度はレースの世界から退いた伊藤選手だが、今回の東京パラで再びランナーとして走ることを決めた。

5年間のブランクを乗り越えて
2020年に向けた挑戦

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、2020年開催予定であった東京オリンピック・パラリンピックが1年延期。アスリートにはさまざまな波紋が広がった。

夏に身体のピークを合わせていたアスリート達は、この延期とどう向き合ったらいいのか。心を乱したアスリートも多く、練習に身が入らないアスリートもいたと聞く。しかし、伊藤選手にとってこの1年間は、さらに強くなるための時間だったのかもしれない。

“おっちゃん”の星として「頑張らなあかんな」と語る伊藤選手は、いったん競技生活から退いていたが、5年間のブランクを経て2017年夏に現役復帰を宣言。2019年の世界選手権では、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得し、東京パラリンピックの代表に内定していた。2020年開催予定であった東京オリンピック・パラリンピックが1年延期もしくは中止になったとしてもこのままでは終われない、次の2024年は「パリでひとつ花火を打ち上げたる」と闘志を燃やす。

最高のマシンを巧みに操ることで
パフォーマンスを発揮するパラリンピックの世界

そんな伊藤選手だが、最高のパフォーマンスを発揮するにはマシンの存在は大きいという。マシンを使うパラスポーツは健常者の陸上競技とは違い、人が3割、マシンが7割というくらいマシンの存在は大きいそうだ。自動車のF1レースのように、最高のマシンをドライバーが巧みに操ることで最高のパフォーマンスを発揮する。

その競技用車いすを手掛けるのが株式会社RDSだ。実は伊藤選手の現役復帰は、RDSの代表を務める杉原行里の「伊藤さん、もういっぺん、走る気はありますか? あなたの体に合ったマシンを開発したら金メダルを獲れますか」という問いかけがきっかとなっている。

記事を読む▶獲るぞ金メダル!東京2020で戦うための究極のマシン開発に密着 伊藤智也×RDS社【究極のレースマシン開発】Vol.1 前編

こうして、オールカーボン製で細部まで伊藤選手の体と一体になるオーダーメイドマシンが世界で初めて生まれた。

2020年には数年ぶりに病気が再発し、少しだけ影響も出ているという伊藤選手だが、“おっちゃん”の挑戦は、すでに2024年のパリに向かって走り出している。

関連記事を読む

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

最高時速100キロ以上!雪上のF1チェアスキーを、素人にやらせてみた【X-Challange】

岸 由利子 | Yuriko Kishi

プロアスリート×芸人がお届けする『X-CHALLENGE』とは!?「X-CHALLENGE」は、パラアスリートのエクストリーム・スポーツの凄さを、お笑いコンビ、シンプルの大蜘蛛さんが体を張ってお届けする連載企画。マシンの乗り方や操作方法など、プロのアスリートに直接手ほどきを受け、その場で実践するというエキサイティングかつ危険をはらんだ内容です。

「骨折覚悟で挑みます!」と男気あふれる抱負を語ってくださった大蜘蛛さん。「危ないから、やっぱり止めておきません?」と躊躇する人はなく、HERO-X編集部の誰もがその勇気にかけてみたいとワクワクしました。さすがは芸人さん!

とはいえ、アクシデントが起こる可能性は無きにしもあらず。スタッフ一同、全力でサポートすることを胸に、記念すべき第一回の取材地へと向かいました。

今回は、エクストリーム・スポーツの代表格、チェアスキー
日本代表の夏目選手が直々、伝授!

都内から車で約3時間。長野県の白馬八方尾根スキー場に現れたのは、チェアスキー日本代表の夏目堅司さん。2010年のバンクーバー、2014年のソチと、パラリンピックには2度の出場を果たし、現在は、来たる2018年のピョンチャンパラリンピックに向けて、トレーニングの真っ最中。夏目さんいわく、「全日本選手権のようなもの」というジャパンパラ競技会では、金メダル獲得も間近と期待される注目のアスリートです。

シュゴゴゴゴ、シュゴゴゴゴ。雪を切る轟音と共に、チェアスキーに乗った夏目選手が、猛スピードでゲレンデを滑り降りてきました。種目によっては、時速100kmを超えるスピードで雪上を走るチェアスキーは、まさにエクストリーム・スポーツと呼ぶにふさわしいアグレッシブなパラ競技。風と同化したかのように軽やかな身のこなしで、舞い上がる雪と共に、私たち一行の前で立ち止まった夏目選手。

初対面した大蜘蛛さんは、開口一番、「スキー場に行くっていうから、ソリかスノーボードかと思ってたんですけど…。チェアスキー、僕がやるんですか!?」。ゲレンデだというのに、額には汗。慌てふためくのも、無理はありません。今の今まで、チャレンジの詳細は、知らされていなかったのです。


「足の感覚がない。腕だけで歩いてるみたい。めっちゃ怖いです…」

有無を言わさず、早速練習スタート!チェアスキーのマシンは、1本のスキー板の上にシートが取り付けられています。(2本のタイプもあるそうです)そのシートに座り、「アウトリガー」と呼ばれるストックを両手に持ち、左右のバランスを取りながら滑るのですが、滑る以前に、そもそも、素人にとっては、静止状態で立つことすら難しいことが、早くも判明。

シートは見た目よりずっと小さく、細身の女性のお尻がちょうどはまるくらいのサイズ。そこに、体重85キロの大蜘蛛さんが乗ること自体、無理があるのではないかと心配するも、「大丈夫です」という夏目選手の言葉に背中を押されて、ひたすら立つ練習の繰り返し。

「足の感覚がないんです。腕だけで歩いてるみたい。めっちゃ怖いです…」と、大蜘蛛さん。筆者も試乗してみたのですが、腰回りと膝部分をベルトで固定しているため、下半身の自由がほとんど効かず、支えてもらって、かろうじて数秒立てる、支えがなければ、すぐにバランスを崩して転ぶという感じなのです。

一度転ぶと、立つのがまた大変。要は、マシンと下半身が合体したような状態なので、マシンごと起き上がらせなくてはならないのです。しかも、大蜘蛛さんの体重と合わせたら、総重量は約100キロ。まったく予期しなかった力仕事でしたが、取材スタッフ一同、“起き上げ隊”となり、支え続けました。(翌日、ひどい筋肉痛に襲われた人も発生)

「安定して風に乗ったら、めちゃくちゃ気持ち良かった!」

「見てください、この安定感!もうこのまま、寝れますよ」。そうこうするうちに、立てるようになっていた大蜘蛛さんに、夏目選手からアウトリガーの使い方が伝授されました。左右の手に持ったアウトリガーに重心をかけて、マシンごと、自分の体をグッと持ち上げるーコツをうまく掴めたようで、チェアスキーに乗る姿も、だんだんサマになってきた…。

しかし、おちおちしてはいられません。今回のミッションは、日が暮れる前に、チャレンジをやり遂げること。「平坦な方が、命の危険は少ないだろう」と判断した一行は、リフトに乗り、白馬八方尾根スキー場の山頂エリアを目指すことに。

真下に広がるのは、銀世界の白馬村。周りを見渡せば、雪化粧の山々。ここまで来たら、もうやるしかありません。「やったるで!」という芸人魂が、大蜘蛛さんの真剣な眼差しに現れていました。

夏目選手の滑る姿は、とにかく美しく、ただ見惚れるばかり。その後を追うように、滑っては転び、転んでは立ち上がり、挑戦し続ける大蜘蛛さん。

マシンごと背後からスタッフがトーンと押し、その勢いに任せてなだらかな傾斜面を滑るー最初はバランスを崩して転ぶこともありましたが、何度か繰り返すうちに、滑る時間も長くなり…。しかし、先ほどとは打って変わって、「コレ、めちゃくちゃ難しいですよ」となんだか険しい表情。どうやら、本気スイッチがONになったもようです。

朝から食事も取らず、ロクに休憩することもないままの強行特訓でしたが、それにもめげず、短い時間に物凄い集中力を発揮して、ついにここまで滑ることができるまでに!

「最初は、やっぱりめっちゃ怖かったんですけど、安定して風に乗ったら、めちゃくちゃ気持ち良かったですね。転んだら、一人では立てへんし…この競技のそういう大変さも分かりました。そして、起き上げ隊の皆さん、本当にありがとうございました。人のありがたみっていうか、温かみを感じました」

チャレンジを終えたシンプル大蜘蛛さんいわく、滑走中、風が耳元で語っていたのだそうです。「オレは、大蜘蛛の味方だよ。大蜘蛛じゃないと吹かないぞ」と。

X-CHALLENGE、いかがでしたか?次回は、さらにエクストリームなスポーツにチャレンジするかも!?乞うご期待ください。

夏目堅司(Kenji NATSUME)
1974年、長野県生まれ。白馬八方尾根スキースクールでインストラクターとして活躍していたが、2004年にモーグルジャンプの着地時にバランスを崩して脊髄を損傷。車いす生活となるも、リハビリ中にチェアスキーと出会い、その年の冬にはゲレンデへの復帰。翌年、レースを始め急成長、わずか1年でナショナルチームに入り2010年バンクーバー、2014年ソチへの出場を果たした。

シンプル 大蜘蛛英紀
サンミュージックプロダクション所属。キングオブコント2012 / 2016にて準決勝進出の実力 を持つお笑いコンビ「シンプル」のボケ担当。
http://www.sunmusic.org/profile/simple.html

(photo・movie: 大濱 健太郎 / 井上 塁)

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー