スポーツ SPORTS

最速技術とモビリティの未来に向けてGO!いよいよ開幕 F1 2021シーズン

技術と技術のぶつかり合い、世界最速を決めるFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)の2021シーズンが3月26日に開幕する。株式会社RDSとスクーデリア・アルファタウリ・ホンダ(以下、アルファタウリ)のパートナーシップも3シーズン目を迎える。 両社が共有するのは最速の技術から生まれるモビリティの未来だ。

F1は、モータースポーツの最高峰である一方で、自動車業界における最先端研究の開発の場という側面も持つ。レースはいわば各社による技術の競い合いの場でもあるのだ。生み出された技術は、乗用車や街づくりのインフラなど、様々な形で私たちの日常に落とし込まれていく。3シーズン目を迎えるRDSとアルファタウリとのパートナーシップ。あらゆる面で協力体制を強化し、モビリティの未来をともに作っていきたいという。

アルファタウリのアカウントマネジャーとの対談では、F1におけるスポーツビジネスの今後について、HERO X編集長の杉原行里が話しを聞いた。

記事を読む▶F1ガスリー初優勝!アルファタウリ・ホンダ スポンサーキーアカウントマネージャーが話すスポーツビジネスの裏側

RDSでは、F1で培った開発力をパラスポーツへ転換、車いす陸上のマシン開発に還元する活動を続けている。今、開発を進めているのがパラリンピック東京大会で金メダルを狙う伊藤智也選手のマシン。二つのスポーツから生まれた身体データを活用する技術を使い、未来のモビリティ、そして高齢化社会における未病対策や移動弱者などの課題解決にも挑戦する。

関連記事を読む

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

成功率100%!?バスケロボット「CUE3」の放つ華麗なフリースローが凄い

HERO X 編集部

ひざのクッションを上手に使いながら見事なフリースローが次々と決まっていく。よく見ればロボットだ。なんとこの人の形をしたロボット「ヒューマノロイドロボット」は、連続フリースロー記録を更新、2020本もの連続シュートを決め、ギネス世界記録に認定された。

この偉業をなしたロボットは B.LEAGUE アルバルク東京に所属する AIバスケットボールロボットの「CUE3」(キュースリー)。開発を手掛けたのはトヨタ自動車株式会社 AIアスリートロボット開発グループのメンバーだ。身長204㎝、体重は76kg。NBA選手の平均身長がだいたい201㎝と言われるため、「CUE3」は少し大柄。「CUE3」の左手にボールを乗せると滑らかな動きでセットポジションへ。そこからひざを程よくまげて綺麗にシュートを決めていく。バスケットのフリースローはゴールに描かれた白い枠を目指して投げるとシュートが決まりやすいことから、胸部の赤外線センサーとカメラで白枠を認識、シュートを次々と決めていく。

ギネス認定証を受け取る開発グループメンバーと「CUE3」(トヨタアルバルク東京提供)

東京オリンピック・パラリンピックが行なわれる2020年にかけて2020回にチャレンジしたという今回の挑戦。映像はほんの数秒にまとめられているのだが、達成までには6時間35分がかかっていた。見守る人々の歓声の大きさがそのチャレンジの長さを物語ってくれている。開発にあたったグループ長の野見知弘氏は「今回のギネス世界記録達成をきっかけに、バスケットボールに興味を持ったり、何か新しいことにチャレンジしようと思ったり、そういう人が1人でもいてくれたら嬉しいと思います」とコメントしている。

100%フリースローを決める「CUE3」。アルバルク東京は最強の選手を手に入れたことになる。アルバルク東京のYouTube公式チャンネルにはこの「CUE3」をはじめ、旧式モデル「CUE2」の映像も公開されている。何度見ても飽きない映像。B.LEAGUEをますます盛り上げてくれそうだ。

[TOP動画引用元: https://youtu.be/qxt0HVijFy4

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー