福祉 WELFARE

Undesirable Elements「生きづらさを抱える人たちの物語」が、東京・大阪で上演決定

HERO X 編集部

テクノロジーの進化が進んでも、変らずに存在することがある。そのひとつが「生きづらさ」ではないだろうか。難民や戦争孤児、社会的、人種的マイノリティーなど、多岐にわたるテーマを取り上げてきた演劇、「Undesirable Elements」(アンデザイアブル・エレメンツ)シリーズが日本財団の主催で上演される。今回の日本公演でのテーマは「障がい」。同シリーズを手掛けているニューヨークを拠点に活躍する国際的アーティストのピン・チョンが作・演出を手掛けるほか、共作、共同演出を阪本洋三が行なう。


毎回、当事者へのインタビューをもとに演劇作品化しているこのシリーズ。今回も当事者を役者として起用することから企画がはじまった。障がいなどにより、社会での生きづらさを抱えている出演者を公募、約60人の応募の中から選ばれた6人が抱える「生きづらさ」をベースに、それを演劇的に再構築、本人が役者として舞台に立つ。性別違和感、統合失調症、聴覚障がい、視覚障がい、軟骨無形成症など、それぞれが抱える「生きづらさ」は決して軽いものではないが、作・演出のピン・チョンは「障がい者への理解を深めると共に、実際には誰もがいつかは障がいを持つ可能性があることを認識してもらえたら」と語っている。東京、大阪で公演。詳しくは特設サイト https://ue-j.com へ。

〈公演概要〉
Ping Chong’s ドキュメンタリー・シアター
Undesirable Elements 『生きづらさを抱える人たちの物語』


【東京公演】
日時: 2019年1月18日(金)- 20日(日) 全4公演
会場: 東京芸術劇場 シアターイースト
【大阪公演】
日時: 2019年1月26日(土)- 27日(日) 全3公演
会場: グランフロント大阪 北館4階 ナレッジシアター
主催:一般財団法人日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)※東京公演のみ

[TOP動画引用元:https://www.youtube.com/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

福祉 WELFARE

車いすのアーティストTAKAYUKI MATSUMINEによる個展「The perfect Accident-完璧なる事故-」が岩手で開催

中村竜也 -R.G.C

自身の特別な経験、それに伴う強烈なインプットから超越的な作品を生み出す気鋭のアーティストTAKAYUKI MATSUMINE。2001年に起きた“あの、完璧だった事故”を紐解く。

2001年フリースタイルスキー中の転倒事故により、頚椎を骨折、脊髄を損傷し四肢麻痺となったMATSUMINE氏。アクシデントから16年、人生の半分を車いすに座って見て来た今の彼が表現する個展「The perfect Accident-完璧なる事故-」では、口に筆を咥えて描くマウスペインターの枠を超えたTAKAYUKI MATSUMINEの新しい世界観を楽しめる。

今回の個展では、先日発表されたパーソナルモビリティWHILLとのコラボレーション企画「Metamorphosis」も展示。WHILLのプロダクトパーツを使用したイーグルのオブジェは、空に向かって羽ばたかんとする圧巻の表現力を体感できるだろう。ほかにも自身が好むドクロをモチーフにした物体造形、キャンバス、インスタレーションなどが一堂に会す。

「脳、神経、それら首から上の能力が残ったことはちょうどいい」とMATSUMINE氏は語る。彼にとって事故による破壊と残存機能のバランスは完璧であり、それが相互作用することで新たな価値を創造し、発展を遂げてきた。MATSUMINE氏の作品を見れば、事故によって授かった感性が唯一無二のものであることは言うまでもない。

これまでも自由な感性でさまざまな化学反応を起こしてきた彼が改めて捉え直した自身の事故の記憶。破壊と再生を経たアーティストTAKAYUKI MATSUMINEが表現する「The perfect Accident」に注目したい。

The perfect Accident-完璧なる事故-
会期:2018年11月28日(水)〜12月2日(日)
会場:aiina(アイーナギャラリー)
住所:岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1 5F
時間:12:00~20:00(最終日は〜18:00)
エントランス:無料

(text: 中村竜也 -R.G.C)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー