スポーツ SPORTS

WOWOWドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」にアルペンスキー世界王者森井大輝が登場!

平山 麻衣子

パラスポーツの競技だけでなく、人生においても自信に満ちあふれたアスリート達が放つ「これが自分だ!」という輝きを描いたIPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」2017年10月に放送開始されたシーズン2。2月4日から放送される冬季競技に、アルペンスキーの森井大輝選手が登場する。

アルペンスキーはパラリンピックの全競技中、最も早いスピードで競い合う冬の花形競技だ。チェアスキーの滑降速度は、最大で時速100kmを超える。森井選手は2002年ソルトレイクパラリンピックへ初出場すると、数々の国際大会で結果を残していく。4度のパラリピックで獲得したメダルは、銀メダル3枚と銅メダル1枚。また、IPCアルペンスキーワールドカップでは3度年間総合優勝を飾っている。

しかし、世界王者森井が唯一手にしていないのが、パラリンピックの金メダルだ。「金メダルは僕を応援してくれている人たちへ恩返しをする意味でも、必ず欲しいもの」と語る森井選手。特別な思いを抱えながら、2018年3月にピョンチャンパラリンピックへと挑戦する。

IPC&WOWOW
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM シーズン2
2月4日(日)冬季競技3番組放送スタート!
2月3日(土)、4日(日)夏季競技5番組放送
2月18日(日)よる9:00 WOWOWプライム
悲願の金メダルを狙う世界王者:森井大輝
詳しくは番組オフィシャルサイト
http://www.wowow.co.jp/sports/whoiam/
https://www.parasapo.tokyo/interview/6/

(text: 平山 麻衣子)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

障がいなんて関係ない!「アダプティブサーフィン」の体験会に行ってみよう

HERO X 編集部

障がいの有無に関わらず、サーフィンを楽しみたい! そんな思いで活動を開始したJASO日本障害者サーフィン協会は7月22日(日)午前10時から千葉県大原海水浴場で「サーフィン体験会」を開催する。

障害者サーフィン世界大会の採点基準を採用し5月に開催した初のイベント「アダプティブサーフィン エキシビジョンマッチ2018」では、7人が大会に参加、大盛況のうちに閉会を迎えた。大会に観客として参加した人や、メディアで活動を知った人々から「障がいを持っていてもサーフィンできると知っていたが、なかなかきっかけがなかった」など、多くのメッセージが寄せられた。そこで今回、アダプティブサーフィンの裾野を広げようと「体験会」を企画した。

関係者は、「開催場所の大原海水浴場は駐車場が広く、駐車場に隣接して身障者用トイレ、シャワーもあり便利。コンクリートで舗装された場所から波打ち際までの距離も近く、身体障がい者が海を楽しむのにとても良い場所です」とコメント。当日は海用車いすのビーチスターも配備の予定。ウエットスーツやボードなどは主催者側で用意してくれる。参加費用は8000円。夏の海、あなたも満喫してみては?

場所:千葉県大原海水浴場 〒298-0003 千葉県いすみ市深堀
定員:10名
参加費:8000円(ウエットスーツ、ボード等レンタル料込)
問い合わせ先:同協会 和田:info@jaso-surf.org 

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー