コラボ COLLABORATION

世界を駆け抜けるレーサー金丸ユウがコックピットから見た新しい世界とは!? 【HERO X RADIO vol.34】

HERO X 編集部

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第33回のアーカイブ動画を公開、また次回の収録は9月25日(金)となっている。

ついに再開!フォーミュラカーレース
金丸選手が見た世界のレース最前線

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

第34回となる今回のゲストは、1月にドバイ・オートドロームで開催された2019-2020 アジアF3選手権 ラウンド2 ドバイ レース3において初優勝を果たしたレーシングドライバーの金丸ユウ選手。「世界を駆け抜けるレーサー金丸ユウがコックピットから見た新しい世界とは!?」をテーマに、HERO X編集長・杉原行里とプロデューサー・佐藤勇介が話を伺う。

金丸ユウ(かなまる・ゆう)
1994年生まれ、東京都出身。
4歳からカートを始め12歳で単身ヨーロッパに渡り、モータースポーツの世界へ。17歳の時にカート世界選手権(KF1)でアジア人として初めて優勝を飾った。その後、フォーミュラカーに転向。FIA F3アジア選手権 2020シーズンにBlackArts Racingから参戦。
今年1月に行われたドバイ・オートドローム2019-2020 アジアF3選手権 ラウンド2 ドバイ レース3でも見事に優勝を果たしている。

アルファタウリ・ホンダ イタリアGP優勝!
そして、ついに始動!?巨大ロボMEGABOTS

本日公開となった第33回の放送では、久々の登場となったHERO X編集長・杉原行里が「アルファタウリ・ホンダの優勝と巨大ロボ MEGABOTS」をテーマに、プロデューサー・佐藤勇介と共に熱量高めに語り合った。

−−−−
過去の放送はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=k-HQFyhlQr8
−−−−

前半は先日行われたイタリアGPにおけるアルファタウリの優勝を興奮冷めやらぬ様子で称え合った。レースの臨場感をそのまま表現したような2人の解説を聴いていると、まるで目の前で時代が変わった瞬間を見ているかのような感覚になる。F1をあまり観たことがない人もRDSチームの感動にひっぱられ、多くのドラマを生んだこのレースを観たくなるに違いない。

今後控えているレースにも期待が高まるなか、アルファタウリ優勝を記念してプレゼントキャンペーンを行うという(現在キャンペーン開催中:http://hero-x.jp/article/9642/)。
すでに決まっているビッグなプレゼントとは!? ぜひチェックいただきたい。

後半は、ついに動き出す〝アイツ〟について語り合った。黄色くてデカくて人が操縦できるロボット…そう、MEGABOTSだ !! 幼い頃多くの人が憧れた、巨大ロボットのパイロットになれる日も近い?「夢を言葉にしてきっかけを作り、行動で実現していく」と語る大人がこんなにかっこいいとは…。2人が叶えた夢に、新時代の幕開けを感じるだろう。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』で、ライムスター宇多丸と杉原行里が語り合う車いすの未来

中村竜也 -R.G.C

今年で結成30周年を迎えたHip Hopグループ・RHYMESTERのメンバーである宇多丸さんがパーソナリティーを務めるTBSラジオの人気番組『アフター6ジャンクション』(3月25日(月)放送分) に、当媒体編集長・杉原行里が出演した。

今回、杉原が出演した「ビヨンド・ザ・カルチャー」は、毎週独自の視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指すことがコンセプト。そして、宇多丸さんの知識人としての見解から、その時のテーマを紐解いていく人気コーナー。

宇多丸さん

ゲストには、昨年4月に起きた事故により車いす生活を余儀なくされた、アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかさんと杉原が出演。今回の放送はYahoo JAPAN!がお届けする、障がい者やパラスポーツを取り巻く環境をポジティブに変えていくメディアDO_ACTIONS (https://actions.yahoo.co.jp)」との連動企画。テーマである「車いすのカルチャーとその未来とは?」についてトークを繰り広げた。

猪狩ともかさん

2025年に訪れる超高齢化社会に備えた街のインフラ整備や、個々に求められる意識の変化の必要性。そしてレンタルユーザーを想定して作られていた車いすから、個人所有を目的とした車いすへの変遷などを、実際のユーザーである猪狩さんにしか分からない貴重な意見も交え議論。

また、今回は実際に昨年末に杉原が代表を務める(株)RDSから発表された、新世代の車いす・WF01(http://hero-x.jp/article/5833/)を、放送前に宇多丸さんが試乗し1日を過ごしたリアルな感想と意見交換も聴きどころのひとつ。

放送のアーカイブは、TBSラジオクラウド(https://radiocloud.jp/howto/pc/index.html)で視聴可能となっている。

(text: 中村竜也 -R.G.C)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー