HERO Xではこれまで、折り畳めるものやポケッタブルなものなど、形状を変えられるモビリティやガジェットを多数紹介してきたが、「多機能であること」とユーザビリティは切ってもきれない関係なのかもしれない。今回紹介する『The Multi Scoop Pro』もニーズに応じて人や物を運搬してくれる、マルチに活躍するアイテムだ。

オランダのデザイン会社 Studio Rotor が スタートアップ企業 Retter Helfer Medical とともに開発を進めてきた本製品は、数秒で担架から車いすに変えられる特許取得済みのメカニズムが大きな特徴だ。

Studio Rotor は救急隊員の仕事をリサーチするなかで、従来よりある手動の担架は救急車内で重さ60kg以上もある電動タイプの担架に置き換えられていることに気付いた。また、救急車内には患者を担ぎ上げるための担架も用意していることも発覚し、担架と軽量な車いすを合体させられないかというアイデアから、『The Multi Scoop Pro』がデザインされた。

そうすれば救急隊員は車いすモードで装備をゴロゴロ押すこともできるし、必要に応じて担架にすることもできる。緊急事態に置かれている救急車内で、省スペースができるのは救急隊員にとっても、患者にとってもメリットとなりそうだ。

Retter Helfer Medical は2019年末に向けてローンチの準備ができるように、プロダクト開発企業の IDP Amsterdam とともにコンセプト設計を続けているが、正確な時期や価格についてはまだ発表はされていない。医療現場に新たな風を巻き起こす存在として、本格的な運用を応援したい。

[TOP動画引用元: https://vimeo.com/320272098