スポーツ SPORTS

最高時速100キロ以上!雪上のF1チェアスキーを、素人にやらせてみた【X-Challange】

岸 由利子 | Yuriko Kishi

プロアスリート×芸人がお届けする『X-CHALLENGE』とは!?「X-CHALLENGE」は、パラアスリートのエクストリーム・スポーツの凄さを、お笑いコンビ、シンプルの大蜘蛛さんが体を張ってお届けする連載企画。マシンの乗り方や操作方法など、プロのアスリートに直接手ほどきを受け、その場で実践するというエキサイティングかつ危険をはらんだ内容です。

「骨折覚悟で挑みます!」と男気あふれる抱負を語ってくださった大蜘蛛さん。「危ないから、やっぱり止めておきません?」と躊躇する人はなく、HERO-X編集部の誰もがその勇気にかけてみたいとワクワクしました。さすがは芸人さん!

とはいえ、アクシデントが起こる可能性は無きにしもあらず。スタッフ一同、全力でサポートすることを胸に、記念すべき第一回の取材地へと向かいました。

今回は、エクストリーム・スポーツの代表格、チェアスキー
日本代表の夏目選手が直々、伝授!

都内から車で約3時間。長野県の白馬八方尾根スキー場に現れたのは、チェアスキー日本代表の夏目堅司さん。2010年のバンクーバー、2014年のソチと、パラリンピックには2度の出場を果たし、現在は、来たる2018年のピョンチャンパラリンピックに向けて、トレーニングの真っ最中。夏目さんいわく、「全日本選手権のようなもの」というジャパンパラ競技会では、金メダル獲得も間近と期待される注目のアスリートです。

シュゴゴゴゴ、シュゴゴゴゴ。雪を切る轟音と共に、チェアスキーに乗った夏目選手が、猛スピードでゲレンデを滑り降りてきました。種目によっては、時速100kmを超えるスピードで雪上を走るチェアスキーは、まさにエクストリーム・スポーツと呼ぶにふさわしいアグレッシブなパラ競技。風と同化したかのように軽やかな身のこなしで、舞い上がる雪と共に、私たち一行の前で立ち止まった夏目選手。

初対面した大蜘蛛さんは、開口一番、「スキー場に行くっていうから、ソリかスノーボードかと思ってたんですけど…。チェアスキー、僕がやるんですか!?」。ゲレンデだというのに、額には汗。慌てふためくのも、無理はありません。今の今まで、チャレンジの詳細は、知らされていなかったのです。


「足の感覚がない。腕だけで歩いてるみたい。めっちゃ怖いです…」

有無を言わさず、早速練習スタート!チェアスキーのマシンは、1本のスキー板の上にシートが取り付けられています。(2本のタイプもあるそうです)そのシートに座り、「アウトリガー」と呼ばれるストックを両手に持ち、左右のバランスを取りながら滑るのですが、滑る以前に、そもそも、素人にとっては、静止状態で立つことすら難しいことが、早くも判明。

シートは見た目よりずっと小さく、細身の女性のお尻がちょうどはまるくらいのサイズ。そこに、体重85キロの大蜘蛛さんが乗ること自体、無理があるのではないかと心配するも、「大丈夫です」という夏目選手の言葉に背中を押されて、ひたすら立つ練習の繰り返し。

「足の感覚がないんです。腕だけで歩いてるみたい。めっちゃ怖いです…」と、大蜘蛛さん。筆者も試乗してみたのですが、腰回りと膝部分をベルトで固定しているため、下半身の自由がほとんど効かず、支えてもらって、かろうじて数秒立てる、支えがなければ、すぐにバランスを崩して転ぶという感じなのです。

一度転ぶと、立つのがまた大変。要は、マシンと下半身が合体したような状態なので、マシンごと起き上がらせなくてはならないのです。しかも、大蜘蛛さんの体重と合わせたら、総重量は約100キロ。まったく予期しなかった力仕事でしたが、取材スタッフ一同、“起き上げ隊”となり、支え続けました。(翌日、ひどい筋肉痛に襲われた人も発生)

「安定して風に乗ったら、めちゃくちゃ気持ち良かった!」

「見てください、この安定感!もうこのまま、寝れますよ」。そうこうするうちに、立てるようになっていた大蜘蛛さんに、夏目選手からアウトリガーの使い方が伝授されました。左右の手に持ったアウトリガーに重心をかけて、マシンごと、自分の体をグッと持ち上げるーコツをうまく掴めたようで、チェアスキーに乗る姿も、だんだんサマになってきた…。

しかし、おちおちしてはいられません。今回のミッションは、日が暮れる前に、チャレンジをやり遂げること。「平坦な方が、命の危険は少ないだろう」と判断した一行は、リフトに乗り、白馬八方尾根スキー場の山頂エリアを目指すことに。

真下に広がるのは、銀世界の白馬村。周りを見渡せば、雪化粧の山々。ここまで来たら、もうやるしかありません。「やったるで!」という芸人魂が、大蜘蛛さんの真剣な眼差しに現れていました。

夏目選手の滑る姿は、とにかく美しく、ただ見惚れるばかり。その後を追うように、滑っては転び、転んでは立ち上がり、挑戦し続ける大蜘蛛さん。

マシンごと背後からスタッフがトーンと押し、その勢いに任せてなだらかな傾斜面を滑るー最初はバランスを崩して転ぶこともありましたが、何度か繰り返すうちに、滑る時間も長くなり…。しかし、先ほどとは打って変わって、「コレ、めちゃくちゃ難しいですよ」となんだか険しい表情。どうやら、本気スイッチがONになったもようです。

朝から食事も取らず、ロクに休憩することもないままの強行特訓でしたが、それにもめげず、短い時間に物凄い集中力を発揮して、ついにここまで滑ることができるまでに!

「最初は、やっぱりめっちゃ怖かったんですけど、安定して風に乗ったら、めちゃくちゃ気持ち良かったですね。転んだら、一人では立てへんし…この競技のそういう大変さも分かりました。そして、起き上げ隊の皆さん、本当にありがとうございました。人のありがたみっていうか、温かみを感じました」

チャレンジを終えたシンプル大蜘蛛さんいわく、滑走中、風が耳元で語っていたのだそうです。「オレは、大蜘蛛の味方だよ。大蜘蛛じゃないと吹かないぞ」と。

X-CHALLENGE、いかがでしたか?次回は、さらにエクストリームなスポーツにチャレンジするかも!?乞うご期待ください。

夏目堅司(Kenji NATSUME)
1974年、長野県生まれ。白馬八方尾根スキースクールでインストラクターとして活躍していたが、2004年にモーグルジャンプの着地時にバランスを崩して脊髄を損傷。車いす生活となるも、リハビリ中にチェアスキーと出会い、その年の冬にはゲレンデへの復帰。翌年、レースを始め急成長、わずか1年でナショナルチームに入り2010年バンクーバー、2014年ソチへの出場を果たした。

シンプル 大蜘蛛英紀
サンミュージックプロダクション所属。キングオブコント2012 / 2016にて準決勝進出の実力 を持つお笑いコンビ「シンプル」のボケ担当。
http://www.sunmusic.org/profile/simple.html

(photo・movie: 大濱 健太郎 / 井上 塁)

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

世界最高のパラリンピアンに密着!「WHO I AM」に奔走する熱きプロデューサー

朝倉 奈緒

WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)が共同で立ち上げ、2016年から東京2020までの5年に渡り、世界最高峰のパラアスリートに密着し、私生活から競技本番での勇姿まで、トップアスリートとして輝く彼らの魅力を描くドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。プロデューサーとして、10月スタートの“シーズン2” 制作真っ只中である太田慎也さんに、見所などをお聞きした。

プロジェクト立ち上げの一週間後にはグラスゴーへ。そこで目にしたものは…

ーどのような経緯で「WHO I AM」をスタートすることになったのですか?

WOWOWは、国境に関係なく、世界中のトップエンターテイメントを集めたチャンネルなんですが、東京2020年に向けて「WOWOWらしい2020年にしよう」と考えていました。そこで、パラリンピックが持つ力だったり、ボーダーを破っていくという考えが、WOWOWの精神に近いのではないか、という話になりました。また、WOWOWがオリジナルのドキュメンタリーを制作していた経緯もあったので、「パラアスリートたちの物語をきちんと伝える番組を作りたい」とIPCに提案したんです。そして、IPCのご理解とご協力を得て、世界中のパラリンピアンたちのドキュメンタリーを、5年にわたり制作・放送するプロジェクトがスタートしました。

ー当時もドキュメンタリーのプロデューサーをされていたということですが、「WHO I AM」の担当プロデューサーに抜擢されたときのお気持ちは?

新らしいプロジェクトのプロデューサーに自分が選ばれたということはうれしかったのですが、 当時はパラリンピックのことをほとんど知らなくて。もしかしたら今の日本のほとんどの人がそうかもなと思うのでうすが、「かわいそうな人たちが頑張っている」とか、「応援してあげなくちゃいけない」というような気持ちが僕にも少なからずあったんです。勉強しなくちゃ、という戸惑いもありましたね。

ー制作を開始されてからこれまでに何ヶ国をまわり、どのくらいのパラアスリートに会われたのでしょうか。

国内はもちろん色々と行きましたが、海外はスコットランド、カタール、オランダ、イラン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、韓国、メキシコ、イタリアですね。一緒にやっている後輩のプロデューサーが英語が堪能なので、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏へ行ってもらって手分けしています。最初に行ったのは2015年にスコットランド・グラスゴーで開催されたIPC水泳世界選手権ですが、プロジェクトを立ち上げて一週間後に「まずは世界最高峰の舞台を見なきゃ!」と、スタッフみんなで行きました。

ー海外のパラ世界選手権を観て、何か考えが変わりましたか?

僕らの視野がいかに狭かったか、愕然としました。まず、選手同士が「普段どういうトレーニングしているの?」「その義足見せてよ」とか、お互い認め合っていて、すごく明るくコミュニケーションを取っている。どこかで「障害のある人はかわいそうだ」とか「助けてあげなきゃ」と思っていた自分の価値観がガラガラと崩れ落ちて、スタッフみんなで「すごい場所に来たんだね」と鳥肌が立ちました。そのまま一週間、大会に熱中してメモを取ったり、会いたい選手がいたら追いかけたりと、現場の雰囲気をできるだけ吸収しました。

世界で圧倒的な実績を誇るパラアスリートをピックアップ

ーたくさんの選手に会われた中から、どのような基準でシーズン1の8人を選抜されたのですか?

「世界最高のものを見せたい」というのがWOWOWのベースにあるので、まず世界中の実績抜群の選手をリサーチしました。シーズン1”で登場するブラジルのダニエル・ディアス選手はパラリンピックで24個メダルを持っていて男子水泳史上最多。国枝慎吾選手は世界中の全パラアスリートの中でも圧倒的な存在だし、他にも陸上で世界記録を持っている、ブラインドサッカーでパラリンピック3連覇しているとか、まずはすごい選手をピックアップしよう、というところから始めて。また、最初のシーズンなので視聴者にお届けするにあたり、できるだけ馴染みがある競技を選ぶようにしました。あとは色々な国、競技、障害の種類のバランスを考えるようにしました。

ーひとりの選手につき、制作期間はどれくらいですか?

選手にもよりますが、ブラジルやヨーロッパなど遠方ですと、1週間~10日くらいのサイズのロケを2回ほど。あとは、シーズン1でいうとリオパラリンピックがありました。一度目できちんとご挨拶をして、日常生活やトレーニングなど撮らせていただく中で、シーズン1”ならその選手がリオに向けて何にフォーカスしているかを探る。怪我の克服なのか、技術的な課題なのか、ライバルを意識しているのか。目線を決め、焦点を絞った状態で、二度目にそこを中心に撮影しにいく。ドキュメンタリー制作では基本の手法ですね。

“シーズン2”はよりそれぞれの人間ドラマを描いた内容に

ー10月よりシーズン2「世界のメダリスト8人。 舞台は平昌、そして東京へ。」がスタートしますね。見所を教えてください。

シーズン1”はわかりやすい競技を選んだというのもありますし、何よりもリオパラリンピックラがあったので「8人の選手のリオまでの道」というのを追ったんですね。シーズン2”では、今年はパラリンピックがないので、もっと人間ドラマというか、彼らの「人と人をつなげたい」とか「人の意識を変えたい」といった思いにフォーカスした、勝敗以外の要素も含むドキュメンタリーになっています。あとは来年の3月にピョンチャン冬季パラリンピックがあるので、冬季の選手にも注目しようということで、3名の選手を取材しています。

ー日本のアルペンスキーヤー、森井大輝選手をピックアップした理由は何でしょうか。

日本人選手はシーズン1”は国枝選手、シーズン2”は森井選手と一人ずつなのですが、まず「世界最高の人を描きたい」というのが最優先なので、「日本人だから」ではなく、世界を見渡してトップレベルの選手を選んでいることは間違いないです。とはいえ、日本の視聴者にお届けするには、やはり日本人選手がラインナップされていた方が伝えやすいし、注目されやすいというのもあります。森井選手は、パラリンピックで銀メダルを3つも持っていながら、金メダルを持っていない。「あと一個足りないピースを獲りにピョンチャンに挑む」というストーリーが、ドキュメンタリーとしては見応えがあるという嗅覚もありますね。ご本人はもちろん勝敗にもこだわっていますが、オールジャパンとして日本代表のみんなが勝つかどうかや、アルペンスキー全体のブームアップだとか、日本における障がい者に対しての価値観を変えたいという気持ちがベースにあるし、変えるだけの力のある選手なので、面白くなると思います。期待していてください。

伝えたいのは、最高に人生をエンジョイしている彼らを観て、「自分はどうなのか」考えること

ーシーズン1の番組内で登場した「勝利の精神や感謝の心を持つ人は何らかの形で大きな困難を経験した人だと思う」というリカルディーニョの言葉が印象的でした。それぞれに障害を抱え、それを乗り越えた上で競技に臨み、勝利を手にしたパラリンピックメダリストたちは、健常者のメダリストとはまた別の強さを持っていると思います。ドキュメンタリーで描きたかった一番のポイントは何ですか?

強さはもちろんありますが、あくまでもトップアスリートとしての強さであって、そこに違いはないと思います。また、彼らの言葉を聞いていると、パラアスリートだからとか、障がい者だから言えることだとは感じません。リカルディーニョは、「僕にとって困難はただ乗り越えるためにある」とも言っていて、それって健常者の僕らにも刺さる言葉で、誰にでも当てはまることなんですよね。人生をエンジョイしているから、輝いている人だから、何かを勝ち取った人だから言えることだと定義して、普遍的な言葉をたくさん抽出して番組に散りばめています。だから観た人が「この選手、人生エンジョイしているけど、自分はどうなんだろう。この人ほどエンジョイできているだろうか」と感じてほしくてそういう言葉を並べたし、タイトルも「WHO I AM =自分」にしたんです。「あなたはどうですか?彼らほど人生を楽しめてますか?」ということを、番組を通して伝えたいんです。

ー今後、番組をどのように展開していく予定ですか?

シーズン3以降についてはまだ具体的なことは決まっていないのですが、ピョンチャンパラリンピックが終わったら、日本が一気に東京2020に向かっていき、たくさんの人がその空気に触れていく機会が増えると思います。そんなとき、常にメディアとして半歩先に行っていたいな、というのが僕らの思いです。日本にも素晴らしい選手はもちろんたくさんいますが、「世界最高の選手たちを知っていますか?」「彼らのようなスーパースターが東京の街にやってきますよ」ということを提示しているWOWOWでいたいですね。

  • 2020年まで5年にわたるパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズのシーズン2
    平昌・東京を揺るがすメダリスト8人を1選手5分でチェックできる特別番組、パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM <5分版>」が、9月2日(土)午前9:45 WOWOWプライム 他 随時無料で放送
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」シーズン2
    「パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ」
    1029日(日)夜900 WOWOWプライム(無料放送)「元陸軍兵 3度の世界女王:メリッサ・ストックウェル
    1029日(日)夜1000 WOWOWプライム

詳しくは番組HP
http://www.wowow.co.jp/documentary/whoiam/

(text: 朝倉 奈緒)

(photo: 壬生マリコ)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー