スポーツ SPORTS

伊藤智也58歳で迎える2021年。WOWOW「IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」シーズン5に登場!

Yuka Shingai

2021年8月に開催される東京2020パラリンピックまで1年を切り、新たなカウントダウンを迎えることとなった。 世界のトップパラアスリートに迫る大型ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」も開催延期に伴い、シーズン5の撮影・制作の中断が余儀なくされていたが、2021年の放送予定に向けてプロジェクトがリスタート。 今回登場予定のアスリートの中にはHERO Xでもお馴染みのあの人も! オリジナルビジュアルと合わせて発表されたアスリートからのメッセージを紹介しよう。

WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトとして2016年のスタートから約4年、アスリートのパーソナリティに肉薄するなど、独自性を追求してきた「WHO I AM」。国際エミー賞にノミネートされたシーズン2をはじめ、科学技術映像祭 文部科学大臣賞、日本民間放送連盟賞 特別表彰部門 3度の優秀賞など数々の受賞歴を誇り、国内外から高く評価されている。

なかでも注目したいのは、HERO X読者にはお馴染みの車いすレーサー・伊藤智也選手。
編集長・杉原との出会いから東京2020での復帰発表、レースマシンの開発など、彼の軌跡を当媒体ではつぶさに追ってきた。

伊藤選手関連記事はこちら:http://hero-x.jp/?s=伊藤智也

伊藤は今回、「WHO I AM」新シリーズに満を持しての登場にあたって、番組へのメッセージを下記のように寄せている。

「今、私を突き動かしているのは、私と競技に関わっていただいた全ての人達の情熱です。パラリンピック1年延期で気持ちが切れかかった時、多くの励ましの声が届きました。そこには何の見返りも求めず、ただただ寄り添う、心と心の触れ合いでした。走ることで伝えてきた私の生き様を、改めて感謝の念を持って心に深く刻み、今日という単位を全力で生きております。1年後、日本代表として、ライバルと共に素晴らしいレースを見せられるよう、一生懸命取り組んでまいります。58歳で迎えるスタートラインの向こう側を楽しみます」
限りなく自分自身を更新し続ける姿を伊藤選手らしいキレのある軽快なトークとともに楽しむことができそうだ。

このほか、現在番組への登場が予定されているメダル獲得の期待が高い5選手からも続々とメッセージが届いている。

◆マルクス・レーム(ドイツ/陸上・走り幅跳び)

新型コロナウイルスの影響で大変な中ではありますが、来年に向け最高な状態を維持すべく毎日トレーニングを続けています。皆さんが2021年に東京大会が行われると前向きにとらえ、その時を一緒にお祝いできることを願っています。今は、日本に戻り皆さんとスタジアムでお会いできるのを楽しみにしています。健康には気を付けて、またすぐ会いましょう!

◆ローレン・ラウルズ&ローレンス・ホワイトリー(イギリス/ボート)

世界中が直面している困難の中でも、私たちは心に目標を持ち続け、自宅でのトレーニングを続けてきました。今は水の上に戻り、来たるべき最高のパラリンピックに向け準備をしています。東京大会で皆さんに会えることを願っています!

◆シェリフ・オスマン(エジプト/パワーリフティング)

東京パラリンピックが1年延期になったことを聞いた時は、東京で4枚目の金メダルを獲る夢は射程圏内にあっただけに、想像を絶するショックを受けました。まるで家族の誰かを失ったような気分で打ちのめされた日々を送り、そのあと熟考しました。「コップに注がれた水が半分しかない。その残りの半分を満たすために、いつも困難に立ち向かう度、自分はポジティブに向き合ってきたではないか。延期になったことで、1年が加算され練習を積み上げられるではないか。そうすれば、より重たいウェートを持ち上げることができるかもしれない」と考え直したのです。そして立ち直り、肉体も治療し、今では東京に向けて全力を投じて準備するに至りました。

◆スティナ・タンゲ(デンマーク/馬術)

常に優先されるべきは人々の健康ですから、東京パラリンピックの延期は正しい決定だったと思っています。さらに良くなるための1年だと捉えて私はこれまで以上にモチベーション高くハードなトレーニングをしています。新たな若いパートナーの馬とさらに訓練し、来年に備えます。2021年の東京大会が待ち切れません!

◆チア・リク ハウ(マレーシア/バドミントン)

来年の東京大会に向けて良い状態で準備できるよう、政府の決定に従い6月からトレーニングを再開しました。 パンデミックは世界規模に及んでいますが、だからこそ来年の東京大会はとても意義のある大会になると確信していますし人々の心に残る大会になると思います。きっと世界中の人がいつまでも東京オリンピック・パラリンピックを思い出すことになるでしょう。

現在、シーズン1~4全32作品の本編を公式サイトやWOWOWメンバーズオンデマンドで大好評無料配信中。また、国枝慎吾(日本/車いすテニス)やエリー・コール(オーストラリア/水泳)ら、これまでシリーズに登場した23名のアスリートからのSPメッセージ動画「~それぞれの2020年~ アスリートからのメッセージ」も公式サイトおよびWOWOW公式YouTubeチャンネルで公開中だ。

来る2021年と、更にその先の未来に向かって発信を続けるプロジェクトの新たな門出に期待しよう。

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

PICK UP:2021年人気ランキング

HERO X 編集部

2021年人気記事 No.1

スクーデリア アルファタウリ×RDS×伊藤智也 『RDS WF01TR AT01』発表

「スクーデリア アルファタウリ×RDS×伊藤智也」の記事が注目を集めました。車いす陸上 伊藤智也選手をテストドライバーに開発した車いすレーサー「RDS WF01TR」のF1 アルファタウリ・ホンダ「AT01」カラー『RDS WF01TR AT01』を発表がこれほどまでに注目を集めたのはHERO X ならでは!デザイン・データ・テクノロジーをキーワードとした両社のパートナーシップを象徴するマシンです。

2021年人気記事 No.2

F1スポンサーの変遷にみる世の中の潮流

「F1マシンは走る広告塔」だ。数百億円の年間予算で運営されているF1参加チームは、スポンサー無しにはどうにもならないのである。しかしF1がスタートした1950年にはチームとスポンサーという関係はなかった。ではどのようにF1スポンサーは生まれ、どのように移り変わっていったのか。F1スポンサーから世の中の潮流を読み解いてみよう。

2021年人気記事 No.3

 

吸い込むと危険!?複雑すぎて分かりにくい次亜塩素酸水問題 用法用量を守れば安全説も

文部科学省が全国の学校に対して配布した「学校における消毒の方法等について」により、注目を浴びることになった次亜塩素酸水。人体への影響があるとして、人がいる空間での噴霧について注意を呼びかけているのだが、ここに「待った」を唱える人もいる。「次亜塩素酸ナトリウム」と、「次亜塩素酸水」「次亜塩素酸水溶液」などを混同しているという指摘だ。素人にはわかりにくい違いについて、編集部は取材を進めてみた。

2021年人気記事 No.4

【HERO X × JETRO】CESで話題沸騰! 針を刺さずに血糖値測定「クォンタムオペレーション」

JETROが出展支援する、世界最大のテクノロジー見本市「CES」に参加した注目企業に本誌編集長・杉原行里が訪問。 テック系メディア「Engadget」(米国)によるアワードでファイナリストにも選ばれた、株式会社クォンタムオペレーション。同社は医療やヘルスケア領域でのIoTスタートアップであり、CESでは糖尿病患者の負担を軽減する「非侵襲血糖センサー」を発表。世界中から熱いメッセージが届いたという。代表取締役社長 加藤和麿氏に話を訊いた。

2021年人気記事 No.5

 

夢破れるも自己ベスト更新!伊藤選手「ごめんな~。でも僕は一生懸命走れました」

試合直前のクラス分けで障害の一つ軽いクラスへの転向を余儀なくされた伊藤智也選手(バイエル薬品)は8月29日、T53クラス400メートル予選に出場、自己ベストを更新するも予選敗退が決まってしまった。クラス分けの決定も行われたこのレースだったが、残念ながら試合前のクラス分け判定が覆ることはなく、これで、伊藤選手のパラリンピックは終わりを迎える形となった。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー