コラボ COLLABORATION

「CHIMERA GAMES vol.6」、9月29日・30日にお台場で開催!お子様づれも大歓迎!!

HERO X 編集部

ぶっちぎりでカッコイイ 「CHIMERA GAMES」が9月29日(土)と30日(日)の2日間、お台場特設会場で開催される。エクストリームスポーツとストリートカルチャー、音楽を融合し、独自の世界観で観客を楽しませてくれるこのイベントに、今年は「HERO X」もブース参加。編集長 杉原行里もステージ上でコメントをする予定だ。

世界トップクラスのライダーが集結

毎回“進化”を見せる「CHIMERA GAMES」が5月に続き再びお台場を盛り上げる。世界初のFMX(フリースタイルモトクロス)競技のタッグマッチをはじめ、今回は目玉イベントが盛りだくさん。中でも注目したいのは「CHIMERA  A-SIDE」。スケートボード、BMXストリートパーク、BMXフラットランド、インラインスケートの4競技で、賞金総額1200万円を賭けた世界大会を開催する。この大会には世界を股にかけて活躍するトップライダーたちが集結、観客の真上を飛ぶ迫力のパフォーマンスは必見。華麗な技を間近で見られるのはまたとないチャンスだ。

VR車いすレーサー体験

「CHIMERA GAMES」の魅力は見るだけでは終わらない。会場にはこのイベントのためだけに作られるスペシャルなPARK AREAが出現する。ビギナーからプロまで楽しめるレールやランプが充実! スケーターはもちろん、BMXやインラインスケートなど、どのジャンルの人でも楽しめるようにできている。また、 VR車いすレーサー体験では、(株)ワントゥーテンが、車いすVRレーサー「CYBER  WHEEL(サイバーウィール)」を展示する。パラ陸上のレース用車いすを未来型にリデザインし、VRゴーグルと合わせることで西暦2100年のTOKYOを走り抜ける疑似体験ができるというもの。最高時速60Kmにもなる車いすレースの世界を是非味わっていただきたい。また、今回初参加となるRDS社は、新しいwheel chair/mobilityの発表と提案をする予定だ。

画像RDS社

ますます充実!キッズが楽しめるイベント

意外と知られていないのが、子連れウェルカムなイベントということ。新しいスポーツとの出会の場を提供してくれるTRY AREAでは、フリースタイルフットボールやバスケット、最近キャンプ場などでも見かけるクラックラインをはじめ、おなじみのスケートボードやBMXなどなど、幅広いストリートスポーツを体験することができるのだ。また、芝生エリアではKIDSヨガも開催。世界各国の音楽やダンスが楽しめるLIT AREAではフラメンコの踊り方を教えてもらえるワークショップなども開かれる予定だ。詳しい情報はHPをチェック。中学生以下無料というのも子連れには嬉しいポイント。子どもだけでなくペットもOK。秋のはじまり、大人から子どもまで楽しめるイベントをお台場で満喫してみては。

「CHIMERA GAMES」公式HP
https://games.chimera-union.com/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』で、ライムスター宇多丸と杉原行里が語り合うSF映画のアノ乗り物

HERO X 編集部

今年で結成30周年を迎えたHip Hopグループ・RHYMESTERのメンバーである宇多丸さんがパーソナリティーを務めるTBSラジオの人気番組『アフター6ジャンクション』(12月2日(月)放送分) に、当媒体編集長・杉原行里が出演した。

今回、杉原が出演した「カルチャートーク」は、毎週独自の視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指すことがコンセプト。そして、宇多丸さんの知識人としての見解から、その時のテーマを紐解いていく人気コーナー。

宇多丸さん

今回は、杉原がプロデュースする競技用車いす「WF01TR」(http://rds-pr.com/wf01tr/)の話題からスタート。実際にこの車いすレーサーに乗り活躍する車いすランナーの伊藤智也選手と杉原の出会いから、ともに開発をしていく流れについてトークを繰り広げた。

また、(株)ワントゥーテンと未来ロボット技術研究センター・fuRoと杉原が代表を務める(株)RDSで開発した、車いすマラソンをVRで体験できる「CYBER WHEEL X(サイバーウィル エックス)」(http://rds-pr.com/cyberwheelx/)の話から、SF映画に登場するアノ乗り物がどこまで現実に近づいているのかというメインテーマへ。

『バックトゥザフューチャーパート2』の宙に浮く未来のスケートボード「ホバーボート」はもう古い!?『スターウォーズ』の浮遊する乗り物もあと少し!?なんて夢のある話に盛り上がるトーク。そんな新技術は遠い未来の話かと思いきや、アフリカのルワンダでの救命ドローン開発を例に、すでに役立つ転用がどんどん始まっているというから、期待が止まらない。

放送のアーカイブは、TBSラジオクラウド(https://radiocloud.jp/howto/pc/index.html)で視聴可能となっている。

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー