プロダクト PRODUCT

もしかして歩くより乗ってる方が快適かも!車いすというモビリティを選択すること

HERO X 編集部

かつて、視力矯正器具であった「眼鏡」が、「メガネ」という当たり前の存在になったように、家の中でも街の中でも、その景色に溶け込む「クルマイス」を創りたいと生まれた『Wheeliy』は誰もが振り向くキュートなボディを備えた車いす。これまでの車いすの枠を超え乗る人はもちろん、サポートする人にとっても快適で使いやすくすることで、両者を繋ぐアイテムになれたなら…という視点を取り入れており、モビリティとしての役割も担うという。今、車いすというモビリティを選択する潮流に注目していきたい。

日常を旅する「クルマイス」
という選択『Wheeliy』

株式会社モルテンが、これまでの医療・福祉機器事業で培った経験と技術力をもとに、独自の魅力を追求して創り出されたモビリティ。「from the inside to the outside」をテーマに、生活が家の中からもう一歩外に向いていくようにと機能やデザインにも、とことんこだわった。その姿はスポーティーでスタイリッシュ。360°どこを切り取っても、とにかくカッコイイの一言に尽きる。
簡単に折りたたむことができるため、持ち運びも楽々。ふだん車いすの扱いに慣れていない人でも迷わず直感的にサポートできるよう、ハンドルやフレームに目印として黄色いカラーリングが施され、サポートする側の使い心地もしっかりと考慮されている。

新しく発売された『Wheeliy Power Assist(ウィーリィ パワーアシスト)』には、特にパワーが必要な漕ぎ出しや、進みにくい上り坂や絨毯の上などの移動がラクになるよう、手元で簡単に操作できる3段階ボタン式のアシスト機能を装備。まるで誰かに優しく押してもらっているように安全で快適な走行が可能になった。

座面にパワークッションを使用すれば、さらに快適になるという。このクッションにはお尻を包み込むように支えて体圧を分散する自動空気圧調整機能や、除圧のための自動プッシュアップなどのパワーシステムが装備されているので、長時間座っていてもお尻が痛くなったり床ずれしてしまうといった不安を一気に解消してくれるはずだ。

こんな「クルマイス」に出会えたら、きっと思わず外に漕ぎ出してみたくなるに違いない。昨日より、もう少し遠くまで出かけてみたくなるに違いない。アクティブな「クルマイス」ユーザーと、それをサポートする人たちとの新しいコミュニケーションの世界が広がりはじめている。

MONTHLY PICK UP
「車いす」というモビリティ

元記事URL:http://hero-x.jp/article/6825/

階段をモノともしないマシンや脳波で操作できるマシンなど、今、車いすの世界には新たなイノベーションが起こりつつある。単なる医療機器ではなく、移動の喜びを支えるモビリティへと進化を遂げた車いすの最新プロダクトを特集したこちらの記事をプレイバック。

トップが画像引用元:https://www.molten.co.jp/health/wheeliy/

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

東日本大震災から着想。有事の際には子どもの命を救う幼児用カート

イタリアで開催される世界最高峰の国際デザインコンペティション「A’ Design Award & Competition 」、今年度ブロンズを受賞した『RDS Gaaba Infant Cart(アールディーエス・ガーバ・インファント・カー)』は、日常の走行性能と非常時の防災性能を両立させようというまったく新しい発想から生まれた幼児用カートプロダクトだ。震災の経験から日本の防災事業をリードするワンテーブル社と人を科学し最先端技術で形にするRDSの共同開発から生まれたというが、なぜこのプロダクトを開発することになったのか。そこには震災当時の経験が生かされていた。

災害大国日本だからこそ
世界に発信できるプロダクト

日本は、地震多発国と言われている。地震は世界各国で起こっているが、世界のマグニチュード6.0以上の地震の約2割が日本で起きているとされるデータもあり、生活を脅かすような規模の地震がたびたび発生している。なかでも大きな被害をもたらした2011年の東日本大震災の記憶は新しい。あの時、どこで何をしていたのか、いまも鮮明に覚えている人も多いのではないだろうか。忘れることのできない出来事だ。

東日本大震災では、保育園や幼稚園から保護者に引き渡した園児が、避難中に保護者とともに津波にのまれて亡くなった。だが、子どもたちを高台に逃がしたことで、死者を出さなかった保育所もある。子どもの命を預かる施設で、対応を議論するのは大切なことだが、国の最低配置基準では保育士1人あたりでみる子どもの数は0歳児なら3人。しかし、実際にやってみると、1人で3人の子どもを抱えるのは無理だとわかる。大人一人が園児を抱っこやおんぶで連れ出せる人数は限られているし、運ぶ人数が増えればそれだけ逃げ足も遅くなる。

このプロダクトを生み出した開発者の一人であるRDS代表の杉原行里は、島田氏との対談で「乳母車のでっかい版みたいなものがあって(中略)これって今まで、あまり進化がなかった。軽くて数人の子どもを一気に運べる子どものためのモビリティになったら、いざという時に子どもを救うものになるのではないか」という発想で開発を進めたと話していた。

有事の時にだけ用いる防災グッズではなく、普段から使い、慣れ親しんだ物が、震災の時にも役立つ。こうした発想が、本当に東北のためになる復興を成し遂げ、世界に送り出せる防災グッズとして広まることに期待したい。

島田氏との対談はこちら▶震災からの復興10年 東北バージョンアップはここからはじまる!

関連記事を読む

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー