コラボ COLLABORATION

みんなが住みやすい街はどこ?移動から見たスマートタウン HERO X RADIO vol.35

ウェブマガジンの枠を超え、リアルに会い、リアルに繋がり、リアルに広がるしかけを作り出すメディア「HERO X」のラジオ番組『HERO X RADIO』。前回第34回のアーカイブ動画を公開、また次回の収録は10月9日(金)となっている。

車いすの国会議員・横沢高徳と語る
車いすの可能性

リアルと繋がる場としてスタートしたラジオ番組『HERO X RADIO』は、Shibuya Cross-FM(http://shibuyacrossfm.jp/)にて、毎週第2・第4金曜 13:00-13:50 にオンエア中。渋谷のシダックススタジオから生放送でお届け、ネットからのリアルタイム視聴もできる。

第35回となる今回のゲストは、元チェアスキー日本代表で国会議員の横沢高徳さん。「移動と車いすの可能性」をテーマに、HERO X編集長・杉原行里とプロデューサー・佐藤勇介が話を伺う。

横沢高徳(よこさわ・たかのり)
1972年、岩手県紫波郡矢巾町生まれ。小学3年生の頃にポケバイに乗りはじめ、その後モトクロスに没頭。スズキ(株)のテストライダーを経て22歳で国際A級ライセンスを取得。1997年、練習中に事故を起こし脊髄を損傷する。1999年にチェアスキーと出会い、以後、国内外の大会で好成績を残す。2010年、日本代表としてバンクーバーパラリンピックアルペンスキーに出場。(大回転21位)。2019年、第25回参議院議員選挙にて岩手選挙区より出馬(無所属)。初当選を果たすとともに、同年、国民民主党入党。

ついに再開!フォーミュラカーレース
金丸選手が見た世界のレース最前線

前回放送第34回のゲストは、レーシングドライバーの金丸ユウ選手。「世界を駆け抜けるレーサー金丸ユウがコックピットから見た新しい世界とは!?」をテーマに、HERO X編集長・杉原行里とプロデューサー・佐藤勇介が話を伺った。

金丸ユウ(かなまる・ゆう)
1994年生まれ、東京都出身。
4歳からカートを始め12歳で単身ヨーロッパに渡り、モータースポーツの世界へ。17歳の時にカート世界選手権(KF1)でアジア人として初めて優勝を飾った。その後、フォーミュラカーに転向。FIA F3アジア選手権 2020シーズンにBlackArts Racingから参戦。
今年1月に行われたドバイ・オートドローム2019-2020 アジアF3選手権 ラウンド2 ドバイ レース3でも見事に優勝を果たしている。

また、本日公開となった前回放送分を含め、これまでの放送はこちらで視聴できる。

−−−−

過去の放送はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=k-HQFyhlQr8

−−−−

実はHEROXラジオにモータースポーツ選手が登場するのは初めて。HERO X、チームRDS共に非常に関係の深いモータースポーツについて、金丸選手と深く語り合う回となった。金丸選手が4歳でレースを始めたきっかけから、13歳から18歳まで行った留学、大会の様子や感想までと、例のごとく杉原、佐藤のコンビが根掘り葉掘り話を聞いていった。杉原が代表を務めるRDSは金丸選手を公式にサポーターとして支えている。がしかし、そんな杉原でも「初めて知る!」というような情報も飛び出した。また、金丸選手が思う、いいドライバーとは?ドライバーがレース中に感じているタイヤの状態の話には「訳わからないね!すごいよ!」と佐藤が舌を巻く場面も。

後半は、どうモータースポーツの魅力を世界に伝えていくかの議論が白熱。モータースポーツの魅力のひとつはドライバーが成熟している点。なんと小学生のころから自分を売り込むためのレポートを書いて仕事を手に入れるのだというから驚きだ。

モータースポーツチャンネルを作って、モータースポーツの授業をやってみないか?自分たちでeカートを悩みながら作る様子を動画にしよう!ホスピタリティの特集は?市街地で走らせてファンを増やしていこう!などなど、普及させるためのアイデアがどんどんと沸き上がり、盛り上がりをみせた。モータースポーツを少し複雑に感じている方もいるかもしれないが、この議論が現実となればきっとあなたも魅力の深い沼にハマるだろう。

 

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

コラボ COLLABORATION

HERO XとFUNDINNOが業務連携を開始!

“ボーダレス”をテーマに様々なテクノロジーを紹介するHERO X(株式会社RDS 代表取締CEO:杉原行里/スギハラアンリ)と、日本初の株式投資型クラウドファンディングFUNDINNO(株式会社日本クラウドキャピタル 代表取締CEO:柴原祐喜/シバハラユウキ)は、業務連携を開始した。その内容について紹介する。

ボーダレスを追求するメディア
×
投資型クラウドファンディング

HERO Xは、スポーツから医療・福祉、防災まで、ボーダレスな社会につながる、あらゆる分野の最先端テクノロジーが集まるメディアです。高齢化社会、自然災害など、社会には私たちが向き合わなければならない様々な課題が存在しています。一方で、世界には社会課題に対して取り組む多くの団体が存在し、課題解決につながる新しい技術が日々生み出されています。そういった技術が持つ可能性をあらゆる角度から検証し、ボーダレスな未来を実現するヒントとして紹介しています。

FUNDINNOは、国内取引量No.1の株式投資型クラウドファンディングです。1口10万円前後の少額投資から、IPOやバイアウトを目指す企業の店頭有価証券に投資することができ、投資後は投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。株主や新株予約権者になるため、リターンはもちろんですが、未来あるベンチャー企業の事業成長を一緒に確認することができる新しい投資体験も可能です。

今回、両社が業務連携することにより、HERO Xに集まる様々な企業・テクノロジーへのFUNDINNOを通した出資。また、FUNDINNOのプロジェクトをHERO Xの独自の切り口で発信するなど、挑戦する企業と投資を活性化し、あらゆる可能性が社会に落としこまれるためのサポート体制を構築していきます。そして、世の中に新たな視点と変化を生み出し、ボーダレスな社会をカタチにしていくことを目指します。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー