スポーツ SPORTS

生き残る芸人は、ただひとり!?【車いすハーフマラソン 芸人白熱バトル】Vol.1 前編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

『車いすハーフマラソン2018、芸人白熱バトル!』は、2018年10月に岐阜県海津市で開催予定の「第23回長良川ふれあいマラソン大会」の出場を目指して、チャレンジ精神に溢れる芸人たちが奮闘する姿をお届けする連載企画。パラリンピックの北京大会で金メダル2個、ロンドン大会で銀メダル3個を獲得した車いす陸上スプリンターの伊藤智也選手が、各自の素質を見極めつつ、直々、指導にあたっていくという贅沢極まりない内容だ。

今夏、HERO X上で現役復帰を発表し、「57歳を迎える東京2020」で金メダルを狙うトップアスリートの伊藤智也選手。

勝負の舞台は、
2018年秋、岐阜県のハーフマラソン

毎年秋に開催される長良川ふれあいマラソン大会は、ハンディのある人もない人も一緒に走れるマラソン大会で、ハーフ(約21km)、クォーター(約10km)、2kmの3種目がある。今回、芸人たちが挑むのは、出場者全員が競技用車いすで走るハーフコースへの出場。制限時間は2時間だ。

競技用車いすは、日常用の車いすとは違って、背もたれはなく、細長い車体に三輪が付いた構造になっている。プロの陸上競技アスリートのほとんどは、正座の姿勢でシートに乗り、後輪の内側にあるハンドリム(駆動輪)を樹脂製のグローブで蹴って、走行する。健常者も操作方法は同じだが、足を降ろした状態でシートに乗るタイプの車いすを使う。足を折りたたんだままでは、30分も経つと、しびれて感覚がなくなってしまうからだ。

「基本は、前かがみの姿勢を保つこと。肘を張り、両手の親指を進行方向に向けて、蒸気機関車になったイメージでこぐことが、上達のポイントです」と伊藤選手は話す。

大蜘蛛&みんなのたかみち。
仲良し芸人2人が、ライバルに!?

栄えある挑戦者は、お笑いコンビ「シンプル」のボケ担当の大蜘蛛(おおくも)さん(右)と、「プリンセス金魚」のツッコミ担当のみんなのたかみちさん(以下、たかみちさん)。丸顔と面長、168cmのぽっちゃり体型と、モデル顔負けの長身185cm。見た目のコントラストが鮮やかな二人だが、いずれも、京都出身の芸人で、現在は、ルームメイトとして都内で生活を共にする仲良しコンビだ。

HERO Xの連載企画・第2回『X-CHALLENGEで、車いす陸上の手ほどきを受けた際、「残念だけど、すごく上手い…。センスがありすぎて、面白くないですね」と、世界の頂点を極めたトップアスリートの伊藤選手に言わしめた大蜘蛛さんは、この日も余裕しゃくしゃくの様子。一方、たかみちさんは、競技用車いすを見るのも、乗るのも、全てが初めて。だが、意気込みは凄まじい。伊藤選手と挨拶を交わすなり、「一回、試していいですか?」。早速、初ライドに挑んだ。

長すぎる足がネックに。
「手元が見れへんから、めっちゃコワい」

初っぱなから、緊急事態が発生した。たかみちさんの足が長すぎて、マシンのシートに収まりきらないのだ。ポロシャツの裾を引っ張るや、腰やお尻を力づくで押し込むや、スタッフの力技でなんとか収まったが、当の本人は、「両足が固定されてまったく動かへんのですけど…」と、半ば白目に。だが、たかみちさんの言う“足が固定されて動かない感覚”は、実に正しいもの。競技用車いすを操作する上で、エンジンとなるのは、他ならぬ彼の両腕。その馬力で、マシンとグローブを巧みに操り、加速していくのが本筋である。

伊藤選手の指導がはじまった。たかみちさんが乗っているのは、普段、伊藤選手が使用している室内練習用のマシン。固定されているので走りはしないが、こぐ感覚はリアルと同じで、両手に装着した樹脂製のグローブをハンドリムに当てて加速させていく。前傾姿勢を保たなくてはならないため、走行中に自分の手元を見ることは一切できない。「めっちゃ怖いんですけど!」。グローブで、ハンドリムを上手くキャッチできずに、早速、ホイールを激しく打ってしまった。

「ハンドリムをグローブで押すと、腕が下に来て、また押す時に上に上がる。これが正しい動かし方なんだけど、たかみち君は、そのタイミングが逆になっているので、今と逆のリズムで腕を動かすことを意識してみてください。あと、車体のフレームに鼻が当たるくらい前かがみになることも忘れずに!」と伊藤選手。

“腕の長さ”と“勘の良さ”で、
トップスピード15kmを達成

初回の走行スピードは、6 km前後。フォームは、中々上手く決まらない。こぎ続けても、ホイールが一向に回らない。遅い、下手くそ…。周囲のスタッフから浴びせられる辛辣なコメントに火が点いたのか、たかみちさんは、メガネが吹っ飛ぶ勢いでこぎ出した。

「そうそう、いい感じ。腕が下に行く時は、胸をドーンとフレームにぶつけていくイメージでこいで。フォームもいいよ、きれい。8km、10km、11km、13km…」と走行スピードの計測メーターをチェックしながら、細かなアドバイスを続ける伊藤選手。フォームは少しずつそれらしくなり、スピードも、突如上がり始め、ついに15kmを超えた。

たった1度のアドバイスで、腕のリズムを習得したが、たかみちさんの顔は赤らみ、すでに息は上がっている。初体験に、少しお疲れのようだ。「こいでいる時、腕を外したら切れるから、外さないように」と注意を受けた矢先のことだった。

「痛~っ!!ホイールで、思いっきり、肌、擦ってしもたんですけど。めちゃめちゃ痛いです…」。一旦練習を中断し、痛みが鎮まるのを待っていると、伊藤選手が涼しい顔でこう言った。「15~16kmなら、まだ切れないから大丈夫。25km出たら切れるけどね。その程度の痛みは、勲章。さあ、もう一回走ってみよう!」。


今度は、走行スピードが15kmに達した時点から1分間、同じ速度を保って走り切ることが目標だ。たかみちさんがこぎ出すと、伊藤選手は、再び走行スピードの計測メーターに目をやった。

「同じテンポで、リズム良くこぐことを意識して。まだ10kmしか出てないよ。そうそう、その感じをキープ、キープ。ラスト30秒。15、13、12、11…はい、終了!」。無事、ノルマ達成だ。

伊藤選手が伝授する“肉体改造計画”とは?

「たかみち君は、腕が長いのが得ですよね。ただ、筋はいいけど、基本的に体を変えていく必要があると思います。ストロークが長い人は、より大きなフォームを作っていかないとダメなので。胸筋、二頭筋、三頭筋など、競技用車いすを乗りこなすために必要な筋肉を鍛えるためには、腕立て伏せが、一番。1日30回くらいやれば、自然と30km近いスピードまで上がると思います」

「僕、体力は全然あるんですよ。さっき、15kmで1分間こいだ時も、体力的には、楽勝やったんですけど、ただ腕が全然上がってきぃへんのですね。今もまだ手が震えてます。普段使わへん筋肉を使ったからか、体のあちこちが痛いです」

次は、いよいよ期待の星、大蜘蛛さんの出番だ。

後編へつづく

伊藤智也(Tomoya ITO)
1963年、三重県鈴鹿市生まれ。若干19歳で、人材派遣会社を設立。従業員200名を抱える経営者として活躍していたが、1998年に多発性硬化症を発症。翌年より、車いす陸上競技をはじめ、2005年プロの車いすランナーに転向。北京パラリンピックで金メダル、ロンドンパラリンピックで銀メダルを獲得し、車いす陸上選手として、不動の地位を確立。ロンドンパラリンピックで引退を表明するも、2017年8月、スポーツメディア「HERO X」上で、東京2020で復帰することを初めて発表した。

シンプル 大蜘蛛英紀
サンミュージックプロダクション所属。キングオブコント2012 / 2016にて準決勝進出の実力 を持つお笑いコンビ「シンプル」のボケ担当。
http://www.sunmusic.org/profile/simple.html

みんなのたかみち
ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「プリンセス金魚」のツッコミ担当。2016年10月より、相方の大前亮将が拠点を名古屋に移したため、『遠距離コンビ』となる。以来、単独でライブなどに出演し、ピンネタを披露する機会も増えている。
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/4000019/

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 増元幸司)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

パラ卓球を盛り上げて、世界へ!立石兄弟が挑む東京2020への道

下西 由紀子 | Yukiko Shimonishi

近年、日本の卓球界が盛り上がっているが、実はパラ卓球の世界も熱い! 昨年開催されたアジアパラ競技大会では、あるクラスが団体戦で中国を倒して金メダルを獲得するなど、着実に実力をあげてきている。そんな中、選手とコーチとして東京パラリンピックでメダル獲得を狙う兄弟がいる。

パラ卓球の肢体不自由者枠は、「車いす利用」と「立位」に分かれおり、さらに障がいの程度により、それぞれ5クラスに分類される。ルールは「立位」については、一般の卓球とほぼ同じだ。立石アルファ裕一さん(以下、アルファさん)は、立位のクラス8の選手で、現在世界ランキング36位(取材時)。このクラスの日本人選手の中では、トップの位置にいる。しかし、パラリンピックに出場できるのは世界ランキング15位まで。アルファさんが東京パラに出場するためには、海外遠征に複数回参加してポイントを重ね、ランキングを上げていくか、今年7月に開催されるアジア大会で優勝することで参加資格を得るかしかない。「アジア大会優勝、そして東京パラに出場し、メダルを獲得する」この夢をともに追いかけているのが、弟であり、コーチを務めるイオタ良二さん(以下、イオタさん)だ。

イオタさんは健常者の卓球競技の選手として活躍し、全日本卓球選手権大会7位という実績を持つ。卓球を始めたきっかけは、幼い頃から仲の良かった兄のアルファさんと一緒にプレーしたいという気持ちからだったという。東京の大学を卒業後、地元の福岡に戻り選手生活を送っていたが、2010年、アルファさんから「試合の時、コーチをしてほしい」と頼まれ、ベンチコーチとして入った。次第に兄を支えたいという想いが強くなり、家業である立石ガクブチ店 (福岡市博多区) の四代目店主を務めながら、コーチとして、兄とともに東京パラを目指している。

コーチの存在がパラ卓球の環境を変えていく

イオタさんは日本肢体不自由者卓球協会(パラ卓球協会)の渉外広報担当としても活動中。パラ卓球では、試合にコーチがつくことがなかった中、2016年のリオパラリンピックにチームのコーチとして帯同。コーチの必要性を強く感じ、2017年からはどの大会にもコーチを派遣できるだけのスポンサーをとりつけた。以前は、海外遠征の際、英語ができるということでアルファさんが選手全員の航空券やホテルの手配など、チーム全員の庶務的な作業も行っていたというが、その役目をコーチが引き受けることで、アルファさんも試合に専念できるようになった。

「日本では、まだプロのコーチという概念が根付いていないけれど、海外では選手1人で試合に勝っているプレイヤーなんていない」とイオタさん。実際、イオタさんがコーチとしてつくと「全然違う」とアルファさん。「試合中は熱くなってしまって、自分ではわからないところを、冷静に伝えてもらえる。たとえば、相手が自分の不得意なゾーンにばかり打ち込んでくると思い込んで、同じ方向ばかりで構えていると『そこには最初の1回だけしか来てない』と言われて、ハッとしたことがあります」1セットごとに1分間しかないブレイクタイムだが、相手の分析や戦術についてアドバイスをもらえることは、メンタル面にも大きな効果をもたらす。

一方、「いっぱい言いたいことがある中で、どれを選んで言うか、どんな言い方をしたらうまくのせられるかは、時と場合によって違う。それは、コーチとしての自分の課題」とイオタさん。

「兄の武器は、攻撃力と守備力の両面を備えたセンスの良さ、そして体格の良さ。手足が長く、筋肉が柔らかいので、瞬発力がある。サーブの回転量とボールの威力が強みです」「自分は、かかと重心でしか立てないので、動くことでバランスが崩れる。よりカスタマイズした打ち方を追求し、もっと強くなりたい」兄弟で最強のタッグを組み、世界に挑む。

パラ卓球の普及にも力

弟のイオタ良二さんはコーチとしてだけでなく、パラ卓球全体の盛り上げ役としても一役かっている。そのひとつが、日本肢体不自由者卓球協会(パラ卓球協会)が開発、選手の感じている世界を再現した「PARA PINGPONG TABLE」のプロジェクト。イオタ氏はパラ卓球協会の渉外広報担当としてプロジェクトの中心メンバーとなって牽引する。

PARA PINGPONG TABLE」のプロジェクトには、大手広告会社TBWA/HAKUHODOの浅井雅也氏、QUANTUMのデザイナー、門田慎太郎氏、卓球台製造会社「三英」の社長、三浦慎氏など、そうそうたる面々が関わっている。予算など無いに等しかった中、イオタさんの想いに共感しプロジェクトに関わるようになったという。

パラ卓球の選手は、同じ長方形の卓球台でも、一人ひとり卓球台の感じ方、見え方が違う。たとえば、左足が動かない選手にとっては、左端がとても遠く感じるし、手が短い選手にとっては、長方形の卓球台が円形に感じられるという。「パラ選手が感じている世界をわかりやすく表現したい。『楽しい』『かっこいい』『すごい』と思ってもらえたら」イオタさんらはパラ選手20名へのインタビューを行い、選手それぞれの卓球台のイメージをデザイン。さらにリオパラ五輪と同じ技術で、卓球台を完成させた。競技用卓球台の規定をクリアしつつ、造形美も兼ね備えた3台だ。

その卓球台を使い、健常者にパラ卓球の世界を体験してもらうイベントにも取り組んでいる。「実際にプレーすると、たとえば、遠い左端のボールを返すことがどんなに大変なことなのか実感してもらえる。そうすると、試合に左足にハンディのある選手が登場し、左端に落ちたボールを返した時、そこが拍手の贈りどころだとわかるんです」

東京パラの卓球会場、東京体育館のある渋谷区では、オリンピック・パラリンピック推進事業を行っており、その一環として、小中学校でこの卓球台でのプレーを体験してもらっている。「子どもたちが学校で体験したことを親に話すことで、パラ卓球に関する理解が深まっていけば」とイオタさん。今後も各地の行政や企業等と連携してイベント等を行っていく予定だ。

変形する卓球台は相互理解のためのツール

「これまでは、障がい者を理解してもらおうとすると、目隠しをしたり、足におもりをつけたり、車いすにのったり、と制約を課すものが多かった。マイナス要素ではなく、ポジティブにアプローチしたかった」幼い頃から、兄のアルファさんと卓球で真剣勝負をしてきたイオタさん。卓球を通じて、楽しさや苦しさを共有し、高みを目指して突き進んできた。お互いを理解することで、障がい者と健常者の壁が消え、一緒に楽しめることを誰よりも知っている。

「障がいを持つ人間は、自分から発信することに慣れていない」とアルファさん。「この卓球台なら、何も説明しなくても、一目見ただけで『何これ?』『面白い』というワクワク感から、パラ卓球に興味を持ってもらえるのでは」と目を輝かせる。

入院中の子どもたちを慰問する機会があるアルファさん、子どもたちに伝えたいことがあるという。「たとえ病気でベッドにいても、テーブルさえあれば、家族や友達と卓球ができる。それがどんな形のテーブルだとしても。とにかく体を動かすことの楽しさを知ってほしい」

アルファさんを含むナショナルチームのメンバー20名の卓球台のデザインについては、

パラ卓球協会のHPで公開中。https://jptta.or.jp/

立石アルファ裕一(たていし・あるふぁ・ひろかず)
パラ卓球・立位8クラス選手。1983年福岡市生まれ。生まれつき脊椎の一部が形成されず、ひざから下の筋肉が弱く両足ともにつま先に力が入らないため、かかとだけの歩行で生活。2017年全日本パラ選手権優勝、2018年アジアパラ団体3位。家業の立石ガクブチ店を支えながら、東京パラ出場を目指す。

立石イオタ良二(たていし・いおた・りょうじ)
創業大正10 立石ガクブチ店四代目。一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会 渉外広報担当。1985年生まれ、アルファ裕一さんの弟。小学5年生の時、兄の影響で卓球を始める。大学時代、全日本学生選手権大会団体銅メダル、ダブルス7位。全日本卓球選手権7位。現在は、コーチとして兄を支える。

「アルファ」「イオタ」というミドルネームは父親の武泰さんが「世界で通用するように」と付けた。ふだんはミドルネームで呼び合うことが多いという。

(text: 下西 由紀子 | Yukiko Shimonishi)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー