スポーツ SPORTS

生き残る芸人は、ただひとり!?【車いすハーフマラソン 芸人白熱バトル】Vol.1 前編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

『車いすハーフマラソン2018、芸人白熱バトル!』は、2018年10月に岐阜県海津市で開催予定の「第23回長良川ふれあいマラソン大会」の出場を目指して、チャレンジ精神に溢れる芸人たちが奮闘する姿をお届けする連載企画。パラリンピックの北京大会で金メダル2個、ロンドン大会で銀メダル3個を獲得した車いす陸上スプリンターの伊藤智也選手が、各自の素質を見極めつつ、直々、指導にあたっていくという贅沢極まりない内容だ。

今夏、HERO X上で現役復帰を発表し、「57歳を迎える東京2020」で金メダルを狙うトップアスリートの伊藤智也選手。

勝負の舞台は、
2018年秋、岐阜県のハーフマラソン

毎年秋に開催される長良川ふれあいマラソン大会は、ハンディのある人もない人も一緒に走れるマラソン大会で、ハーフ(約21km)、クォーター(約10km)、2kmの3種目がある。今回、芸人たちが挑むのは、出場者全員が競技用車いすで走るハーフコースへの出場。制限時間は2時間だ。

競技用車いすは、日常用の車いすとは違って、背もたれはなく、細長い車体に三輪が付いた構造になっている。プロの陸上競技アスリートのほとんどは、正座の姿勢でシートに乗り、後輪の内側にあるハンドリム(駆動輪)を樹脂製のグローブで蹴って、走行する。健常者も操作方法は同じだが、足を降ろした状態でシートに乗るタイプの車いすを使う。足を折りたたんだままでは、30分も経つと、しびれて感覚がなくなってしまうからだ。

「基本は、前かがみの姿勢を保つこと。肘を張り、両手の親指を進行方向に向けて、蒸気機関車になったイメージでこぐことが、上達のポイントです」と伊藤選手は話す。

大蜘蛛&みんなのたかみち。
仲良し芸人2人が、ライバルに!?

栄えある挑戦者は、お笑いコンビ「シンプル」のボケ担当の大蜘蛛(おおくも)さん(右)と、「プリンセス金魚」のツッコミ担当のみんなのたかみちさん(以下、たかみちさん)。丸顔と面長、168cmのぽっちゃり体型と、モデル顔負けの長身185cm。見た目のコントラストが鮮やかな二人だが、いずれも、京都出身の芸人で、現在は、ルームメイトとして都内で生活を共にする仲良しコンビだ。

HERO Xの連載企画・第2回『X-CHALLENGEで、車いす陸上の手ほどきを受けた際、「残念だけど、すごく上手い…。センスがありすぎて、面白くないですね」と、世界の頂点を極めたトップアスリートの伊藤選手に言わしめた大蜘蛛さんは、この日も余裕しゃくしゃくの様子。一方、たかみちさんは、競技用車いすを見るのも、乗るのも、全てが初めて。だが、意気込みは凄まじい。伊藤選手と挨拶を交わすなり、「一回、試していいですか?」。早速、初ライドに挑んだ。

長すぎる足がネックに。
「手元が見れへんから、めっちゃコワい」

初っぱなから、緊急事態が発生した。たかみちさんの足が長すぎて、マシンのシートに収まりきらないのだ。ポロシャツの裾を引っ張るや、腰やお尻を力づくで押し込むや、スタッフの力技でなんとか収まったが、当の本人は、「両足が固定されてまったく動かへんのですけど…」と、半ば白目に。だが、たかみちさんの言う“足が固定されて動かない感覚”は、実に正しいもの。競技用車いすを操作する上で、エンジンとなるのは、他ならぬ彼の両腕。その馬力で、マシンとグローブを巧みに操り、加速していくのが本筋である。

伊藤選手の指導がはじまった。たかみちさんが乗っているのは、普段、伊藤選手が使用している室内練習用のマシン。固定されているので走りはしないが、こぐ感覚はリアルと同じで、両手に装着した樹脂製のグローブをハンドリムに当てて加速させていく。前傾姿勢を保たなくてはならないため、走行中に自分の手元を見ることは一切できない。「めっちゃ怖いんですけど!」。グローブで、ハンドリムを上手くキャッチできずに、早速、ホイールを激しく打ってしまった。

「ハンドリムをグローブで押すと、腕が下に来て、また押す時に上に上がる。これが正しい動かし方なんだけど、たかみち君は、そのタイミングが逆になっているので、今と逆のリズムで腕を動かすことを意識してみてください。あと、車体のフレームに鼻が当たるくらい前かがみになることも忘れずに!」と伊藤選手。

“腕の長さ”と“勘の良さ”で、
トップスピード15kmを達成

初回の走行スピードは、6 km前後。フォームは、中々上手く決まらない。こぎ続けても、ホイールが一向に回らない。遅い、下手くそ…。周囲のスタッフから浴びせられる辛辣なコメントに火が点いたのか、たかみちさんは、メガネが吹っ飛ぶ勢いでこぎ出した。

「そうそう、いい感じ。腕が下に行く時は、胸をドーンとフレームにぶつけていくイメージでこいで。フォームもいいよ、きれい。8km、10km、11km、13km…」と走行スピードの計測メーターをチェックしながら、細かなアドバイスを続ける伊藤選手。フォームは少しずつそれらしくなり、スピードも、突如上がり始め、ついに15kmを超えた。

たった1度のアドバイスで、腕のリズムを習得したが、たかみちさんの顔は赤らみ、すでに息は上がっている。初体験に、少しお疲れのようだ。「こいでいる時、腕を外したら切れるから、外さないように」と注意を受けた矢先のことだった。

「痛~っ!!ホイールで、思いっきり、肌、擦ってしもたんですけど。めちゃめちゃ痛いです…」。一旦練習を中断し、痛みが鎮まるのを待っていると、伊藤選手が涼しい顔でこう言った。「15~16kmなら、まだ切れないから大丈夫。25km出たら切れるけどね。その程度の痛みは、勲章。さあ、もう一回走ってみよう!」。


今度は、走行スピードが15kmに達した時点から1分間、同じ速度を保って走り切ることが目標だ。たかみちさんがこぎ出すと、伊藤選手は、再び走行スピードの計測メーターに目をやった。

「同じテンポで、リズム良くこぐことを意識して。まだ10kmしか出てないよ。そうそう、その感じをキープ、キープ。ラスト30秒。15、13、12、11…はい、終了!」。無事、ノルマ達成だ。

伊藤選手が伝授する“肉体改造計画”とは?

「たかみち君は、腕が長いのが得ですよね。ただ、筋はいいけど、基本的に体を変えていく必要があると思います。ストロークが長い人は、より大きなフォームを作っていかないとダメなので。胸筋、二頭筋、三頭筋など、競技用車いすを乗りこなすために必要な筋肉を鍛えるためには、腕立て伏せが、一番。1日30回くらいやれば、自然と30km近いスピードまで上がると思います」

「僕、体力は全然あるんですよ。さっき、15kmで1分間こいだ時も、体力的には、楽勝やったんですけど、ただ腕が全然上がってきぃへんのですね。今もまだ手が震えてます。普段使わへん筋肉を使ったからか、体のあちこちが痛いです」

次は、いよいよ期待の星、大蜘蛛さんの出番だ。

後編へつづく

伊藤智也(Tomoya ITO)
1963年、三重県鈴鹿市生まれ。若干19歳で、人材派遣会社を設立。従業員200名を抱える経営者として活躍していたが、1998年に多発性硬化症を発症。翌年より、車いす陸上競技をはじめ、2005年プロの車いすランナーに転向。北京パラリンピックで金メダル、ロンドンパラリンピックで銀メダルを獲得し、車いす陸上選手として、不動の地位を確立。ロンドンパラリンピックで引退を表明するも、2017年8月、スポーツメディア「HERO X」上で、東京2020で復帰することを初めて発表した。

シンプル 大蜘蛛英紀
サンミュージックプロダクション所属。キングオブコント2012 / 2016にて準決勝進出の実力 を持つお笑いコンビ「シンプル」のボケ担当。
http://www.sunmusic.org/profile/simple.html

みんなのたかみち
ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「プリンセス金魚」のツッコミ担当。2016年10月より、相方の大前亮将が拠点を名古屋に移したため、『遠距離コンビ』となる。以来、単独でライブなどに出演し、ピンネタを披露する機会も増えている。
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/4000019/

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 増元幸司)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

スポーツ SPORTS

異次元レベルの解放感!?レジェンド大日方邦子が語る、チェアスキーの魅力と未来 後編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

3月18日に閉幕したピョンチャンパラリンピックで、最も注目を浴びた競技のひとつ、チェアスキー。W杯個人総合2連覇を達成した世界王者・森井大輝選手(=トヨタ自動車)は、狙いを定めた金メダルには、惜しくも届かなかったが、滑降で銀メダルを獲得し、4大会連続のメダル獲得を達成。鈴木猛史選手(=KYB)がスーパー大複合で4位に入賞するなど、次々と嬉しいニュースが飛び込んできた。なかでも、日本勢初の金メダルを含む5個のメダルを獲得し、出場全種目で表彰台に立った女子大生チェアスキーヤー・村岡桃佳選手(=早大)の活躍は、目覚ましい。1大会で金・銀・銅メダルを完全制覇したのは、実に、1998年長野大会の大日方(おびなた)邦子さん以来のこと。この大快挙によって、チェアスキーというスポーツが、今まで以上に多くの人に知られたことは間違いない。チェアスキーの魅力とは? 今後のスポーツの発展は、いかに? 冬季パラリンピックにおける日本人初の金メダリストであり、チェアスキー競技で、冬季大会日本選手最多記録の合計10個のメダルを獲得したチェアスキーの第一人者・大日方さんに話を伺った。

チェアスキーを普及させることは、私の夢

―近い未来、障がいの有無に関係なく、誰もが楽しめるスポーツになってくれたらいいなと思うのですが。

障がいのある人もない人も一緒に楽しめるレースができたら、面白いですよね。以前から、そう思っていて、色んな方にお伝えしていて、どなたか、そろそろ実現してくださらないかなと期待しているのですが(笑)。スキー場に行けば、スキー用具と同じ感覚で、チェアスキーをレンタルできるようになったら良いなと思います。

RDSさんでは、大輝(森井大輝選手)や桃佳(村岡桃佳選手)、夏目くん(夏目堅司選手)の体にぴったり合った精密なシートを作っていただいています。それと同じで、チェアスキーを普及させようとした時、シートのサイズを滑る人の体に、ある程度合わせていく必要が出てくると思います。

S、M、Lのサイズ展開だと、少しざっくりしているため、滑りにくいと思います。そこに、縮めたり、広げたり、微妙なサイズ感をその場で簡単にアジャストできるような工夫が加わると、理想的ですね。

―洋服でいうところのセミオーダーみたいな感じですか?

そうですね。セミオーダーのような感覚で、シートのサイズをパパッと調節できるようになれば、普及は進むと思います。あるいは、3日ほどしかもたないけれど、自分の体にぴったり合ったシートなどでも、最初はいいかもしれません。すると、「チェアスキーをやってみたい」と思った人が、障がいの有無に関係なく、誰でも気軽に試せるようになりますし、選手を目指す若手が生まれるきっかけにもなるかもしれない。スノーボードが出始めた頃、「あれ、何だろう?」って、みんなが言っていましたよね。でも、今では、普通に誰もが楽しめるスポーツになった。それと同じ感じで、チェアスキーを普及させていくことは、私の夢のひとつですね。

―今後、チェアスキーの魅力をどんな風に伝えていきたいですか?

例えば、チェアスキーの体験会を開催するとなった時、実現できたらいいなと思うアイデアが2つあります。ひとつは、ローラーを付けた試乗機。参加者の方にとって、よりイメージしやすくなるのではないかと思います。もうひとつは、アスリートの追体験ができるVRエンターテインメント。車いす型VRレーサーを開発したワン・トゥー・テンの澤邊芳明さんとは、「チェアスキー版を作りたいですね」、「できれば、ダウンヒル(滑降)の世界をぜひ体験して欲しいです」などと、お話を重ねさせていただいています。

実現するためには、色んな方の知恵や技術や力が不可欠ですので、言い続けてきました。「じゃあ、やってみましょうか」と言ってくださる方がさまざまにいて、有り難いかぎりです。数年以内に、実現するような気がするのですが、どれだけリアルに感じられるものが作れるかということが、肝になってくると思います。

チェアスキーヤーも、スノーボーダーも
どんどんカッコよくなって欲しい

―ところで、2018年ピョンチャン大会から、冬季パラリンピックの正式競技に加わったスノーボードについては、どう思いますか?

面白いスポーツだなと思います。先日、ある国内大会を観に行ったのですが、昨年よりも難易度を上げて、パラリンピックを意識したコース設定にしたというので、ちょっと滑らせてもらったんですよ。スノーボードクロスのコースに、どさくさに紛れて、チェアスキーで入っていって(笑)。すごく楽しかったですね、現場が好きなので。

その大会は、障がいがある人もない人も、一緒になって競い合うんです。スノーボーダーたちは、障がいの有無に関係なく、共に楽しんでいる風に、私には映りました。その精神を忘れずに、ぜひ開催を続けていって欲しいですね。それによって、スノーボード人口が増えて、スポーツとして広がっていくといいなと思っています。

―大事なことは、そのスポーツが好きかどうか、楽しいかどうか。一緒に楽しむ気持ちということですね。

ピョンチャンオリンピックのスノーボードの解説で、「スタイル入ってます」という表現があったじゃないですか。あれって、みんな共通で使うということが、先の大会に行って分かりました。パラスノーボードの選手たちは、義足を見せて滑るので、「寒くない?」と聞いたんです。すると、「冷たいかもしれないけど、スタイル入ってるし」って(笑)。“こっちの方が、カッコいいよね”という意味ですね。スタイルを求める姿は、大輝(森井大輝選手)などにも、共通する部分ですよね。チェアスキー日本代表の男性選手は、皆さん、すごくこだわりがあるでしょう? どんどんカッコよくなって欲しいと思います。

あらゆるスポーツを自由に楽しめる日本になれば

―この先、どんな世の中になることを望みますか?

誰もが、色んなスポーツを楽しめるようになれば良いなと思います。もちろん、ひとつの競技を突き詰めることも素敵ですが、「これからスポーツを始めよう」という人にとって、障がいの有無に関係なく、さまざまな競技を気軽に体験できるようになると、きっと楽しみも倍増しますよね。

「このスポーツをやってみたい」となった時に、「ここに行けば、できますよ」、「こんな工夫をしている人がいますよ」といった情報が、誰でもすぐに得られるような、そんな時代になるといいなと思います。

現役時代に、バンジージャンプやスカイダイビングを海外で体験したことがあります。バンジージャンプは、20年前のニュージーランドで、胴体にハーネスを取り付けて飛びました。また、スカイダイビングは、足に障がいがある人の場合、タンデム体制だと飛ぶことができるんですね。残念ながら、日本では、まだあまり知られていませんが、これらの競技も含めて、みんなが、スポーツを気軽に楽しめるような世の中になるといいですね。個人的には、今、ボルダリングにチャレンジしてみたいと思っています。なんだか、面白そうじゃないですか(笑)。

ピョンチャン大会では、日本選手団を率いる団長を務めた大日方さんいわく、「チェアスキー日本代表チームは、どんどん強くなっている」という。「98年の長野大会以来、メダルを逃したことがないんですよ。身近にメダルを獲得した選手がいると、その選手を超えようと、自分たちもさらに高みを目指して頑張ろうという次のモチベーションに繋がる。その好循環が、多分、チームの強さの秘訣なのかもしれません」。日本屈指のチェアスキーヤーたちが、さらに強く進化していく勇姿を今後も追っていく。

前編はこちら

大日方邦子(Kuniko Obinata)
1972年東京都生まれ。3歳の時、交通事故により右足を切断、左足にも重度の障がいを負う。高校2年の時にチェアスキーと運命的に出会い、スキーヤーとして歩み始める。冬季パラリンピック日本人初の金メダルを獲得した1998年長野大会を含め、リレハンメルからバンクーバーまで、アルペンスキー競技で5大会連続出場。合計10個のメダル(金2個、銀3個、銅5個)を獲得し、冬季大会日本選手最多記録を更新。2010年9月、日本代表チームからの引退を表明。以後、電通パブリックリレーションズの社員として、公職活動に従事しつつ、スポーツを取り巻く社会環境の改善に取り組むほか、「誰もが安心して生きられる社会」を目指し、多様性を許容できる社会の普及に資する活動にも取り組んでいる。日本パラリンピック委員会運営委員、日本パラリンピアンズ協会副会長、スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議委員、内閣府障害者政策委員会委員。女性のパラリンピアン、メダリストとしては夏冬通じて初となる選手団長に就任し、2018年ピョンチャン大会の日本選手団を率いる大役を務めた。

(text: 岸 由利子 | Yuriko Kishi)

(photo: 河村香奈子)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー