プロダクト PRODUCT

東日本大震災から着想。有事の際には子どもの命を救う幼児用カート

イタリアで開催される世界最高峰の国際デザインコンペティション「A’ Design Award & Competition 」、今年度ブロンズを受賞した『RDS Gaaba Infant Cart(アールディーエス・ガーバ・インファント・カー)』は、日常の走行性能と非常時の防災性能を両立させようというまったく新しい発想から生まれた幼児用カートプロダクトだ。震災の経験から日本の防災事業をリードするワンテーブル社と人を科学し最先端技術で形にするRDSの共同開発から生まれたというが、なぜこのプロダクトを開発することになったのか。そこには震災当時の経験が生かされていた。

災害大国日本だからこそ
世界に発信できるプロダクト

日本は、地震多発国と言われている。地震は世界各国で起こっているが、世界のマグニチュード6.0以上の地震の約2割が日本で起きているとされるデータもあり、生活を脅かすような規模の地震がたびたび発生している。なかでも大きな被害をもたらした2011年の東日本大震災の記憶は新しい。あの時、どこで何をしていたのか、いまも鮮明に覚えている人も多いのではないだろうか。忘れることのできない出来事だ。

東日本大震災では、保育園や幼稚園から保護者に引き渡した園児が、避難中に保護者とともに津波にのまれて亡くなった。だが、子どもたちを高台に逃がしたことで、死者を出さなかった保育所もある。子どもの命を預かる施設で、対応を議論するのは大切なことだが、国の最低配置基準では保育士1人あたりでみる子どもの数は0歳児なら3人。しかし、実際にやってみると、1人で3人の子どもを抱えるのは無理だとわかる。大人一人が園児を抱っこやおんぶで連れ出せる人数は限られているし、運ぶ人数が増えればそれだけ逃げ足も遅くなる。

このプロダクトを生み出した開発者の一人であるRDS代表の杉原行里は、島田氏との対談で「乳母車のでっかい版みたいなものがあって(中略)これって今まで、あまり進化がなかった。軽くて数人の子どもを一気に運べる子どものためのモビリティになったら、いざという時に子どもを救うものになるのではないか」という発想で開発を進めたと話していた。

有事の時にだけ用いる防災グッズではなく、普段から使い、慣れ親しんだ物が、震災の時にも役立つ。こうした発想が、本当に東北のためになる復興を成し遂げ、世界に送り出せる防災グッズとして広まることに期待したい。

島田氏との対談はこちら▶震災からの復興10年 東北バージョンアップはここからはじまる!

関連記事を読む

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

プロダクト PRODUCT

水辺も雪道も突き進む!ワイルドすぎる車いす「Action Trackchair」

Yuka Shingai

HERO Xでは車いす関連の記事をこれまでも数々紹介してきたが、デザイン、ユーザビリティ、機能性、どこを取っても斬新でテクノロジーと技術の最先端をいくものばかりだ。今回紹介する「Action Trackchair」も例にもれず、車いすに対する先入観や常識、固定観念を大きく覆してくれる、かなりエッジの効いた代物だ。

30年以上モータースポーツビジネスに従事していたTim Swenson氏は2008年にどんな地形にも対応する車いすの開発をスタート。自身の家族やハンティング、ハイキング、釣りやビーチに行くことが好きな知人・友人を想定して作った「Action Trackchair」はそのワイルドな見た目から、車いすだとは想像がつかないだろう。迷彩柄を配したシート、車輪ではなくキャタピラで走る様子は無骨なカッコよさがある。

座席の角度を自在に変えられる “Tilt on the Fly” という独自システムと立ったまま運転できる “THE ACTION TRACKSTANDER” という機能は特許も取得済み。雪道やビーチ、海水でなければ水に入っていくことだってできるアクティブ度合いはほかに類を見ないレベルだ。

5タイプのモデル、サイズは14種類、カラー展開は18色、30以上のオプションでカスタマイズすれば自分好みのオリジナルモデルを楽しむこともできる。「Action Trackchair」は車いすの領域に留まることなく、ライフスタイルをより鮮やかに彩ってくれそうだ。

[TOP動画引用元:https://www.youtube.com/watch?v=67Fc1g2lSZQ

(text: Yuka Shingai)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー